不倫の慰謝料請求で相手の行為は恐喝未遂に該当するのか

公開日: 相談日:2021年04月09日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
不倫相手の元奥さんの行動について

慰謝料請求されています
はじめて元奥さんからSNSから連絡来た時、貴方の住所や名前を探偵をやとって分かってるのでブロックしても無駄ですよと伝えられました。

その後、私はどうしても親にバレたくなかったので
親に言わないでくれと伝えたのですが
慰謝料の交渉中に、親に言う、私の両親に直接お話させていただきます、私の実家に弁護士を通して書面送る、私の実家に直接来る等いってきます…。
さすがに身体的に参ってしまい、
弁護士を雇いましたが、私の弁護士にも嘘をつき私の実家にもう書類送りましたと言われ、何日間かいつ届くのかと不安で眠れない日々も過ごしました。

その後わかった事実で、探偵を雇っておらず
私の住所なども知らなかったらしいです。
また、慰謝料に関して不倫した彼から十分な慰謝料貰っているらしく
こちらは困っております。
恐喝未遂のことを私の弁護士に話しましたが、訴える旨はほかの弁護士に頼んで欲しいと伝えられました

ここで質問なのですが

【質問1】
これは恐喝未遂にはなるのでしょうか?
証拠のLINEは全て別ケータイで録画してます。

【質問2】
恐喝未遂で元奥さんを訴えることは出来ますか?
不倫が発端なので難しいとは思っています。

1015920さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    広島県2位

    井上 祐司 弁護士

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    発端が不貞行為だからというよりも、脅迫行為の定義である、生命・身体・名誉・財産に対して害を加える旨の告知が認められるかどうかの問題であると思います。
    脅迫罪の構成要件に該当すると考えることは不可能ではないと思いますが、警察が事件を受理して捜査を行うかというと、微妙な事案ではないかと思います。


この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから