警察での書面について

公開日: 相談日:2021年02月09日
  • 1弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

相談の背景
社内盗難で疑われて2度目の取り調べに行くことになりました。
被害があった時間に外に出る私の姿が写っている事、盗難されたスマホの位置情報が私の自宅付近50m範囲にあった事、ポリグラフで1つ反応が出たと言われ疑われています。

先日、書面にしたいから来てくれと警察から呼び出しされました。
そこで先生方に質問です。

質問1
①次の取り調べで書面にしたいと言われたのですが、書面とは供述調書ですか?
②書面にされると言う事は私は起訴されるんでしょうか?
③書面にされる際、気を付ける事はありますか?
④今後どのような対応をした方が良いでしょうか?

996165さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    滋賀県1位
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    ご不安のこととお察し致しますので、一般論にはなりますがお答え致します。

    > ①次の取り調べで書面にしたいと言われたのですが、書面とは供述調書ですか?

    →おそらく警察としては供述調書を作ろうとしている可能性が高いと考えられます。

    > ②書面にされると言う事は私は起訴されるんでしょうか?

    →供述調書を作ろうとしているからといって、必ず起訴される予定とは限りません。
    捜査は警察がしますが、供述調書等の捜査資料をもとに起訴・不起訴を判断するのは検察官になります。

    > ③書面にされる際、気を付ける事はありますか?

    →供述調書は、作成に応じる義務があるわけではありません。また、内容があなたの認識や事実と異なる場合には、署名押印を拒否することも可能ですし、訂正を求めることも可能です。

     供述調書の作成のための事情聴取(取り調べ)には応じるとしても、作成の最後【署名押印の前)には必ず読み聞かせと言って供述調書を取調官が読み上げます。そこで納得がいかない点があれば訂正を求め、それでも直してもらえなければ署名押印は拒否することをお勧めします。

     供述調書で罪を認めたような内容があると、その内容は起訴不起訴の判断の際に重要視されるので、気をつけてください。

    > ④今後どのような対応をした方が良いでしょうか?

    →あなたが実際に窃盗行為をしていないのであれば、上述したように、事実と異なる供述調書には署名押印しない、という方針を毅然として貫くべきだと思います。

  • 相談者 996165さん

    タッチして回答を見る

    わかりやすく教えて頂きありがとうございます。
    防犯カメラに外に出た私の姿が映っていたと言われ疑われていますが盗んだ映像がないのに何故私が疑われているのかわかりません。それが証拠と言われていますが犯行映像がないのに証拠にされるのでしょうか?

  • 弁護士ランキング
    滋賀県1位
    タッチして回答を見る

    > 防犯カメラに外に出た私の姿が映っていたと言われ疑われていますが盗んだ映像がないのに何故私が疑われているのかわかりません。それが証拠と言われていますが犯行映像がないのに証拠にされるのでしょうか?

    →犯行時点の映像が映っていないのであれば、犯罪を立証する直接的な証拠にはならないでしょう。

     ただ、被害の前後に被害場所付近にいたとか、通常の業務では立ち寄らない場所にいる姿が映っていたなどの場合、それだけで起訴するだけの証拠にはなりませんが、他の事実や証拠と相まって間接的な証拠の一つとしては扱われる可能性はあるように思います。

  • 相談者 996165さん

    タッチして回答を見る

    警察から疑われている点
    ①被害があった時間に外に出る(休憩時間でした。)私の姿が写っている事。(ドライブレコーダーと言ってました)盗難場所は更衣室だったそうです。
    外に出た人が数名しかいなかった様です。

    ②盗難されたスマホの位置情報が私の自宅付近50m範囲にあった事。

    ③ポリグラフで1つ反応が出たと言われた。

    これだけ証拠があるのは何故認めないのかと聞かれ、 私がお昼休憩の為、外に出た事は確かですがその他2点についてはわからないので何も言えませんと伝えました。

    毎日モヤモヤした気持ちでいます。
    冤罪で起訴や逮捕される事はあるのでしょうか?

  • 弁護士ランキング
    滋賀県1位
    タッチして回答を見る

    > 毎日モヤモヤした気持ちでいます。
    > 冤罪で起訴や逮捕される事はあるのでしょうか?

    →ご記載されている①から③の証拠だけですと、強制的に逮捕や起訴をするだけの材料としては乏しいのではないかと思われます。

     だからこそ、自白が必要と考え、無理にでもあなたに自白させようと警察としては考えているのではないでしょうか。
     もしそうであるならば、あなたとしては何と言われようと事実と異なるような供述はできない、というスタンスを貫くことが、逮捕や起訴にならない可能性を高めることになるのではないかと思います。

  • 相談者 996165さん

    タッチして回答を見る

    毎日不安な気持ちで生活してますが、中井先生のお言葉で少し気持ちが楽になりました。
    盗難の捜査は7年間続くと言われ、この先まだまだ不安な事があると思いますが頑張ってみようと思います。
    わかりやすく教えて頂きありがとうございました。

この投稿は、2021年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから