窃盗や横領になるのか

公開日: 相談日:2021年02月22日
  • 2弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

知人が、飲食店である職場で○○円の飲食で1枚配られるという抽選券を、職場から無断で大量に持ち帰り、その抽選券を使って家族と共に抽選を行い大量の景品を貰っていました。
景品にはティッシュやお菓子、職場であるテナントが入っているショッピングモールのお買い物券といったものがあったようで、そのお買い物券で家族が時計を買ったりしたと聞いています。
他にもその知人は店の備品(ドレッシングやチーズやお茶のパック)も持ち帰っていたようです。

職場や抽選を行っていたショッピングモールに知らせた場合、この知人は窃盗や横領などの罪に問われるのでしょうか?
また、一緒に抽選を行った知人の家族にも何か罪が問われるのでしょうか?

1000906さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    佐賀県1位

    大和 幸四郎 弁護士

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    @こんにちは。以下私見です。
    > 職場や抽選を行っていたショッピングモールに知らせた場合、この知人は窃盗や横領などの罪に問われるのでしょうか?
    @窃盗罪と思います。
    > また、一緒に抽選を行った知人の家族にも何か罪が問われるのでしょうか?
    @上記事情を知らなければ、罪には問われないと思います。

  • 弁護士ランキング
    佐賀県2位

    吉丸 雄輝 弁護士

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    知人が職場の許可を得て抽選券を持ち去ったのであれば別ですが,抽選券を持ち去った行為につき,職場を被害者とする,窃盗罪が成立するものと考えます。
    現時点での情報からすると,抽選券の占有は職場にあるので,横領ではなく窃盗になります。いずれにしても被害者は職場です。

    知人家族にも,上記窃盗の共犯(共同正犯)が成立する可能性はあります。しかし,一緒に抽選を行なった知人家族が,「職場から盗んだ抽選券だとは知らなかった」,「窃盗のため何ら家族は役割を果たしていない」と判断された場合,知人家族には窃盗罪が成立しないものと考えます。この辺りは,家族間でどのような話し合いがなされていたのか,家族がどのような役割を果たしていたのかによります。

    ショッピングモールについてですが,抽選券自体は,偽造したものでもなく真性のものなので,ショッピングモールを被害者とする詐欺は成立しないものと考えます。

    通報するならば職場でしょうか。その後,職場の判断で警察にも通報するかが決まることが多い印象です。

  • 相談者 1000906さん

    タッチして回答を見る

    先生方、回答ありがとうございます。

    抽選券はショッピングモールでも同じものが配られており、条件通りの○円以上の飲食や買い物をして得たわけではない不当に取得した抽選券を使用して品物を得ているのでそこも罪になるのかと思っていたのですが、あくまでもお店から盗んだという部分のみ罪になるという事でしょうか?

  • 弁護士ランキング
    佐賀県2位

    吉丸 雄輝 弁護士

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    タッチして回答を見る

    不当に取得した抽選券を使用して品物を得ているのでそこも罪になるのかと思っていたのですが、あくまでもお店から盗んだという部分のみ罪になるという事でしょうか?
    →そう考えます。
    「不正に取得した抽選券であれば使用させなかった」ということであれば,ショッピングモールを被害者とする詐欺罪が成立する可能性はありますが,私は職場を被害者とする窃盗罪が成立するものと考えました。偽造した抽選券であれば詐欺罪が成立するのも明らかだと思いますが,真性な抽選券なので,不成立だと考えます。

  • 相談者 1000906さん

    タッチして回答を見る

    吉丸先生、ありがとうございます。

    窃盗とは違うかもしれませんがもう一点質問です。

    知人はその他にも、ラーメン店の来店ポイントを来店していないにも関わらず不正に取得して、貯まったポイントでラーメン1杯無料や餃子無料に引き換えているようなので、これも罪になるのであれば併せて通報しようかと考えていますが、こちらは何かの罪に問われますか?

  • 弁護士ランキング
    佐賀県2位

    吉丸 雄輝 弁護士

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    タッチして回答を見る

    不正に取得した方法がどのようなものかにもよるかと考えます。
    例えば,昨年10月頃に話題になったGO To Eatキャンペーンのオンライン飲食予約によるポイント還元の方法であれば,不適切ではありますが明確に犯罪であるとは言いがたいです。検挙されたとの話も私は聞いたことはありません。

    その点を警察に通報したとしても,警察は「ラーメン屋が被害者だからラーメン屋から被害届が出ないと動けません」などと回答する可能性もあります。
    また,抽選券の事案も同じですが,証拠上,検挙が難しい場合もあります。
    ですので,この段階で何らかの犯罪が成立するとは言い切れません。

    警察に情報提供することは自由に行なうことができるので,詳しい方法を伝えて警察の判断に従うというやり方はありだと思います。

  • 相談者 1000906さん

    タッチして回答を見る

    不正取得の方法としては、通常お店にあるQRコードを読み込んでポイントを貯めるのですが、知人はそのQRコードを写真に撮り自宅でその写真からQRコードを読み込みポイントを付けていました。

    知人からはその不正に取得した大量の抽選券の写真が送られてきているので、一応それをプリントして警察に情報提供してみます。さすがに色々と度が過ぎている行いだと思うので…

この投稿は、2021年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから