弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

横領

2016年05月26日

従業員による着服・横領事件が起きた場合の刑事告訴や解雇の注意点

従業員が旅費などを不正に申告し、会社のお金を着服していた場合には、被害額の回収やその従業員の解雇をしたいと考えるでしょう。その場合には、恐喝や権利の濫用とならないように注意する必要があります。

目次

  1. 刑事告訴を材料とした恐喝
  2. 横領での解雇の正当性

刑事告訴を材料とした恐喝

示談交渉を行う際には、刑事告訴をしないことを引き換えに、被害額よりも高額な示談金を請求するケースも多いものです。 刑事告訴は、被害者に認められた権利ですので、交渉の中で「返済ができないなら刑事告訴せざるを得ない」といった発言をするのは問題にはなりません。 しかし、法外な金額を提示しながら「示談金が払えないなら刑事告訴するぞ。」などと言うと、恐喝になり得るため注意が必要です。いくら相手が犯罪者であっても、法外な示談金を支払う義務はなく、それを強要してはならないのです。

横領での損害賠償責任

では、横領した従業員の損害賠償責任はどの程度まで認められるのでしょうか。 まず、当然ながら被害額は全額認められます。また、年利5%の遅延損害金も認められます。もし、他社から預かっていたお金を着服して、相手方にも迷惑をかけ、関係解消など起これば、その損失額も認められるでしょう。 示談においては、迷惑料として被害額プラスαを請求するケースもありますが、それ自体は責任の範囲外です。

横領での解雇の正当性

横領した従業員が現在勤務中なのであれば、解雇したいと思うこともあるでしょう。 横領を理由として懲戒解雇の正当性は、過去の裁判でも認められており、横領した従業員を解雇しても権利の濫用には当たりません。10万円程度の横領でも解雇が認められた判例もあります。 しかし、懲戒解雇が不当とされるケースもあるため注意が必要です。例えば、まだ事件の全容が明らかになっていない段階で、担当者を犯人と決めつけて解雇したり、以前にも同様の横領事件が起きていて、その際には解雇ほど重い処罰でなかった場合などは、裁判でも不当と認められています。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

横領に関する法律相談

  • 盗品等譲受け罪について

    犯罪・刑事事件横領

    友人が業務上横領した数百万のお金を、ギャンブルに費やしました。わたしもその費やす過程で数万円分パチスロ等の代打ちを悪銭として知りながらした場合、盗品等無償譲受け罪になりますでし...

    3弁護士回答
  • 業務上横領、被害届取り下げの意味

    犯罪・刑事事件横領

    業務上横領の容疑、被害届取り下げの意味 業務上横領の容疑がかけられています。 私は一貫して否認。 現在事情聴取を数回受けた所で、まだ続くようです。 私は仕事上のミス、手違いを認め...

    2弁護士回答
  • 顧客から貰った贈答品の処分に関する権利

    犯罪・刑事事件横領

    先日、顧客のところに出掛けました。 その際、帰り際に顧客から手土産(菓子)を頂きました。 同行していた新人の一人に、職場の人で分けてくださいと指示をして預けました。 しかし、数が余り...

    1弁護士回答
  • 業務上横領、飲食店、返済

    犯罪・刑事事件横領

    私は約一年半前から飲食店の売上を横領しました。基本的に伝票などレジ関係は自分で管理しておりました。伝票を抜いたり、書き換えなどをして横領致しました。 先月にそれを上司から指摘され...

    7弁護士回答
  • これは横領に当たりますか?

    犯罪・刑事事件横領

    個人事業主です。 委託契約でと顧客宅へのサービスをおこなう仕事をしています。 物品などの販売ではありません。マッサージなどのサービスです。 顧客から頼まれて個人的に伺うようになりま...

    4弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

横領事件を扱う弁護士を探す

横領の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. レイプになるのでしょうか?
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノ摘発による購入者の検挙、逮捕について

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 児童ポルノ摘発相次ぐ…「17歳説」もある宮沢...
  2. 東京で絶滅危惧種「ツキノワグマ」を許可され...
  3. 高校教諭が受験予定の中学生母にキス、受験辞...
  4. 「白雪姫」を目覚めさせる王子さまの「キス」...
  5. 警察の「だまされたふり作戦」にお墨付き…最...
  6. 「冤罪がまかり通る世の中を身をもって知った...
  7. アイドルファンの遠征で横行する「キセル手助...