所有権‥

自分に所有権がある物(動産、不動産)であっても、他人の制限物権や担保物権がついていたら、勝手に処分したら刑法に引っかかりますか?

器物損壊とか横領とか‥

あと所有者でなくとも占有権がある人の物をを壊したら、器物損壊にはならないですよね?
2015年06月03日 21時45分

みんなの回答

高岡 輝征
高岡 輝征 弁護士
犯罪・刑事事件に注力する弁護士
弁護士が同意4
ベストアンサー
ありがとう
基本的に、刑法には該当しません。

ただし、占有の場合、器物損壊に該当する可能性はあると思います。

2015年06月03日 22時34分

相談者
>ただし、占有の場合、器物損壊に該当する可能性はあると思います。

占有者は民事刑事ともに責任を追求できるんですか?

2015年06月03日 23時43分

相談者
占有者が持っている物を、所有者が、所有権だけを移転しても、占有者に対して犯罪ではないですよね?

借りている物の所有権者が、占有者の許可なく変わっていても‥

2015年06月03日 23時51分

この投稿は、2015年06月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

横領罪とはどのような犯罪か|罪が成立する要件と刑罰の内容

友達から借りている物を勝手に売るなど、他人から預かっている物を自分の物として扱うような行為は「横領罪」にあたります。この記事では、横領罪につ...

業務上横領罪とはどのような犯罪か|罪が成立する要件と刑罰の内容

会社の経理担当者が会社のお金を自分の物にするなど、業務として管理している物を自分の物にすると「業務上横領罪」にあたります。この記事では業務上...

遺失物横領罪とはどのような犯罪か|罪が成立する要件と刑罰の内容

電車や道ばたに落ちていた財布を持って帰るなど、他人の落し物を拾って自分の物にすると「遺失物横領罪」にあたります。この記事では、遺失物横領罪に...

業務上横領など横領罪で逮捕された場合の懲役の刑期と対処法

会社のお金などを着服したり、他人から借りたものを返さない場合には、横領罪として逮捕される可能性があります。業務上横領罪では罰金刑がなく、執行...

従業員による着服・横領事件が起きた場合の刑事告訴や解雇の注意点

従業員が旅費などを不正に申告し、会社のお金を着服していた場合には、被害額の回収やその従業員の解雇をしたいと考えるでしょう。その場合には、恐喝...

この相談に近い法律相談

  • 先取特権のついた建物

    抵当権のついた建物等を、所有者が抵当権者の許可を得ずに勝手に取り壊したら、建造物損壊罪が成立する余地がありますが‥ 先取特権のついた建物についても同様なんでしょうか?実際 抵当権と同じ「物権」ではありますが‥

  • 所有者の責任を問えるでしょうか

    他人の敷地内に無断で入り敷地内の建物の軒下に居たときに、建物の一部が落ちてきてけがをした場合等、建物の所有者に損害賠償や刑事責任を問うことはできるでしょうか?怪我をしたのが成人か、子供で違いはあるでしょうか?判例があれば紹介してください

  • 使用借の未登記建物の取壊

    使用借の未登記建物がある土地を購入して、その建物を自費で取り壊そうと思うのですが、建物の所有権者が不明確です。役所に大正時代の徴税記録があるので、建てた人を特定することは可能ですが、すでに亡くなっていて相続人がたくさんいそうです。土地の所有者は建物の所有権についてはあいまいな返答ですが、本人も相続権者の一人です...

  • 器物損壊 横領。横領ではないですよね?

    人から借りたものを故意に破壊すれば器物損壊ですよね?横領ではないですよね?

  • 動物の死体の所有権・占有権について

    野生の動物等が死んだ場合、その所有権や占有権は死んだ土地の所有者のものになるのでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

横領に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

横領の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 被害者支援、制度を使ってなぜ「つらさ」は増...
  2. 「アサヒカメラのカメラマン」名乗り、痴漢は...
  3. 「海外に売り飛ばすぞ!」風俗スカウト会社か...
  4. 「レオパレスを建築基準法違反で捜査して」 ...
  5. 「自分好みの髪の毛だった」 夜行バスで女性...
  6. 北九州最大の「ソープ」を摘発、なぜここだけ...
  7. 泥酔→タクシー無賃乗車、「本当になにも覚え...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。