消費者センターの立ち入り調査について

公開日: 相談日:2008年11月14日
  • 1弁護士
  • 1回答

神奈川県大和市の住宅リフォームの会社です。

訪問販売がメインですので、消費者センターに相談が寄せられている事は重々承知しております。

その上で、先日当社に消費者センターが立ち入り調査に来ました。当初は強制調査だと言っておりましたので、素直に応じておりましたが、よくよく聞いてみると全く強制ではありませんでした。改めて行政の横暴さを実感しました。

確かに、当社の前身とも言える会社が、以前に行政指導を受けたことがありますが、現在は代表も登記住所も中身の違う会社にも関わらず、一方的且つ高圧的に調査を強要して来る行政に対し、憤りを感じざるを得ません。

上記の内容で、何とか先方に非を認めさせる手立てはありませんでしょうか?できれば謝罪もして頂きたいと思っております。
何とかお知恵をお借りできればと存じます。
何卒宜しくお願い致します。

2377さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    いちおう行政事件を得意分野にしているという立場でお答えいたします。

    ご主旨は、消費者センター職員が、ことさらに、特商法66条(68条 拒絶した場合の罰則72条8号)の立入検査であるかのように誤信させて任意調査を行った。違法行為である。(警察が任意捜査の限界を超えて捜査した疑いがあるというのとほぼ同様の状況)
    少なくとも抗議したい(場合によっては国賠も視野に入れないこともないかもしれない)ということかと思います。

    具体的事情が分からないとどうしようもありませんが(当日のやりとりを整理し、情報公開請求をして当日の調査関連資料一式を開示請求しておくのも良いと思います)、白黒付けないで、消費生活センターに直請善処を申し入れる(誤解を招く方法の改善を要望)という方法でもよいかもしれません。

    いずれにせよ、具体的な事実関係やどの程度の不利益があったのかが分からないとどうしようもありません。
    顧問の先生がいないご事情がよく分からないのですが、神奈川の弁護士さんに相談に行くしかないように思います。

この投稿は、2008年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す