医局退局後の就職先の妨害に関して

公開日: 相談日:2014年11月25日
  • 1弁護士
  • 1回答

医師10年強の臨床医です。7年前に結婚し3歳と1歳の子供と暮らしております。
某大学の医局に10年ほど所属していました。
医局に対しては迷惑をかけていたわけではなく、勤務態度は良好であったと思っています。
臨床での仕事や臨床研究、研修医教育、学生指導は積極的に行い貢献していたと思います。

今回、家庭の事情で(恥ずかしながら私の浮気が原因ですがそのような浮気を黙認していた)医局を退局し医局人事ではない形での就職先を探す形になりました。子供の教育環境を考えると近隣の病院が良いと思い就職活動を始めたところ幸いにも同時期に近隣の病院から仕事のお誘いがあり、就職面接をするところまで話は進んでおりました。
しかしながら、医局のトップである教授の下にも話が伝わり就職先に圧力がかかり話はなくなってしまいました。

教授からは前もって「県内で医局の意向に反した人が働ける職場はありません、あしからず」と半ば脅迫めいたメールをいただいておりました。

今回のことで医局人事に迷惑をかけたことにはなりますが、就職先への圧力で就職先の自由が奪われた形かと思い法的に問題があるか知りたく相談させていただいた次第です。

県内で働けない以上、県外への転居を余儀なくされ住居の転売や子供の幼稚園の転園など家族にとって負担が大きい状況です。
大学医局という極めて特殊な環境で働いてきたので気がつきませんでしたが、一般的な感覚からすると職業選択の自由に反するのではないかと知り合いに言われ気がつきました。

長文駄文失礼いたしましたが、医局を訴えることができるのか、訴えた場合の展望など教えて頂ければと思います。よろしく御願いいたします。

301103さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    教授が「県内で医局の意向に反した人が働ける職場はありません、あしからず」とのメールを送信し、就職候補先に圧力をかけた事実が認められるのであれば、教授自身を訴えることができます。

    また、この行為が教授の個人的なものではなく、大学の職務の執行につき行われたものであれば、大学法人を訴えることもできます(医局ではありません)。

    教授のメールが残っていれば証拠となりますが、教授が就職候補先に圧力をかけたという証拠がなければ損害賠償責任が認められない可能性があります。

この投稿は、2014年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す