14年くらい昔に発覚した浮気の後遺症で妻を苦しめています

長女が生まれた時期なので平成13年頃のことですが、気の迷いから当時の職場の女性と浮気をしてしまいました。当時、私の携帯電話からあっという間に妻に浮気がばれることとなり、妻はそのショックでうつ状態になってしまいました。

程なくして、平成15年に第二子を授かったのですが、妻がうつの治療で服薬していた薬の副作用を心配して産婦人科に尋ねたところ、どの先生も「健常児が生まれる保証はできない」と異口同音に回答されました。
そのため、苦渋の決断で堕胎手術をすることを妻は決断し、実行したのですが、一度は授かった命を自らの手で殺してしまった、私は殺人者であるとの思いに妻は捕われてしまうこととなりました。

その後平成18年と19年に無事にもう二人の子どもも授かったのですが、月日が経ち、現在平成27年です。
妻は今でもその時のつらい体験から抜け出せず、いまだに幻覚をみて、被害妄想に捕われています。
明け方に多い行動なのですが、当時私が浮気をしていた女性が枕元に立って、妻のことを嘲笑っているという幻覚が見えるようです。

そして、その女性を捜し出して、もしも彼女に子どもがいるのなら妻が味わったのと同じ苦しみを知らしめたいので、その女性の子どもを殺してやりたい、住所はわからないけど名前は覚えているので探偵を雇って現住所を調べて、自分がこんなになってしまったことについて謝罪をさせたい、と常々妻は言っています。

現在、私たち夫婦には3人の子どもがいるので、妻が万が一その女性に子どもがいて、殺してでもしまおうものなら、3人の子どもたちの将来に大きな傷を残すこととなります。
更に、その女性からすると10年以上も昔の話を蒸し返されて謝罪をしろ、と一方的に迫られても、素直に謝ってくれるとも思えません。

今回の妻が、有責配偶者たる私、または当時の女性に現在進行形で受けている心の傷(その後、医師には解離性人格障害と診断されています)の賠償請求をすることはできるのでしょうか?
妻が浮気の事実を知ってから10年以上が経つので、今からでは遅いと思うのですが、どなたかご教示いただけますと幸いです。

いまは、当時の浮気をただただ悔いるばかりで、どうすれば良いのかわからず、私も連日の妻の奇怪な行動に次第に参り始めてしまっており、解決の糸口が見つかればと思い恥ずかしながら投稿をさせていただきました。
2015年03月15日 14時16分

みんなの回答

森田 英樹
森田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4
ありがとう
妻が浮気の事実を知ってから10年以上が経つので、今からでは遅いと思うのですが

あなたとの関係では夫婦関係が修復したとも考えられます。

ところで不貞行為による慰謝料請求権は加害者および損害を知ってから3年 行為の時から20年で時効消滅します。

あなたとの関係ではすでに時効期間が経過しているといえますが 相手の女性の特定ができていなければ 女性との関係では時効消滅していないと言えるでしょう。

2015年03月15日 14時22分

相談者
早速のご回答をありがとうございました。

>相手の女性の特定ができていなければ 女性との関係では時効消滅していないと言えるでしょう。

これは、妻が相手の女性の名前は知っていても、住所や状況を把握している訳ではないから、イコール特定ができていない、ということでしょうか?

2015年03月15日 14時43分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県3
ありがとう
現在進行形で受けている心の傷(その後、医師には解離性人格障害と診断されています)の賠償請求をすることはできるのでしょうか?
不貞のために、うつ病になったというのは、因果関係を認めるのは相当困難です。
妄想幻覚などは、うつの症状ではありません。統合失調などの疑いもあります。。解離性同一障害には、因果関係はさらに困難です。
不貞の慰謝料は、家庭生活の平和の維持に対する侵害であり、慰謝料としては、離婚しない場合100万円程度です。

名前しか知らないという場合、加害者を知ったことにならない場合はあります。

2015年03月15日 17時13分

相談者
ご回答を頂きまして、ありがとうございました。

>不貞の慰謝料は、家庭生活の平和の維持に対する侵害であり、慰謝料としては、離婚しない場合100万円程度です。

慰謝料というと、もう離婚をして離ればなれになる時に払う手切れ金的なものかと思っていたのですが、夫婦で離婚はせずにこのまま同居を続ける場合にも、夫から妻(ケースによっては妻から夫)に慰謝料を支払い、その後も淡々と?夫婦生活を営むものなのでしょうか?

2015年03月15日 23時37分

この投稿は、2015年03月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

どうしたら殺人罪が成立するのか?構成要件と殺人未遂罪や傷害致死罪、過失致死罪との違い

殺人罪とは、具体的にはどのような罪なのでしょうか。単に人を死亡させてしまった、というだけでは、殺人罪が成立するとはいえません。ここでは、殺人...

殺人罪・殺人未遂罪の懲役の量刑相場と逮捕・勾留・起訴の流れや対処法

人を殺害してしまった場合でも、すべてが殺人罪として処罰されるわけはありません。しかし、気が動転し逃亡を考えてしまうこともあるでしょう。まずは...

殺人・殺人未遂事件の慰謝料や損害賠償の相場

人の命はお金に代えがたいものではありますが、亡くなった方が家計を支えていた場合には、遺族には生活の問題も残されてしまいます。ここでは、殺人事...

殺人予備罪とは|殺人の準備をする罪を成立する要件と刑罰の重さ

人を殺す目的で、刃物などの凶器を用意したり、被害者の家を下見したりするなどの準備をした場合、「殺人予備罪」にあたる可能性があります。この記事...

殺意を否定しても殺人罪にあたる場合|殺人罪の故意が認定されるポイント

人を死なせてしまった場合、殺人罪にあたるかどうかは、被害者を殺そうとする意思(殺意・殺人の故意)があったかどうかがポイントのひとつになります...

この相談に近い法律相談

  • 元夫に対し被害届は出せるのでしょうか

    2年ほど前に元夫が激昂し「死ぬから」などと言われ首を絞められて元夫にむりやり強姦されました。(その9ヶ月前に私は堕胎しており、私が性交渉が嫌で夫婦間での性交渉は9ヶ月近くありませんでした) 強姦した後また元夫は「死ぬから」と言い服を着られペラペラの服を着せられ車に押し込まれ人気のない場所に連れて行かれまたも首を絞め...

  • 傷害事件の被害者です。

    息子が傷害事件に巻き込まれました。息子も相手の方も未成年です。しかし息子のけがの程度が、すい臓、腎臓、肝臓、脾臓より出血、肝臓は一部が裂けており、生活安全課ではなく刑事一課が担当ということでした。その他にも怪我はありましたが、無事退院しました。 傷害事件に巻き込まれた経緯ですが、息子18歳がお付き合いしていた女...

  • 二股、妊娠中絶、暴力、婚約不履行…慰謝料請求出来ますか?

    私は35才のバツイチ子持ちです。 交際してた彼に2年以上 二股をかけられてました。 その事実が分かる前、彼の子供を妊娠。産んで欲しいと言われましたが、私の両親の反対や彼が煮詰まらず中絶しました。その後も二股を続けられ、もう一人の女性を選ばれ別れました。年末に落ち着いたら、 よりを戻そうと言われ でも、もう一人の女...

  • 同棲と親からのDVについて

    私は18歳で成人している彼との同棲を考えています。 同棲の理由はいくつかあります 1つ目は私が上京して親に頼らず自立していきたいという事。 2つ目は自分の働きたい所が地元では時給や学べる量が少ない為に上京して働きたいという事。 3つ目は先日自分が親に嘘をついていたという理由がありますが親に首を絞められたということ...

  • 性的DVに関して相談です

    昨年4月よりお付き合いしている男性がいます。 その男性は彼女と同棲しており、 私は、私との関係を続けるのであれば別れてほしいと何度も伝えました。 でも彼は、彼女のしごとの関係で28年3月までは彼女との関係を解消できない、待っててほしいと言い、その言葉を信じて私は待っていました。 27年7月妊娠が発覚しましたが、産んで...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

殺人・殺人未遂の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 被害者支援、制度を使ってなぜ「つらさ」は増...
  2. 「アサヒカメラのカメラマン」名乗り、痴漢は...
  3. 「海外に売り飛ばすぞ!」風俗スカウト会社か...
  4. 「レオパレスを建築基準法違反で捜査して」 ...
  5. 「自分好みの髪の毛だった」 夜行バスで女性...
  6. 北九州最大の「ソープ」を摘発、なぜここだけ...
  7. 泥酔→タクシー無賃乗車、「本当になにも覚え...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。