懲戒処分の請求を辞さないという旨を通知する事は、脅迫罪や職務強要罪になるのでしょうか?

通勤災害の申請をしていましたが、不支給通知書には「通勤の災害には認められず不支給と決定しました」との決定理由が記載されていました。
しかし、通勤時に通勤経路の坂道を歩いていて負傷しており、間違いなく通勤による災害であると私は認識しており、この決定に大変不服です。
そこで、これから審査請求を行おうと思うの ですが、その審査請求書に
「通勤による災害であることは明白であり、この決定には大変不服です。この決定を下した官職の者には懲戒処分の請求を検討しております。」
といった一文を書いたら、脅迫罪や職務強要罪などの違法行為にあたってしまうのでしょうか?

2013年10月10日 09時56分

みんなの回答

大久保 誠
大久保 誠 弁護士
犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
審査会は原処分をした組織とは別の独立した機関であり、あなたが「この決定を下した官職の者には懲戒処分の請求を検討しております。」と記載したところで何らその審議・判断に影響を受けるものではありません。また、原処分をしたした組織があなたの記載で判断を替えるということもおよそ考えがたいものです。その意味で、あなたの記載は余事記載であり、脅迫罪も職務強要罪も成立しないでしょう。

2013年10月10日 10時11分

相談者
ご回答ありがとうございます。

であるなら、これから審査を行う審査官に対しても
「不当な決定を下した場合には、審査官を懲戒処分の請求を検討しております」
とした場合にも罪にならないでしょうか?

2013年10月10日 10時20分

この投稿は、2013年10月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

脅迫罪の懲役・罰金の量刑相場や逮捕・勾留・起訴の流れと対処法

脅迫したつもりがなくとも、脅迫罪に当てはまっていれば、被害者に訴えられて逮捕されてしまう可能性があります。たとえトラブルの原因が被害者側にあ...

脅迫罪とはどのような犯罪か|罪が成立する要件と刑罰の内容

ひとくちに「脅迫」といっても、人によって脅迫の受け取り方はさまざまでしょう。この記事では、どのような行為が脅迫罪にあたるのか詳しく解説します。

脅迫の被害に遭った場合の対処法 - 脅迫罪での被害届や告訴、時効について

脅迫を受けた場合には、止めさせたくも怖くて言い出せず、不安ばかりが募ってしまいがちです。事の発端が自分にあったとしても、脅迫は立派な犯罪であ...

刑法条文や事例で学ぶ脅迫罪の成立要件

相手を脅すこと全般を指して「脅迫」という言葉は良く使われますが、すべてが罪となるわけではありません。また、脅迫罪ではなくより重い罪に当てはま...

脅迫の示談金・慰謝料の相場

脅迫行為は不法行為に当たるため、加害者には被害を弁償する責任があります。脅迫による被害とは、恐怖による精神的苦痛を指し、慰謝料として金銭的な...

この相談に近い法律相談

  • 労災事件にお詳しい先生にご教示頂きたいのですが…

    通勤時にケガ ↓ 通勤災害の申請 ↓ 労基署からの通勤災害の不認定の通知が届く ↓ 不服により、審査請求書を提出し審査請求 ↓ 審査官から「後日、最寄りの労基署で詳しい事情を伺う」との電話 ↓ 当日、労基署での審査官との1時間ちかくのお話の中で「通勤起因性がないので、通勤災害として認められない」との説明を受け、納得...

  • 通勤途中による交通事故の後遺障害認定

    自家用車での通勤途中による交通事故の後遺障害認定の請求は、加害者の自賠責保険の他、労災保険を適用して、労働基準監督署に対しても、請求する事が出来るのでしょうか。 仮に、どちらでも請求できる場合には、どちらの方が、認定される可能性が高いのでしょうか。

  • 再審保存記録の決定について

    私が再審請求を予定している事件の保管記録を保存するよう請求したところ,保管検察官から「再審保存記録として3年間保存することを決定した」旨通知書が来ました。 Q これは再審開始が期待できると考えていいのでしょうか。それとも同請求はどのような事件であっても全て認められるものでしょうか。

  • 労災行政事件訴訟、訴状について

    労災の「後遺障害等級」について、不服で、審査請求したが、棄却されたので、行政事件訴訟を提起しますが、 その場合、訴状の請求の趣旨は「原処分庁のした、原告の後遺障害等級○級の決定の取り消しを求める。」で良いのでしょうか? 現在の後遺障害等級の、支給された補償金が、取り消される、訳ではないですよね? 審査請求...

  • 強制執行のタイミング。容認されるのでしょうか?

    審判書の変更を求め、面会交流の再調停→親権者(母親)は面会交流を拒否→調停不成立と同時に、面会交流の保全(審判書通りの面会交流を実施せよ)を申し立てる。 裁判所は「子供のことなので、早めに結論をだしたい」と言います。 仮に保全処分を容認の決定 2週間以内に、面会を求め、拒否されたら強制執行をしないと保全処分の命...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

脅迫・強要の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 北九州最大の「ソープ」を摘発、なぜここだけ...
  2. 泥酔→タクシー無賃乗車、「本当になにも覚え...
  3. 子どもに「自画撮り」要求する行為に懲役刑も...
  4. 更衣室なく裸の子も…「じゃぶじゃぶ池」で幼...
  5. 「漫画村出張所」運営の男性逮捕、「闇金ウシ...
  6. 客室乗務員、客から「盗撮被害」が6割 逆上...
  7. 「これは売春だ」 ホテルで偽の「警察手帳」...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。