ネット上で脅迫を受けております。対処する方法はありますか?

公開日: 相談日:2021年01月25日
  • 2弁護士
  • 4回答

ネット上でトラブルになった相手に
自殺しろ・指を詰めろと言った事や
罰を与えてやる(具体的には表記されてませんが
相手は自分の顔写真を持っているので掲示板や
SNSでばら撒かれる可能性があります)
等の脅迫をされています。


元々別件でトラブルになっていた事で相談をしていた相手との事です。

元のトラブルになった人と和解をしたことを
相談していた人に伝えたところ、
和解に反対した彼は急に激怒し上記に記載したような内容の脅迫をしてきました。

相手には顔写真や住んでいるある程度の地域、年齢などを知られておりそう言った情報を
不特定多数の人にばら撒かれる可能性があります。
また、元々トラブルになっていた人物と
「和解をしたと言う行為は自分にとって
とても迷惑なので
代わりに私に自殺をして欲しい」や「指を詰めて誠意を見せろ」
と言った言葉を投げつけられております。

※チャットや通話での脅迫であったため
チャットでされたものについては全てスクリーンショットで残し、音声についても一部録音をしております。

こう言った脅迫等の加害行為を止めたいのですが
なにか対処することは出来ますか?

991307さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    佐賀県2位

    吉丸 雄輝 弁護士

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    タッチして回答を見る

    強要罪で警察に相談し、警察から注意してもらうように頼む方法があります。その場に証拠を持参し、見てもらって下さい。証拠状況によっては被害届を出すように求められるかもしれないからです。捜査が開始します。

    私の目からみると、「…代わりに私に自殺をして欲しい」や「指を詰めて誠意を見せろ」という発言は、強要罪が成立している可能性があります。

    参考 刑法
    (強要)
    第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。

  • 相談者 991307さん

    タッチして回答を見る


    お答えありがとうございます。

    こちらに記述しております
    前回のトラブルの際も脅迫内容は違いますが
    害を与えると言ったような発言をされ
    一度警察に相談いたしました。

    その時は相手を刺激しないよう
    私自身がネットをしないようにとの対策法のみで
    そちらに従いましたが
    結果、掲示板やSNSで悪口を書かれると言った被害に遭ってしまいました。

    今回警察に行った場合でも
    同じような結末しか見えないのですが何かをされる前に対処すると言うのはやはり難しいのでしょうか。

    〜相手の発言の証拠について〜
    チャットでの会話では明確な証拠を残さないよう
    巧妙に、「前回揉めた相手よりも酷いことをしてやる」と言った曖昧な発言しか残っておりませんでした。

    通話での録音も確認してみますが、証拠不十分になってしまうかもしれません、、、

    どうしても相手を止めたいのですが何とかならないでしょうか。

  • 相談者 991307さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。
    私は相手の住所氏名を存じておりませんが
    知人が知っているとのことでした。
    知人から相手の個人情報を教えてもらうにあたり、
    自分や知人に被害や訴えが行かないということであれば
    情報を提供してもらう事も検討しております。

    また、内容証明郵便とはどのようなものでしょうか?

  • 弁護士ランキング
    群馬県2位
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    内容証明郵便とは、誰が誰にいつ、どのような内容の郵便を送ったかを証明する郵便です。内容証明郵便自体に法的効力はありませんが、相手に自分の強い決意を示し、心理的な効果を与えるために利用できます。特に弁護士名であれば、相手のプレッシャーはより強くなると思います。

この投稿は、2021年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから