ベストアンサー

着服、横領発覚前の退職と懲戒解雇について。

悪いこととはわかっていましたが着服、横領を何度もしてしまいました。しかし現在は発覚しておりません。ただ、近々転勤の辞令が出ることになり発覚が時間の問題の状況です。
転勤の辞令は2月の末頃です。着服、横領が発覚するとすれば3月末~4月末頃だと思います。この転勤の辞令の際に退職(自己都合)したあとに着服、横領が発覚した場合の追求や処分等はどうなるのでしょうか?また有休消化中の処分等も、ありえるのでしょうか?、
相談者(757171)からの相談
2019年01月31日 07時13分

みんなの回答

吉田 英樹
吉田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府1 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
お困りかと思いますので、お答えいたします。
まずそもそも退職後であっても、当然に民事上の損害賠償請求や、刑事告訴は考えられます。また処分の問題は、実質的には、退職金などの不支給等の問題かとは思いますね。こちらとしても、弁護士に面談相談しながら、今後の対応について検討しておかれた方がよいと思います。
一般的なお答えとなり恐縮ですが、ご参考に頂ければと思います。

2019年01月31日 07時27分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
> この転勤の辞令の際に退職(自己都合)したあとに着服、横領が発覚した場合の追求や処分等はどうなるのでしょうか?

→損害賠償請求をされる可能性があります。
額によっては,刑事事件化される可能性もあると思います。

返済資金の準備をされておいた方がよろしいかと存じます。


また有休消化中の処分等も、ありえるのでしょうか?、

例えば,解雇の可能性はあると思います。


ご参考までに。

2019年01月31日 07時33分

相談者(757171)
ご回答ありがとうございます。
追加で確認させてください。
懲戒解雇が免れれば正直退職金は気にしておりません。実際入社し6.7年ほどですので。
どちらかと言えば今後の実生活に置いての方が最重要課題です。再就職等を考えたときに不利になる度合いがどれくらいなのか教えて下さいまた損害賠償請求や刑事告訴になるとどのような状況になりますか?

2019年01月31日 07時33分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
> 退職(自己都合)したあとに着服、横領が発覚した場合の追求や処分等はどうなるのでしょうか?また有休消化中の処分等も、ありえるのでしょうか?、

ありえます。
退職も、遡ってとり消されて懲戒解雇の可能性もあります。
会社の意向によっては刑事処分の可能性もあるでしょう。
特に今の時期に発覚しそうとして退職すれば、刑事処分を逃れるための逃亡の準備などの行為とみられるリスクもあるように思います。

損害賠償や退職金返還などもありうるでしょう。
弁護士と相談しつつ、早めに自主的に話されるほうがよいように思います。

> 再就職等を考えたときに不利になる度合いがどれくらいなのか教えて下さいまた損害賠償請求や刑事告訴になるとどのような状況になりますか?

私見では、相当のお金を用意して早めに会社に申し入れて弁済することで示談していくほうが、少しでもマシではないかと思います。
会社が示談と退職金は自主返納してでの自己都合退職などに応じてくれれば(相手次第ですが)、刑事処分を受けての懲戒解雇より、再就職で相当に違いがあるでしょう。

2019年01月31日 07時40分

吉田 英樹
吉田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府1 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
1 再就職の点は、新しい会社の判断にもよりますのでなんとも言えないところがありますが、もちろん懲戒解雇とされないほうがよいとは思います。
2 民事訴訟が提起される場合には、まず内容証明等で請求されることが多いと思います。その後に訴訟提起がなされる可能性もあります。刑事事件になれば、まずは警察から事情聴取をうけ、その後に検察から事情聴取され、検察から処分がなされます。処分としては、不起訴や、起訴が考えられますね。
3 可能であれば、会社と協議していくことが考えられますね。そのなかで、今後の返済計画に基づく合意書を締結することも考えられます。合意書には、退職方法や、刑事告訴しないことなどを定めていくことになると思います。

2019年01月31日 07時59分

相談者(757171)
ご回答ありがとうございます。

今まではあくまで発覚が数ヵ月後での問い合わせでしたが仮に、内部通報・内部、外部監査で発覚した場合も同様の流れや手続きになるのでしょうか?

2019年01月31日 10時15分

吉田 英樹
吉田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府1 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
ケースバイケースですので、何ともいえませんが、民事事件や、刑事事件として処理されるかについては違いがありません。率直にいえば、早めに弁護士に面談相談しておき、少なくとも継続的に相談できる弁護士を探しておかれた方がよいと思います。

2019年01月31日 10時21分

この投稿は、2019年01月31日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

横領罪とはどのような犯罪か|罪が成立する要件と刑罰の内容

友達から借りている物を勝手に売るなど、他人から預かっている物を自分の物として扱うような行為は「横領罪」にあたります。この記事では、横領罪につ...

従業員による着服・横領事件が起きた場合の刑事告訴や解雇の注意点

従業員が旅費などを不正に申告し、会社のお金を着服していた場合には、被害額の回収やその従業員の解雇をしたいと考えるでしょう。その場合には、恐喝...

業務上横領など横領罪で逮捕された場合の懲役の刑期と対処法

会社のお金などを着服したり、他人から借りたものを返さない場合には、横領罪として逮捕される可能性があります。業務上横領罪では罰金刑がなく、執行...

業務上横領罪とはどのような犯罪か|罪が成立する要件と刑罰の内容

会社の経理担当者が会社のお金を自分の物にするなど、業務として管理している物を自分の物にすると「業務上横領罪」にあたります。この記事では業務上...

遺失物横領罪とはどのような犯罪か|罪が成立する要件と刑罰の内容

電車や道ばたに落ちていた財布を持って帰るなど、他人の落し物を拾って自分の物にすると「遺失物横領罪」にあたります。この記事では、遺失物横領罪に...

この相談に近い法律相談

  • 横領発覚後、処分を受けて、退職は可能でしょうか?

    約1年間、旅費の領収書を偽造したり、キャッシュバック有りのホテルに宿泊し、約15万円の横領を行ってしまいました。9月度の給料天引きにて全額支払いました。また、一般社員に降格、かつ大阪本社への転勤を命じられました。その際、定年まで働けるだけ働いて、罪を償いたいと会社には伝えましたが、今後、退職は可能でしょうか?今のま...

  • 横領発覚で退職金はどうなるか?

    回答よろしくお願い致します。 お恥ずかしいお話しですが会社に横領がバレたのもあり退職する事にしました。この時点で会社からは特に懲戒解雇などのお話しはまだしていませんでした。 顛末書などを記入したりして今現在は処分待ちなのですが懲戒解雇、告訴にはせず自主退社の形をとるとの事になりそうとの話をききました。 私事なの...

  • 横領発覚後の処分について

    先日、部署のトップが横領している事がわかりました。 手口は部署内の社員に飲み会を開かせて、参加したアルバイト、契約社員、社員には飲み代を徴収し、全額領収書発行し、会社から現金化して受け取るというものです。 これを参加していた管理者が、会社上層部に通報、その上司も解雇、、、と、思いきや、一階層降格と部署異動のみ...

  • 横領発覚後からの手続き

    業務上横領をし、現在自宅待機となっております。 先日上司と今後の話し合いをおこない、横領額の早急の弁償とこのまま仕事を続けることは申し訳ないということもあり退職の意向を伝えました。 ただ、横領ということで懲戒解雇になると思います。 上司より連絡があり、退職願を出してと言われました。 後日、顛末書と謝罪文、弁償の...

  • 退職後に横領が発覚してしまった場合について

    私は営業をしていたものです。先日、会社のお金(五万)をこっそり使ってしまい戻したのですが、即発覚、即退社となりました。ほかに金銭的な問題は無いかと質問され、実はお客様に払っておいてくれとお金(5千と4千の二件)を渡され、そのままにしてしまっていた問題があったのですが、無いと答えてしまい自己都合による退社となりま...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

横領に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

横領の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。