和解について。裁判の内容で告発などあるのでしょうか?

不貞の裁判の被告で代理人をつけていません。和解となった場合、どのような事を話し合うのでしょうか?
準備書面で反論した内容を、脅迫や侮辱などと言ってこないか心配です。
裁判の内容で告発などあるのでしょうか?
2015年01月28日 22時49分

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
和解は紛争を当事者の互譲で円満解決することが目的です。裁判所もそのつもりで双方別々に話しを聞き、折り合いをつけるように采配をします。内容は解決金をいくらにするか、謝罪の文言を入れるかどうか、接近禁止、秘密条項を入れるかどうかなどです。喧嘩をすることが目的ではありませんので、心配する必要はありません。
裁判で種痘した内容が、脅迫や名誉毀損になることは殆どありませんので、それも心配しないことです。

2015年01月28日 22時54分

相談者
ご回答ありがとうございました。安心しました。

2015年01月28日 22時58分

比護 望
比護 望 弁護士
ありがとう
稀なケースと考えられますが、東京地裁平18・3・20は、民事訴訟における準備書面及び陳述書中の相手方当事者の名誉を毀損する内容の記載について、訴訟上の主張立証に名を借りた個人攻撃と認定され、訴訟上必要な行為・正当行為がないものとして、損害賠償請求が認容された事例です(20万円の慰謝料)

2015年01月28日 23時07分

相談者
では侮辱や脅迫などと揉めない為にも和解の中で話し合う必要があるのですね。

2015年01月28日 23時11分

比護 望
比護 望 弁護士
ありがとう
稀なケースですので、余程のことがない限り、裁判上の主張、立証ではそこまで心配しなくてもよいと思います。

本件は慰謝料請求の裁判でしたら、和解では、裁判官が不貞行為の心証を得た程度や不貞行為の内容をふまえて、和解金(解決金)をいくらとするか、ということが主題になると思います。

2015年01月28日 23時29分

相談者
ご回答ありがとうございました。

2015年01月28日 23時30分

この投稿は、2015年01月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

脅迫罪とはどのような犯罪か|罪が成立する要件と刑罰の内容

ひとくちに「脅迫」といっても、人によって脅迫の受け取り方はさまざまでしょう。この記事では、どのような行為が脅迫罪にあたるのか詳しく解説します。

脅迫の被害に遭った場合の対処法 - 脅迫罪での被害届や告訴、時効について

脅迫を受けた場合には、止めさせたくも怖くて言い出せず、不安ばかりが募ってしまいがちです。事の発端が自分にあったとしても、脅迫は立派な犯罪であ...

脅迫の示談金・慰謝料の相場

脅迫行為は不法行為に当たるため、加害者には被害を弁償する責任があります。脅迫による被害とは、恐怖による精神的苦痛を指し、慰謝料として金銭的な...

刑法条文や事例で学ぶ脅迫罪の成立要件

相手を脅すこと全般を指して「脅迫」という言葉は良く使われますが、すべてが罪となるわけではありません。また、脅迫罪ではなくより重い罪に当てはま...

脅迫罪の懲役・罰金の量刑相場や逮捕・勾留・起訴の流れと対処法

脅迫したつもりがなくとも、脅迫罪に当てはまっていれば、被害者に訴えられて逮捕されてしまう可能性があります。たとえトラブルの原因が被害者側にあ...

この相談に近い法律相談

  • 和解と談合の違いは?

    民事裁判で裁判官と弁護士同志が、原告や被告の知らない内に法廷以外で、話し合ってお互いに都合のよい決着を見いだす事が、多々あると聞きますが、実際はどうでしょうか?

  • 民事裁判の和解について

    民事裁判中の原告です。1年ほど毎月のように期日が設けられ、各々判事との面談があり尋問まで行くであろうと言われてましたが和解の話が持ち上がりました。相手の被告は認めてはいないが和解する意思があるとのことでした。 次回期日までに和解に希望することを判事に申し送ることになっています。 そこで質問です。 ①この場合、次回...

  • 被告が和解が相当と裁判所に出す場合と、原告に直接和解を申し出る場合の違いは?

    いつもお世話になります。 民事裁判において、被告が答弁書で、和解が相当と言ってきました。 原告も和解したいと思った場合、裁判所に対して、和解でいいです、と申し出たら、すぐに和解になるのでしょうか? 被告が直接原告に和解の申し出をしてくるケースもあると思いますが、あくまで裁判を通して和解を希望する理由はなんでしょ...

  • 裁判所からの和解勧告,和解提案について

    当事者尋問を行うまでに、裁判所が和解を勧告することは,ありますか? その場合,例えば、どのような場合ですか?

  • 簡易裁判の和解案について

    現在簡易裁判所で本人訴訟中の被告です。相手には代理人が付いています。第二回審判で裁判所より和解案が提示されました。内容は当方にとても有利だったのですが原告側はこの和解案に即同意し、訴訟内容の様々な証拠や双方の主張の検討が行われていない中での和解には当方としては応じられないとの理由でとりあえず審議継続にして頂きま...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

脅迫・強要の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 被害者支援、制度を使ってなぜ「つらさ」は増...
  2. 「アサヒカメラのカメラマン」名乗り、痴漢は...
  3. 「海外に売り飛ばすぞ!」風俗スカウト会社か...
  4. 「レオパレスを建築基準法違反で捜査して」 ...
  5. 「自分好みの髪の毛だった」 夜行バスで女性...
  6. 北九州最大の「ソープ」を摘発、なぜここだけ...
  7. 泥酔→タクシー無賃乗車、「本当になにも覚え...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。