交通トラブルを端にした件で警察に提出した上申書の修正、取戻しについて

 交通トラブルを端に起きた件で警察に提出した上申書についての質問です。

 交通トラブルとは
・原付の自分(以下A)は青信号で交差点直進
・乗用車の相手(以下B)が左側より交差する道から赤信号で進入
・接触事故には至らなかったがAは転倒しかかり対向車線に押し出された
・Bはその後から警笛の長押しをAに対し行う
・Aは10m程先に停車したがBの警笛は繰り返された
・Bは車中のまま、Aは原付を降りBの車の状況確認と写真撮影(通報)
・その間BはAの行動をドライブレコーダで記録(通報)
・その後通行人Cの案内で脇の駐車場に離れて移動警察を待った。

 警察の到着後も両者分けたままの口頭の事情聴取はあったが、
・道路上での状況や車両状況の現場確認なし
・信号無視と警笛長押しの現場を目撃した通行人Dの説明の当事者への内容確認なし
ただし警官はBのドライブレコーダの現場再生を行い(Aにはその内容確認させず)、
・Aも信号を守っていなかったのでは
・Bの車の進行を妨げたのでは、手を出していないか
・なぜAは(事故)現場をすぐに立ち去らなかったのか
・Bの信号無視は現認でないので取り締まれないがAはどうしたいのか
等の嫌疑の質問がAになされた。これらについてはAは現場ですべて否定した。なお現場交通課の警官からは管轄外である旨発言されたり、目撃者Dの証言が到着した警官に情報共有されていなかったり(後で判明)警官間の足並みの乱れがあった。

 1時間以上に亘る現場でのやり取りの後、現場警官より、お互い非はあるだろうが謝罪はしないよね。そこで、この件に関し今後関わりを持たないということでどうかと聞かれ、詳細は警察署でとなった。

 警察署では関わらないことの一筆を上申書にと言われたが、その用途等の説明はなされず、また、目撃者証言の内容を記載することに難色が示された。そして警察署に移動した理由がBはAに車を止められ脅された嫌疑であると知らされた。上申書も今の心情と捜査協力の記載に変更となった。警察署にはAは4時間近く置かれ上申書を提出したが、控えも許されず、さらに全身の写真も理由説明なく撮影された。

 後日、Aの問合せに警察署は一部回答はあったが、数々の嫌疑は不明のままです。嫌疑も含めた確認を求める書類として出し直したいのですが書類の取り戻しも含めどうすればいいかご教授願います。
b4_19afさん
2018年04月05日 08時14分

みんなの回答

川口 克已
川口 克已 弁護士
ありがとう
警察官の説明からすると、Aさんに対するBの脅迫の事実を認知したが、Aさんは、被害届を提出しなかったので、事件として立件せず、それ以上の捜査はしないこととしたという処理をしようとしていると推察されます。Aさんとして、この方針を了解し納得するのか、そうでなく、被害申告をして捜査を求めるのか、その意思を決める必要があります。そして、被害申告したいのであれば、警察に、単に苦情を述べたり、質問したりする前に、被害者として、Bの処罰を求めたいので、被害申告したい、捜査をしてほしいということを明確に伝える必要があります。ただ、警察は役所ですから、既に提出した上申書を返却することはできません。新たに被害届やAさんの言い分をありのまま書いた上申書を書いて、前の上申書に書いたことを訂正することを明らかにするだけです。警察は捜査を担当する役所ですから、当方も、それを理解した上で、礼儀正しく、しかし、明確に意思を伝えるのが得策です。もし、被害申告するなら、書類を破棄されたりしないうちに、急いでする必要があります。ご成功を祈念致します。

2018年04月05日 08時56分

b4_19af さん (質問者)
早々の回答ありがとうございます

長文でAとBの関係が読みにくくすみません

脅迫の疑いはAにかかっており
(Bが脅迫被害をうけたと通報したもよう)
上申書は車にはねられかけ警笛で威嚇されたAが提出させられました(Aは交通事故かもしれないトラブルとして通報)

ご回答から推察しますと本来事故被害者になりえたAが上申書を求められる理由がわかりません

今一度、Aはどんな書類を出すべきだったか、
当時かけられた嫌疑の確認はどのような手続きが可能かご教示願います

Aは公務員でトラブルは報告業務があり
嫌疑のみでも信用問題になりえます
よろしくお願いいたします

2018年04月05日 13時35分

川口 克已
川口 克已 弁護士
ありがとう
お電話で話したとおりです。公務員さんということなら、尚更、役所にはありのまま話せば、Aさんが悪くないことを理解してもらえると思います。

2018年04月05日 21時09分

この投稿は、2018年04月05日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

脅迫の被害に遭った場合の対処法 - 脅迫罪での被害届や告訴、時効について

脅迫を受けた場合には、止めさせたくも怖くて言い出せず、不安ばかりが募ってしまいがちです。事の発端が自分にあったとしても、脅迫は立派な犯罪であ...

脅迫罪の懲役・罰金の量刑相場や逮捕・勾留・起訴の流れと対処法

脅迫したつもりがなくとも、脅迫罪に当てはまっていれば、被害者に訴えられて逮捕されてしまう可能性があります。たとえトラブルの原因が被害者側にあ...

脅迫の示談金・慰謝料の相場

脅迫行為は不法行為に当たるため、加害者には被害を弁償する責任があります。脅迫による被害とは、恐怖による精神的苦痛を指し、慰謝料として金銭的な...

刑法条文や事例で学ぶ脅迫罪の成立要件

相手を脅すこと全般を指して「脅迫」という言葉は良く使われますが、すべてが罪となるわけではありません。また、脅迫罪ではなくより重い罪に当てはま...

この相談に近い法律相談

  • ひき逃げでの起訴について。

    今年の夏、私は昼食を買いに車で出掛けた際、走行中に私の車の左ドアミラーに歩行者と接触したという容疑で自宅に警察が来ました。 私は全く身に覚えが無かったですが、確かに相手が言う時間場所状況は一致し、左ドアミラーの上に人の脂の様なものがついていました。 その当日警察署でDNAを採取し、翌日相手が診断書を提出し人身事...

  • 盗撮での警察連行と会社への連絡など今後について

    お恥ずかしながら、先日駅の階段で盗撮をしているところを通行人に目撃され、警察に連行されました。 初犯ですが、スマートフォンには同じ日に撮影した2つの別の動画もあり、計3件の内容について状況説明及び状況文書・謝罪文の作成を警察で求められました。 3件とも被害者は不明ですが、すべて認め、写真と指紋を採り、当日は妻に...

  • 駐車禁止の弁明書を送付した後、警察署の方から連絡が入りました

     駐車違反の弁明書を送付してから、暫くしてから、警察署の交通課の方から“事情聴取”の電話がありました。先日、駐車違反のイエロー切符を貼り付けられました。自分自身は荷物を下ろすの停車位置でしたので、また、切符張られた直後(2,3分後)にすぐ警察署に電話をしました。駐車ではなく、停車でしたと説明もしました。但し説明は...

  • 納得のいかない交通取締り(警察官のつく嘘は合法?)

    警察官の誘引とも思える、交通取締りに納得がいきません。 また、その後の警察官とのやり取り(会話)において、虚偽の告知を受けました。 交通取締りを行うためには、警察官は嘘をつくことも許されているのですか? 教えてください。  とある交差点を原付バイクで右折したところ、その右折した道路に立っていた警察官に『交差点右左...

  • 盗撮で在宅捜査 報道

    新聞の過去記事等を見ていると、盗撮で逮捕された事件についての記事はよく見かけます。 しかし、在宅捜査や在宅起訴についてはあまり報道されていないようです。 ・これは、この時点で被疑者が「犯人」と確定されていないために警察からマスコミに対して発表を控えているからでしょうか? ・この場合、後日、書類送検した時点で必...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

脅迫・強要の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  2. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  3. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  4. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  5. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  6. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...
  7. 元AV女優・麻生希、覚せい剤で実刑判決…別の...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。