窃盗 在宅起訴 これからの流れ

今覚せい剤の保護観察付き執行猶予期間中で今回窃盗で在宅で捜査が進み今日裁判所から起訴状が届きました。弁護人の選任の書類を期日までに送り返したあとは国選弁護人が決まってから裁判の日にちが決まるんですか?その場合はまたなにか書類が届くんですか?それとも決まった国選弁護人から連絡があるんですか?
あゆあゆさん
2015年12月25日 22時34分

みんなの回答

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県5 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
裁判の期日は、裁判所と検察官と弁護人の都合によって決りますので、弁護人が選任されてから決ります。期日が決った場合には裁判所から通知があります。また、弁護人からも打ち合わせのための連絡があるでしょう。現在、保護観察付き執行猶予中で、今度の判決の時にも執行猶予期間中の場合は、今度の判決に(有罪なら)執行猶予は付けられず(罰金刑になれば別ですが、それは殆ど期待できない)、必ず、実刑となり、前刑の執行猶予も取消され、その刑も合わされて服役することになりますので、その覚悟をしておくべきでしょう。

2015年12月25日 22時41分

この投稿は、2015年12月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

空き巣や万引きなど窃盗罪で逮捕された場合の流れや量刑相場

窃盗罪は、他人の物を許可なく盗むことで成立する犯罪です。被害金額も様々ですし、物を盗んだ時の状況から窃盗罪とは別の犯罪が成立する可能性もあり...

窃盗・万引きの示談金相場と慰謝料や損害賠償

窃盗や万引きを犯せば、当然ながら盗んだものを持ち主に返却、あるいは相応の金額を支払って弁償しなければなりません。窃盗事件が起き、加害者が特定...

空き巣やスリ・ひったくりなど、物を盗まれたときの対処法

留守中に空き巣に入られ金品を盗まれてしまった。路上でひったくりに遭ってしまった。いざ自身が被害に遭ってしまったら、警察に相談する以外に何がで...

覚せい剤取締法違反で逮捕された際の刑期と裁判までの流れや対処法

ここでは、覚せい剤取締法違反の罪に問われている場合、どのような刑罰が科されるのかについて、量刑の相場とともに説明します。逮捕・勾留中における...

この相談に近い法律相談

  • 控訴審の弁護士変更について

    初めての常習累犯窃盗一審判決が終わり、在宅起訴中でしたが控訴しました。今までも私選弁護士だったため、裁判所に私選弁護人に以来することを一回書面で送りました。、私選弁護士からの正式な選任届けを出す直前に、費用の問題などから、国選弁護人にかえることはできますか?

  • 即決裁判、執行猶予とは

    14年前に覚醒剤で逮捕、実刑となりました。 今回、譲り受けとして起訴されました。 尿検査、家宅捜索、取り調べの一般的な証拠は 無く 売人の携帯メールから、私との取引内容を見せられました。 これが譲り受けた証拠となり 逮捕されず在宅起訴になり今、裁判所より弁護士さんの要請資料が届いて裁判所へ弁護士の依頼書を送って、...

  • 国選弁護人の業務について

    ある事件で起訴され公判を控えてるのですが、だいぶん前に裁判所から弁護人選任通知がきました。しかし、当の弁護人から連絡は全く無く、もうすぐ公判期日なのですが国選弁護人の場合これはよくあることでしょうか? また、最初の裁判所の郵便物に弁護人選任に関する回答書が入っていましたが、返信していませんでした、すると裁判所...

  • 二審の弁護士について

    覚せい剤取締法違反と公務執行妨害で、3年半の実刑判決がでました。一審の裁判時は国選弁護士で、保釈してもらいました。現在は控訴をして拘置所に居ますが、二審裁判もできれば、一審の弁護士さんにお願いしたいのですが、私選弁護士として依頼しないと無理なのでしょうか? 今回も二審裁判日まで、保釈をしたいのですが、弁護士さんが...

  • 裁判官の訴状検閲の後の日程

    訴訟を提起しました。裁判官の書類の検閲が終わったぐらいのところだと委任弁護士から連絡がありました。この後法廷の日程が決まり特別送達が出されるまでどのくらいかかりますか‥?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

窃盗・万引きに注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

窃盗・万引きの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  2. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  3. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  4. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  5. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  6. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  7. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。