弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

横領

2016年05月26日

従業員による着服・横領事件が起きた場合の刑事告訴や解雇の注意点

従業員が旅費などを不正に申告し、会社のお金を着服していた場合には、被害額の回収やその従業員の解雇をしたいと考えるでしょう。その場合には、恐喝や権利の濫用とならないように注意する必要があります。

目次

  1. 刑事告訴を材料とした恐喝
  2. 横領での解雇の正当性

刑事告訴を材料とした恐喝

示談交渉を行う際には、刑事告訴をしないことを引き換えに、被害額よりも高額な示談金を請求するケースも多いものです。 刑事告訴は、被害者に認められた権利ですので、交渉の中で「返済ができないなら刑事告訴せざるを得ない」といった発言をするのは問題にはなりません。 しかし、法外な金額を提示しながら「示談金が払えないなら刑事告訴するぞ。」などと言うと、恐喝になり得るため注意が必要です。いくら相手が犯罪者であっても、法外な示談金を支払う義務はなく、それを強要してはならないのです。

横領での損害賠償責任

では、横領した従業員の損害賠償責任はどの程度まで認められるのでしょうか。 まず、当然ながら被害額は全額認められます。また、年利5%の遅延損害金も認められます。もし、他社から預かっていたお金を着服して、相手方にも迷惑をかけ、関係解消など起これば、その損失額も認められるでしょう。 示談においては、迷惑料として被害額プラスαを請求するケースもありますが、それ自体は責任の範囲外です。

横領での解雇の正当性

横領した従業員が現在勤務中なのであれば、解雇したいと思うこともあるでしょう。 横領を理由として懲戒解雇の正当性は、過去の裁判でも認められており、横領した従業員を解雇しても権利の濫用には当たりません。10万円程度の横領でも解雇が認められた判例もあります。 しかし、懲戒解雇が不当とされるケースもあるため注意が必要です。例えば、まだ事件の全容が明らかになっていない段階で、担当者を犯人と決めつけて解雇したり、以前にも同様の横領事件が起きていて、その際には解雇ほど重い処罰でなかった場合などは、裁判でも不当と認められています。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

横領に関する法律相談

  • 従業員による架空請求による業務上横領

    犯罪・刑事事件横領

    先月末に整理解雇したパート従業員から 自身で作成した出勤簿が労働基準監督署へ提出され、給料支払い請求が来ました。 出勤は一切していないのに、それを見せてもらうと25日出勤と残業も10...

    1弁護士回答
  • 1度分納を書面で約束。一括に変更しないと告訴

    犯罪・刑事事件横領

    チャージ式のプリペイドカードに、会社に隠して無断でチャージを繰り返しそれがバレて総額850万円の返済を求められました。 1度目の話し合いは業務上横領として告訴せず、自己退社と言う...

    1弁護士回答
  • 義務の無い借金を給料と相殺 社長を刑罰に問えるか

    犯罪・刑事事件横領

    勤めていた会社を辞めたのですが2ヶ月分の給料が未払いです。 社長は「お前の親族は俺に借金がある。だから借金とお前の給料を相殺する」と言ってました。 借金の総額は不明、借用書や念書...

    1弁護士回答
  • 責任役員会議の法的効力及び資金回収・告訴について

    犯罪・刑事事件横領

    私はある宗教法人の寺の代表役員に成りました。私は前住職にその寺のお金(責任役員会議無し)と別途お金を合わせて3000万円渡しました。現在私はその寺の代表役員を辞任しています。現在の...

    1弁護士回答
  • 占有離脱物横領罪のその後

    犯罪・刑事事件横領

    社会人 18歳 初犯です。 警察からの取り調べ、調書、写真指紋やDNAをとった後、検察に書類が送られると言われたのですが、どのくらいで呼ばれますか?

    3弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

横領事件を扱う弁護士を探す

横領の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. 公然わいせつ罪に対する被害届
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノのダウンロード履歴から逮捕されることはありますか?

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 「盗撮被害」にあい、容疑者逮捕…示談金を受...
  2. AKB総選挙で須藤凜々花さん「結婚宣言」、投...
  3. 性犯罪、刑法改正でも抜け穴「強い暴行・脅迫...
  4. 性暴力の相談「警察は顔見知りからの被害を嫌...
  5. 淫行問題の小出恵介さん、相手女性と示談成立...
  6. 山手線の新型車両に「防犯カメラ」設置へ…痴...
  7. 「指名手配犯」とやりとりした弁護士、居場所...