自転車の防犯登録確認を深夜に実家に来てやる必要性

公開日: 相談日:2020年10月02日
  • 1弁護士
  • 1回答

つい先日の話です、自分は成人している実家暮らしの男です。
深夜2時ごろ近所のスーパーに買い物に自転車で行った帰りに警官に防犯登録の確認をされました。
(確認をされたのは実家から100mぐらいの所、ライトは点灯させても鍵もついている状態)
自分の自転車が壊れていて父の自転車を借りていたのですが、防犯登録されていた名義と自分の名前が違っていたらしく、問題に。

父は昔マンションの管理人をしていて住人の方の使わなくなった自転車を譲り受けたかもしれないと説明したのですが、
深夜にもかかわらず実家を訪ねて、寝ている父を起こして自転車をどういう経緯で入手したのかを確認されました。

父は防犯登録確認の際に自分が言った通りマンションの管理人を昔していてそこの住人の方に使わなくなった自転車を譲り受けたと説明。譲り受けた方と防犯登録の名義が合っていたらしく警官の方は帰って行きました。

ここからが本題です。
防犯登録確認の際に自分は身分を証明するものを持っていなかったのですが、口頭で住所、名前も言いました。
(防犯登録確認の場所と実家はすぐ近くの所です)
自分達が防犯登録の名義を変えていなかった為に起きた事で自業自得は承知しているのですが、この場合、日時を変えて常識ある時間に確認を取りに実家を訪ねてもらう事は可能だったのでしょうか。

960748さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位
    タッチして回答を見る

    可能かどうかと問われれば、可能でしょう。
    ただ、警察の個別判断による対応ですので、そうしなければならない、というほどのことではありません。
    むしろ、自転車盗を疑っているのなら、実際に乗っている状態を確認できた直後に所有者等の確認を行うことは、一般的な対応かと思います。

この投稿は、2020年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから