ディープ・ラーニングによる生成画像はわいせつ物になりえますか?

公開日: 相談日:2021年08月29日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
ディープ・ラーニングを用いて、大量の実存するアニメ画像から学習させ、誰が見てもアニメのキャラクターと判断できる画像を生成可能となった潜在変数のかたまりであるモデルデータから、推論プログラムによって画像を生成するときにアニメの男性、女性の局部が生成される可能性が僅かでもある場合、このモデルデータを不特定多数に頒布するとき、このモデルデータがわいせつ物にあたるのか判断つきません。

【質問1】
この学習済みモデルデータ自体はわいせつ物としてみなされるでしょうか?

【質問2】
学習済みモデルデータから画像を生成し、それが男性及び女性の局部が含まれると判断できる場合、この生成画像はわいせつ物としてみなされるでしょうか?

【質問3】
ゲームなどのメディアに学習したモデルを組み込み不特定多数のプレイヤーがゲームを実行するタイミングで画像生成を行わせ、その画像に男性及び女性の局部が含まれた場合、何らかの罪になりますか?

1059266さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2021年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す