弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

刑法で公然性を検討する際の「多数」の定義に関して

刑法第174条の公然わいせつや刑法第230条の名誉毀損を検討する際、不特定又は多数の人に対して問題な行為を行ったかどうかが議論されると思いますが、その際の「多数」とはどれくらいの人数のことを想定しているのでしょう?
5、6人でも「多数」と言える、といった記事を見たこともありますが何か判例等で定められていたりはするのでしょうか?
jkpawiejfopさん
2013年06月08日 15時38分

みんなの回答

高岡 輝征
高岡 輝征 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 神奈川県2 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
最低値は3名ではないでしょうか?
2名は、「複数」ですから。

ただ、犯行態様の悪質性、法益侵害の程度、社会的影響等が考慮されるので、かなりの多数(1つのコミュニティ内のなかに広がるくらい)ではないと、刑事事件として立件はされないと思います。

2013年06月08日 15時57分

川口 直也
川口 直也 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府7
ありがとう
 3名では「多数」とは言えないと思います。
 「数名」と言ったときにイメージするのは5、6名ですから、多数と言えば、何人とは数えられなくても、それ以上のイメージがあります。

 公然わいせつの場合は、誰かが通報すれば警察が駆けつけてくると思いますが、名誉毀損の場合に警察が動くとすれば、一定の地域に相当広く知れ渡っている場合、のような印象がありますね。

2013年06月08日 16時13分

jkpawiejfop さん (質問者)
ありがとうございます。

3名ですか。
コミュニティ内に広がるぐらいで無いと立件は難しいとのことですが、それは可罰的違法性が弱いと判断されるのでしょうか?
また、その場合、4人5人と「多数」の人が増えていくにつれて違法性も高まっていくという理解で良いのでしょうか?

2013年06月08日 16時13分

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県4 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
 殆ど無意味な議論です。ケースバイケースで具体的事件に応じて考えるしかありません。抽象的には、名誉棄損罪における「公然」とは、不特定または多数の者が認識し得る状態を言います。「認識しうる状態」ですから、実際に認識したことを要しません。また、特定かつ少数に対して、告知した場合でも、伝播性が予見でき、伝播される事を期待して実行すれば、名誉毀損罪は成立します。ですから、1人に告知した段階でも名誉棄損は成立することはあり得るのです。しかし、犯罪が理論的に成立するか否かという問題と、現実に警察が摘発するかという問題は別の問題ですから、1人に告知した段階で警察が動くことは殆どないでしょう。

2013年06月09日 01時55分

高岡 輝征
高岡 輝征 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 神奈川県2 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
萩原先生のおっしゃるのは確かにそうです。
いわゆる「伝播性の理論」といいます。
1人に言ったことでも、他に伝播する可能性があって、いずれ多数に知れる可能性があるときは、「公然」といえるというのが判例実務です。
この理論からすると、「多数」かどうかはほとんど意味がなくなります。

私的には「多数」とは何か、という定義について、お答えした趣旨でした。

2013年06月10日 22時37分

jkpawiejfop さん (質問者)
ありがとうございます。
伝播しうるか否かの判断はどのように行うのでしょう?

多数か否かよりも遥かに難しいように思うのですが。

2013年06月10日 23時25分

この投稿は、2013年06月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

公然わいせつ罪の懲役や罰金の量刑相場と逮捕・勾留・起訴の流れ

路上や公園、駅など、多くの人が行き交う公の場所や施設でわいせつな行為をした場合、公然わいせつ罪にあたり、処罰されます。ここでは、公然わいせつ...

強制わいせつや準強制わいせつとはどのような犯罪か?成立する条件や事例

強制わいせつ罪に該当する場合は様々ですが、ここではいかなる条件に当たる場合に強制わいせつ罪となるのかについてご説明いたします。

この相談に近い法律相談

  • 民法723条の名誉棄損の不法行為になるでしょうか

    民法723条の名誉棄損について質問します。 ある事業所のある部所(30人くらいが所属)の内部で、「○○さんは・・・という犯罪行為を犯していた人間であったことが分かりましたので、対応には気を付けるようにして下さい」という文書が全員に回覧されていたことが判明しました。 しかし、その文書に記載されていた事実は虚偽の事実であり...

  • 刑法第38条2項に関して

    刑法第38条2項がどのような状況を想定しているのかいまいち理解できません。 具体的にどのような状況の時に議論される条文なのでしょうか? 「重い罪に当たるべき行為」? せいぜい侮辱罪にしか問われないだろうと高を括り、人を公然と非難したら名誉毀損罪に問われそうになった場合等の事を指すのでしょうか?

  • 刑事訴訟法217条の要件に関して‥ふたたび

    刑事訴訟法217条の要件に関して、万引きには217条の3要件(犯人の住所が明らかでない、犯人の氏名が明らかでない、犯人が逃亡の恐れがある)は必要ないと言われたのですが‥ <万引き類型は窃盗罪(10年以下の懲役または50万円以下の罰金)にあたるので、刑事訴訟法217条(法定刑が30万円以下の罰金等の場合)は適用されません。> ...

  • 遡及処罰の禁止と判例の変更について

    行為をした当時の判例の解釈に従えば合法な行為を理由に検察により起訴され、判例変更により有罪とされる、ということは制度上許されるのでしょうか? 憲法第39条に反するようにも思いますが、問題ないのでしょうか? 第三十九条  何人も、実行の時に適法であつた行為又は既に無罪とされた行為については、刑事上の責任を問はれな...

  • 日本国憲法の制定とそれに伴う法の改正について(刑法230条の2等)

    刑法230条の2は日本国憲法の制定により、現行憲法に刑法が沿うような形で改正された際に設けられた規定のようなのですが、それ以前から判例等で下記の条文にあるような考え方は採用されていたりはしたのでしょうか?  第三十四章 名誉に対する罪 (名誉毀損) 第二百三十条  公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、そ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

強姦・わいせつに注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

公然わいせつの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  2. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  3. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  4. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  5. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...
  6. 元AV女優・麻生希、覚せい剤で実刑判決…別の...
  7. まるでブチャラティ? 塾講師が「嘘をついて...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。