弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

横領

2016年05月26日

従業員による着服・横領事件が起きた場合の刑事告訴や解雇の注意点

従業員が旅費などを不正に申告し、会社のお金を着服していた場合には、被害額の回収やその従業員の解雇をしたいと考えるでしょう。その場合には、恐喝や権利の濫用とならないように注意する必要があります。

目次

  1. 刑事告訴を材料とした恐喝
  2. 横領での解雇の正当性

刑事告訴を材料とした恐喝

示談交渉を行う際には、刑事告訴をしないことを引き換えに、被害額よりも高額な示談金を請求するケースも多いものです。 刑事告訴は、被害者に認められた権利ですので、交渉の中で「返済ができないなら刑事告訴せざるを得ない」といった発言をするのは問題にはなりません。 しかし、法外な金額を提示しながら「示談金が払えないなら刑事告訴するぞ。」などと言うと、恐喝になり得るため注意が必要です。いくら相手が犯罪者であっても、法外な示談金を支払う義務はなく、それを強要してはならないのです。

横領での損害賠償責任

では、横領した従業員の損害賠償責任はどの程度まで認められるのでしょうか。 まず、当然ながら被害額は全額認められます。また、年利5%の遅延損害金も認められます。もし、他社から預かっていたお金を着服して、相手方にも迷惑をかけ、関係解消など起これば、その損失額も認められるでしょう。 示談においては、迷惑料として被害額プラスαを請求するケースもありますが、それ自体は責任の範囲外です。

横領での解雇の正当性

横領した従業員が現在勤務中なのであれば、解雇したいと思うこともあるでしょう。 横領を理由として懲戒解雇の正当性は、過去の裁判でも認められており、横領した従業員を解雇しても権利の濫用には当たりません。10万円程度の横領でも解雇が認められた判例もあります。 しかし、懲戒解雇が不当とされるケースもあるため注意が必要です。例えば、まだ事件の全容が明らかになっていない段階で、担当者を犯人と決めつけて解雇したり、以前にも同様の横領事件が起きていて、その際には解雇ほど重い処罰でなかった場合などは、裁判でも不当と認められています。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

横領に関する法律相談

  • 遺失物横領になるのでしょうか

    犯罪・刑事事件横領

    財布の盗難にあい 盗難された違う所から発見され 警察に拾得物の案内があり引き取りに行きました 紛失届 盗難届は出していませんでした カードなどすぐ止めたので被害はありませんでした...

    1弁護士回答
  • 着服していないのに着服したから警察にいうといわれています。

    犯罪・刑事事件横領

    自宅での仕事をどうしてもしたくて買取されてる会社の方に頼のんで月15万の給料をもらうために仕事をすることになりました。 内容はアプリサイトで金券を売ることです。 雇用をされてるつも...

    3弁護士回答
  • 名誉毀損で訴える事が

    犯罪・刑事事件横領

    先日会社を辞めました。 退職した理由は会社で横領したとの理由です。 務めいた会社で個人委託業者の委託料の着服が原因です。 ですが、私が金銭的に余裕がなく委託業者へ断りをして前借制...

    1弁護士回答
  • 法律テラスでお願いしたときについて

    犯罪・刑事事件横領

    業務上横領をしてしまいまして、ただいま先方と示談交渉中です。私は法律ドットコムで見積り出して返答がこられた弁護士さんにお会いしてから、その弁護士に法テラスでお願いをしました。書...

    2弁護士回答
  • 役員の職権乱用行為について質問

    犯罪・刑事事件横領

    会社の役員であるAは会社Bの役員在職中に自身の会社Cの仕事をしています。 ただ、勤務実態がないわけではなく、会社には顔を出しますが、自身の会社Cの仕事をしており、 部下にも自身の会社C...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

横領事件を扱う弁護士を探す

横領の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. レイプになるのでしょうか?
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノ摘発による購入者の検挙、逮捕について

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 共同通信デスクが社内で女性社員の胸や足を盗...
  2. 新聞折込広告で美容医療被害…「効果のない施...
  3. 渋谷駅前で「フリーおっぱい」服の上から「胸...
  4. 無許可で民泊営業、客を「盗撮」して書類送検...
  5. 日馬富士が「逮捕」される可能性は?「ビール...
  6. 「主文後回し」裁判所の狙いとは…死刑に限ら...
  7. 熊本の殺人未遂事件、ひっかいた「猫」は「殺...