器物損壊と警察の対応

知人が酔っ払って路上駐車している車両に傷つけてしまいました。警察署にて器物損壊で色々調べられ、取り調べをやった事実を認めて、帰ったそうです。来週あたりにもう一度署に来てくださいと言われたそうですが、来週なんの通知が、警察からあるのでしょうか?相手はの弁償代でふっかけられた金額の請求が来た場合どうすれば良いのでしょうか?
2019年03月07日 08時08分

みんなの回答

吉田 英樹
吉田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府1 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
お困りかと思いますので、お答えいたします。
知人が酔っ払って路上駐車している車両に傷つけてしまいました。
→器物損壊ですね。

警察署にて器物損壊で色々調べられ、取り調べをやった事実を認めて、帰ったそうです。来週あたりにもう一度署に来てくださいと言われたそうですが、来週なんの通知が、警察からあるのでしょうか?
→一般的には、電話がかかってくると思います。恐らく取調べの続きや、現場検証などではないかと思います。

相手はの弁償代でふっかけられた金額の請求が来た場合どうすれば良いのでしょうか?
→この点については、謝罪すべき点は謝罪し、相当な損害賠償金を支払うことが考えられます。あまりにも法外な場合には、毅然と対応せざるを得ないでしょう。損害金は、相当な修理代金で、もし現状の価値が修理代金を下回った場合には、価値分の賠償になります。また物損の場合には、原則として慰謝料請求は認められません。

一般的なお答えとなり恐縮ですが、ご参考に頂ければと思います。

2019年03月07日 08時25分

中井 陽一
中井 陽一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 滋賀県1
ありがとう
> 来週なんの通知が、警察からあるのでしょうか?

→おそらく、前回の取り調べ後、警察は被害者の取り調べなどもしていると考えられ、それを踏まえての再度の取り調べでしょう。その後、検察庁へ書類送検するという流れになるかと思われます。

> 相手はの弁償代でふっかけられた金額の請求が来た場合どうすれば良いのでしょうか?

→検察庁で、最終的な処分が決まることになりますが、示談ができているかどうかや、弁償をする意向を見せているのかどうかは、処分にあたっての重要な要素となります。

 仮に、ふっかけられた=正当な金額ではない請求がきた場合でも、無視したりするのではなく、弁護士に相談するなどして、こちらから正当な金額の弁償をする意思があるという提示をして、そのような提示をしたことは記録に残しておきましょう。

 検察庁としても、被害者側の高額な請求に対して、加害者側は法律上妥当と考えられる弁償を提示しているということであれば、処分にあたって考慮をしてくれると思います。

2019年03月07日 08時25分

相談者
次に警察署に行ってから弁護士に相談するのは遅いですか?車の所有者が誰かも分からず示談出来ていません。警察も加害者の職歴等調べて「反省もしてるし、普段は真面目にちゃんと働いている」といっていたようです。書類送検後不起訴となる可能性は高いですか?これから示談に向けてすぐに弁護士に相談した方がいいですか?後日逮捕になる場合次にに警察署に行ってからですか?

2019年03月07日 09時47分

中井 陽一
中井 陽一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 滋賀県1
ありがとう
> 次に警察署に行ってから弁護士に相談するのは遅いですか?

→遅くはないと思います。
 一応、次に警察署に行った際に、「被害弁償の話などもしたいとは思うので、被害者の連絡先を教えて欲しい」と言ってみてはどうかと思います。弁償の意思があるということが警察に具体的に伝わるかと思います。

 弁護士への相談は、実際に被害者との間で弁償の話で揉めたときでもよいかと思います。

> 書類送検後不起訴となる可能性は高いですか?

→被害状況及び被害額や、弁償の有無、加害者の意向などにもよりますので、一概には何とも言えません。
 被害額がそれほど大きくなく、弁償の話がまとまったような場合には、不起訴となる可能性が高いのではないかと思われます。他方で、弁償の話について、加害者側の提示が不十分などの理由でまとまらない場合や、被害額が大きいような場合には、略式起訴による罰金もありうると思います。

> 後日逮捕になる場合次にに警察署に行ってからですか?

→そもそも、器物損壊罪というのは、犯罪の中では軽い部類にあたります。
よほど逃亡のおそれがあるとか、被害者を威迫するおそれがあるような場合でなければ、後日逮捕に至る可能性は極めて低いと考えられます。

2019年03月07日 10時04分

吉田 英樹
吉田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府1 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
次に警察署に行ってから弁護士に相談するのは遅いですか?車の所有者が誰かも分からず示談出来ていません。
→そこまで急ぐこともないでしょう。

警察も加害者の職歴等調べて「反省もしてるし、普段は真面目にちゃんと働いている」といっていたようです。
→それはよかったですね。

書類送検後不起訴となる可能性は高いですか?これから示談に向けてすぐに弁護士に相談した方がいいですか?後日逮捕になる場合次にに警察署に行ってからですか?
→ケースバイケースですが、この事案は、恐らく在宅事件として、逮捕しないという方針かと思いますね。不起訴となるかは事案にもよりますが、示談などができれば安心ですので、警察にその旨伝えるなど、その試みを続けることかと思います。そのうえで、これが難しかったとしても、その姿勢は評価されると思います。そうすれば、不起訴の可能性も見えてくると思いますね。

2019年03月07日 11時00分

この投稿は、2019年03月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

器物損壊の意味や事例と故意や過失などの罪が成立する要件

人の物を壊してしまったり、傷つけてしまうと、単に弁償する責任が生じるだけでなく、器物損壊罪という犯罪となってしまう可能性もあります。器物損壊...

器物損壊の被害者となった際にできること - 被害届・告訴や損害賠償請求

車を傷つけられたり、ペットに怪我を負わせられたりした場合には、相手を器物損壊罪として訴えることが可能です。しかし、を現行犯逮捕したり、防犯カ...

器物損壊での損害賠償とペットに対する慰謝料や示談金の相場

他人の物を壊す・汚すなどして使えなくしたり、ペットを傷つける行為を行った場合、その人は被害の弁償をしなければなりません。物の修理にかかった費...

器物損壊罪の刑期・罰金額の相場と逮捕・勾留・起訴の流れ

器物損壊罪は、主に物を故意に壊した場合に成立します。器物損壊罪の加害者はどのような刑罰を受けるのか、逮捕後はどのような流れになるのか、またど...

この相談に近い法律相談

  • 器物損壊の取り調べ後の処理について

    器物損壊で、刑事告訴され、弁償をいたしました。 相手方は刑事告訴を取り下げたとのことですが、 その後どうなるのでしょうか? 送検されるのでしょうか?

  • 器物損壊の取り調べ後の処理について

    今日、器物損壊で、取り調べをうけました。明日の朝、相手先に、謝罪と弁償をしようと、おもいますが、何か注意するべきことがあるのでしょうか?

  • 器物損壊の弁償額について

    器物損壊の加害者です。すでに警察で取り調べを受けています。被害者の方に被害額を弁償する際に被害額の根拠となるもの(修理見積もりなど)以外にどんな書類を頂く必要があるのでしょうか?(私から~万円を受領した、被害を弁償してもらった、などはいると思いますが)また、決められた書類の書式などはあるのでしょうか? 後になっ...

  • 器物損壊や弁償する程度

    パチンコ屋でスロット機をうっていて、多少強めにレバーを叩いたりしていて、ふと気付いたらレバーの下の部分に傷がついていました。 私がやったかどうか確信がないのでそのまましばらく遊んで退店しました。 そのまま何も言われることなく店をでましたがあとになって器物損壊や弁償してくれと言われないか不安になってきました。...

  • 器物損壊について。これは、器物損壊ですか?

    友達が、「俺、小学校の六年生の時に壁に落書きしたんじゃっ」と言っていました。 これは、器物損壊ですか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

器物損壊の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 客室乗務員、客から「盗撮被害」が6割 逆上...
  2. 「これは売春だ」 ホテルで偽の「警察手帳」...
  3. 痴漢を目撃、自分で捕まえると「ケガ」や「間...
  4. パチスロ店、伝説の「4号機」を設置して摘発...
  5. 終電がまさかの運休! 鉄道会社にタクシー代...
  6. 障害者を襲う「性暴力」の三重苦 被害にあっ...
  7. 警察の取調室「スマホの持ち込み禁止」に根拠...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。