弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

脅迫・強要

脅迫の被害に遭った場合の対処法 - 脅迫罪での被害届や告訴、時効について

脅迫を受けた場合には、止めさせたくも怖くて言い出せず、不安ばかりが募ってしまいがちです。事の発端が自分にあったとしても、脅迫は立派な犯罪であり、理不尽な相手の要求に応える必要はありません。平穏な生活を取り戻せるように、正しい対処法を学びましょう。

目次

  1. 脅迫を止めさせるには
  2. 脅迫の証拠
  3. 脅迫罪として訴えたい場合
  4. 警察沙汰にしたくない場合

脅迫を止めさせるには

脅迫は立派な犯罪行為ですので、被害者は法律の力を頼りに解決を図ることが可能です。法的な手段で脅迫を止めさせるには、以下の二つの方法が挙げられます。

  • 警察に告訴や被害届を提出して犯人を逮捕してもらう
  • 弁護士名義で内容証明を送り警告してもらう

加害者の行為が悪質であり、刑罰を課して更生してもらいたいような場合には、刑事事件とした方がよいでしょう。一方で、警察沙汰にしたくない、事件性が低い、といった場合には、弁護士を通して警告するだけでも十分かもしれません。

どちらの方法を採るにしろ、相手の行為が法律の上での脅迫に当てはまっている必要があります。そもそもあなたが受けている行為が脅迫に当たるのか、下記記事を参考に確認しておきましょう。

刑法条文や事例で学ぶ脅迫罪の成立要件

脅迫の証拠

相手の発言が脅迫に当たる可能性が高い場合であっても、証拠がなければ警察も対応してくれないことが多いでしょう。脅迫の証拠には、通話の録音やメール、手紙、LINEなどのチャット内容が有効となり、現場に居合わせた人がいれば、その証言も証拠となり得ます。

もし証拠がない場合であっても、事態が深刻であればあらかじめ警察に相談した方がよいでしょう。加害者に余罪があり、それによって捜査が進む場合もあります。また、相談記録が残ることは、再度脅迫されて証拠が手に入った際に、信ぴょう性が増すことにもつながります。

脅迫罪として訴えたい場合

脅迫の証拠もあり、脅迫罪として加害者を訴えたい場合には、警察に被害届を提出するか、告訴を行います。加害者の行為が脅迫罪として判決が下された際には、加害者は2年以下の懲役または30万円以下の罰金が課されることになります。

被害届と告訴の違いは、処罰の意思があるかないかの違いであり、告訴が処罰の意思表示に当たります。加害者への処罰を望むのであれば、告訴を行うとよいでしょう。

ただし、告訴は簡単には受理してもらえません。告訴を受理すると警察は捜査を開始する義務があり、犯人を逮捕した場合には、刑事裁判にかけるかどうかを被害者に報告する義務も生じます。警察も忙しいため、刑事裁判に値する悪質な事件や、立証可能性が高い事件でないものは受理したがらないのです。

前述の通り、脅迫の線引は難しく、前後の文脈によっても解釈が異なることがあります。受理されない場合には、弁護士に相談し、そもそも脅迫に当たるのかの確認や、場合によっては告訴状の作成を依頼するとよいでしょう。

脅迫罪の時効

脅迫罪で訴える場合には、時効が3年であるという点には注意が必要です。時効のカウントがスタートするのは、被害者が害悪の告知を知った時点となります。

刑事事件として罪を追求するのではなく、不法行為として慰謝料を請求するよう場合も、時効は3年となります。脅迫事件での慰謝料請求については「脅迫の示談金・慰謝料の相場」もご覧ください。

警察沙汰にしたくない場合

脅迫事件では、加害者が近しい間柄の人や元恋人のようなケースも少なくありません。脅迫行為を止めてくれさえすれば、警察沙汰にはしたくないという場合は、弁護士を通して内容証明を送るのが有効です。

また、加害者側に脅迫行為を行っているという自覚がない場合もあります。トラブルの発端が被害者側にある場合、例えば、借りたお金を返していないといったケースでは、加害者は正当な主張をしていると考えている場合も多いでしょう。

一般の人であれば、内容証明を受け取ることすら珍しく、驚いて脅迫行為を止める可能性は十分にあります。まして、弁護士名義で犯罪行為に当たりうると指摘されれば、より深刻さが伝わることでしょう。

借金トラブルのように、何らかのトラブルの末に脅迫に至っている場合には、そもそものトラブル解決に弁護士の力が必要となるケースも少なくありません。借金の返済であれば、弁護士を通して返済計画を協議し、示談書を結ぶことで、相手も納得してくれる場合は多くあります。

いずれにしても、脅迫事件を甘く見ず、大事に至る前に警察や弁護士に相談しておくことをおすすめします。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

脅迫・強要に関する法律相談

  • 事実と違う悪口を多数の人に広げたら名誉毀損になるのか?

    犯罪・刑事事件脅迫・強要

    妹と遺産相続で揉めらちがあかないので調停を申し立て1年かかって法廷相続額以上の現金を渡し不動産は以前から私が管理し親の面倒もみていたので私が相続しました。 妹は凄い被害妄想で調停...

    1弁護士回答
  • ネットでの中傷被害の対策

    犯罪・刑事事件脅迫・強要

    ネットに電話番号、名前、中傷的な言葉を 書かれていました。 なんとなくですが相手は特定できます。 日付けからしてその相手と いざこざがあったので。 その相手に あなたが書いたんでしょ ...

    2弁護士回答
  • 法律についての質問です。

    犯罪・刑事事件脅迫・強要

    BはAに、複数回にわたり返す約束をしてお金を借りていました。 AはBに、貸した金90万円を返済するよう求めました。 BはAに、一括では無理なので月々2万円ずつ返済すると約束しまし...

    1弁護士回答
  • 脅迫罪の成立について

    犯罪・刑事事件脅迫・強要

    殴ると告知したら脅迫になると思いますが、殴られるのどう?と聞くだけで脅迫になりますか?

    1弁護士回答
  • 民事訴訟にて:危害を加える発言をしていないのに、脅迫罪で訴えると言われました。成立しますか?

    犯罪・刑事事件脅迫・強要

    脅迫罪の成立のついての質問です。 姉の夫から脅迫罪で訴えると言われました。 発端は姉夫婦の離婚です。 姉の夫は30過ぎですが学生であり、資格を取るために学校に通っています。学生なの...

    1弁護士回答

法律相談を検索する

犯罪・刑事事件を扱う弁護士を探す

脅迫・強要の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. 公然わいせつ罪に対する被害届
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノのダウンロード履歴から逮捕されることはありますか?

犯罪・刑事事件のニュース

  1. フードコートで食事せず、冷水機で「水筒を満...
  2. 5歳児が公道で「ポケバイ」運転して補導…未就...
  3. 「好きな女性」の車にGPS取り付け、監視した...
  4. 小金井ストーカー事件、懲役14年6月に「短す...
  5. 強姦罪、男性も被害対象に…当事者が支援訴え...
  6. 小金井刺傷事件「17年でも短いと思っていたの...
  7. 〈小金井刺傷事件〉判決後に冨田真由さん「今...