刑罰の適用に関して。..という理解でいいですよね?

①「14歳未満」が「刑法に触れる行為」をしても刑罰に関して「少年法」が適用され、

②「14歳以上20歳未満」なら「刑法に触れる行為」をしても刑罰に関して「原則少年法が適用されるけれども、死刑、懲役、禁固等の罪を犯したら刑法」が適用される可能性もある

③「20歳以上」なら「刑法に触れる行為」をしたら「刑法」が適用される

‥という理解でいいですよね?

以前バイト先のコンビニで、万引きした15歳の中学生がいたのですが、店が提出するその子の関する被害届に「窃盗の被疑者」との明記がされていましたが、刑法に触れる行為をしても少年法で裁かれますよね?
ぜろさむさん
2015年03月25日 17時44分

みんなの回答

ぜろさむ さん (質問者)
少年法に処罰規定はなかったですよね‥なんか手続き的な規定しか無かったような

2015年03月25日 20時45分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ベストアンサー
ありがとう
少年法に処罰規定はなかったですよね

処罰というより、「処分」ですね。
不処分ということも考えられます。

2015年03月26日 05時56分

この投稿は、2015年03月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

勾留の期間や請求期限、必要要件などの基礎知識と勾留を回避し釈放されるための対処法

日常用語と化している「逮捕」に比べて、「勾留」という言葉はあまり知られているとは言えません。しかし、行動の自由を制限される期間の長さから言っ...

住居への不法侵入した罪と逮捕された場合の刑罰

理由なく他人の住居の敷地内に侵入すれば、住居侵入罪として犯罪に当たります。住居侵入罪自体は比較的軽微な犯罪ですが、多くの場合、他の犯罪を伴い...

脅迫罪の懲役・罰金の量刑相場や逮捕・勾留・起訴の流れと対処法

脅迫したつもりがなくとも、脅迫罪に当てはまっていれば、被害者に訴えられて逮捕されてしまう可能性があります。たとえトラブルの原因が被害者側にあ...

業務上横領など横領罪で逮捕された場合の懲役の刑期と対処法

会社のお金などを着服したり、他人から借りたものを返さない場合には、横領罪として逮捕される可能性があります。業務上横領罪では罰金刑がなく、執行...

強盗罪で逮捕された場合の流れと懲役刑の刑期や執行猶予の付与について

人が反抗できないほどの暴力を加えたり、刃物を突きつけて脅迫し、財布や通帳などの金品を奪い取ることは、強盗罪に当たり厳しく罰せられます。ここで...

この相談に近い法律相談

  • 「従犯」の公訴時効について

    従犯や「従犯の刑を科する」とされている者の公訴時効は、正犯や「従犯の刑を科する」とされている者と同じなのでしょうか? (幇助) 第六十二条  正犯を幇助した者は、従犯とする。 2  従犯を教唆した者には、従犯の刑を科する。 (従犯減軽) 第六十三条  従犯の刑は、正犯の刑を減軽する。 (教唆及び幇助の処罰の制限...

  • ソープ嬢と売春の幇助について

    ソープ嬢等の客に性行為を提供する業務についている女性等は、売春防止法の幇助犯等にはならないのでしょうか? ならないとすると、その理屈とはどのようなものですか? (場所の提供) 第十一条  情を知つて、売春を行う場所を提供した者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。 2  売春を行う場所を提供すること...

  • 刑法の共犯と民法の共同不法行為について

    刑法の共犯の概念と民法の共同不法行為の概念は、基本的に同じような状況で適用される概念だと考えて良いものなのでしょうか? 例えば、掲示板等に複数の人が名誉毀損的な書き込みをした場合等は刑事の名誉毀損罪については共犯、民事の名誉毀損については共同での不法行為と評価されるのでしょうか? (共同不法行為者の責任) 第...

  • 掲示板等で共同して人を誹謗中傷をする行為

    掲示板等でスマイリーキクチ氏を誹謗中傷する書き込みをしていた者たちは、それぞれの名誉毀損的な書き込みについて、共犯という扱いになるのでしょうか? 第十一章 共犯 (共同正犯) 第六十条  二人以上共同して犯罪を実行した者は、すべて正犯とする。 (教唆) 第六十一条  人を教唆して犯罪を実行させた者には、正犯の...

  • 人の殺し方等を書いた書物とその違法性について

    人の殺し方を書いた書物等が市販されていますが、それらの書籍の著者等はその本を読んだ者が実際に殺人事件を起こした場合等は、殺人の幇助等の罪には問われないのでしょうか? (殺人に限らず、自殺や麻薬等に関する書物も同様だと思います。)  第十一章 共犯 (共同正犯) 第六十条  二人以上共同して犯罪を実行した者は、す...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

窃盗・万引きに注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

窃盗・万引きの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. Hey!Say!JUMPツアー中止 ファンの「迷惑行為...
  2. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  3. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  4. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  5. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  6. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  7. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。