犯罪‥被害の軽重に関わらず故意が絶対に必要?

刑法で故意犯処罰とありますが、特に過失犯処罰の規定が無い場合、相手に与えた被害の軽い重いにかかわらず(器物損壊で言えば他人の傘を折るような軽微なことから他人の車に傷をつけるような重いことまで)故意が立証できなければ絶対に罪には問えないのですよね?被害が大きければそれだけ民事での請求できる賠償額が大きくなるだけですよね?
2014年11月05日 05時10分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
故意が立証できなければ絶対に罪には問えないのですよね?

故意犯は故意の立証が必要になります。
ただ,立証の程度はケースによろうかと思います。

被害が大きければそれだけ民事での請求できる賠償額が大きくなるだけですよね?

民事上は過失でも損害賠償請求できる場合があります。

2014年11月05日 05時16分

相談者
要は故意が必要な罪に関しては、故意が証明できなければ被害がどれだけ大きくても罪に問われることは無いのですね?この場合加害者が罪に問われないからといって、被害者は泣き寝入りしなくとも過失さえ立証できれば民事で被害額を請求することはできるのですよね?

2014年11月05日 14時47分

この投稿は、2014年11月05日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

器物損壊の意味や事例と故意や過失などの罪が成立する要件

人の物を壊してしまったり、傷つけてしまうと、単に弁償する責任が生じるだけでなく、器物損壊罪という犯罪となってしまう可能性もあります。器物損壊...

器物損壊罪とはどのような犯罪か|罪が成立する要件と刑罰の内容

他人の物を壊したり、他人が飼っているペットを傷つけたりすると、「器物損壊罪」にあたる場合があります。この記事では、器物損壊罪について、詳しく...

器物損壊の被害者となった際にできること - 被害届・告訴や損害賠償請求

車を傷つけられたり、ペットに怪我を負わせられたりした場合には、相手を器物損壊罪として訴えることが可能です。しかし、を現行犯逮捕したり、防犯カ...

器物損壊罪の刑期・罰金額の相場と逮捕・勾留・起訴の流れ

器物損壊罪は、主に物を故意に壊した場合に成立します。器物損壊罪の加害者はどのような刑罰を受けるのか、逮捕後はどのような流れになるのか、またど...

器物損壊での損害賠償とペットに対する慰謝料や示談金の相場

他人の物を壊す・汚すなどして使えなくしたり、ペットを傷つける行為を行った場合、その人は被害の弁償をしなければなりません。物の修理にかかった費...

この相談に近い法律相談

  • 微罪処分と説諭の違い

    刑事事件にならず警察に説教されて終わりの説諭と言う処分と刑事事件になり被害が軽微だった場合の微罪処分というのがあるらしいですが(あってるかどうかわかりませんが)、両者の違いは被害届がでているかでていないかでしょうか?説諭の場合は指紋採取とか写真撮影とかはないのでしょうか?また立件するというのは微罪処分以上になっ...

  • 自損事故か傷害罪かについて

    傷害について質問です。 相手宅にて酒を飲まされ泥酔し、転んで額に傷を負った場合でも傷害罪で刑事罰を与えることは出来るのでしょうか? それともただの自損事故?になるのでしょうか

  • 物損事故の基本。)で済むのでしょうか?

    物損事故(人身にならなけえば)は基本、加害者が報告義務を果たせばあとは相手との弁償の話のみですよね‥ということは相手がそのあと弁償できないとか言い出したら民事訴訟しか無いですよね‥(上手く交渉できるように人身に切り替えようと思う人もいるのでしょうが‥)物損事故の場合は逃げなければ刑事罰や行政罰は特にないのでしょう...

  • 軽微な事件の被害弁償‥処分に直接関係あるのか?

    軽微な刑事事件で例えば、自転車の窃盗等で通常なら微罪処分程度で終わるような事件でも被害者への盗品の返還や、売ってしまって手元に無い場合には被害金額の弁償等が行われない場合被害者が望めば書類送検されたり、最悪の場合起訴されたりすることってあるんでしょうか?それともこのような軽微な事件の場合警察はめんどくさがって微...

  • 簡易送致について。被害者の心情は全く影響しないのでしょうか?

    少年事件における簡易送致は、成人の場合でいう微罪処分と同じようなものと捉えて良いでしょうか? 一般に、成人の場合軽微な犯罪で初犯・余罪なしでも、被害者に対して直接の謝罪や弁済がなく、被害者が被害届を出していて厳罰を希望していたら微罪処分にすることは出来ませんよね? 同じように少年事件において、被害額五千円未...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

器物損壊の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 被害者支援、制度を使ってなぜ「つらさ」は増...
  2. 「アサヒカメラのカメラマン」名乗り、痴漢は...
  3. 「海外に売り飛ばすぞ!」風俗スカウト会社か...
  4. 「レオパレスを建築基準法違反で捜査して」 ...
  5. 「自分好みの髪の毛だった」 夜行バスで女性...
  6. 北九州最大の「ソープ」を摘発、なぜここだけ...
  7. 泥酔→タクシー無賃乗車、「本当になにも覚え...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。