不法侵入と窃盗罪について

今日の解答を受けて改めて質問です。不法侵入となるには庭が塀で囲まれていたりとの事でしたが敷地内は塀で囲まれています。また業者は産業廃棄物の他に大量の石を持ち去り無断で処理してしまった事に対し 石は家の基礎の補強の物を持ち去ったと話しています。家の基礎って家の購入価格に含まれていませんか?
futenさん
2012年08月01日 20時11分

みんなの回答

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県5 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
業者は、貴方に依頼された産業廃棄物の処置の為に敷地に立ち入ったのでしょうから(約束の日にちと違っていたとしても)、「正当な理由がないのに」という要件を具備せず、住居侵入罪は成立しないでしょう。次に大量の石を持ち出した点ですが、その石が、基礎下に敷かれて建物の荷重を地盤に伝える役目を担っている石だとすると、問題です。しかし、業者が持ち出して処分したというのですから、自分で領得する意思はなかったような気がします。何故持ち出したのでしょうか?いずれにしても、持ち出して処分してしまった場合は、その処分というのが、どこかに売ってお金にしたということですと、窃盗罪が成立する可能性があります(初めからその石を取ろうと思っていたなら、この場合は住居侵入罪も成立するでしょう)。しかし、単に、廃棄処分にしたとすると、業者には不法領得の意思がなく、窃盗罪は成立しません。器物損壊罪が成立する可能性があります。もちろん、民事的には損害賠償請求が可能でしょう。

(住居侵入等)
第百三十条  正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

2012年08月01日 21時47分

この投稿は、2012年08月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

空き巣や万引きなど窃盗罪で逮捕された場合の流れや量刑相場

窃盗罪は、他人の物を許可なく盗むことで成立する犯罪です。被害金額も様々ですし、物を盗んだ時の状況から窃盗罪とは別の犯罪が成立する可能性もあり...

窃盗・万引きの示談金相場と慰謝料や損害賠償

窃盗や万引きを犯せば、当然ながら盗んだものを持ち主に返却、あるいは相応の金額を支払って弁償しなければなりません。窃盗事件が起き、加害者が特定...

空き巣やスリ・ひったくりなど、物を盗まれたときの対処法

留守中に空き巣に入られ金品を盗まれてしまった。路上でひったくりに遭ってしまった。いざ自身が被害に遭ってしまったら、警察に相談する以外に何がで...

住居への不法侵入した罪と逮捕された場合の刑罰

理由なく他人の住居の敷地内に侵入すれば、住居侵入罪として犯罪に当たります。住居侵入罪自体は比較的軽微な犯罪ですが、多くの場合、他の犯罪を伴い...

この相談に近い法律相談

  • 土地収用で空家も居住中の建物と同じように補償されますか。

    所有している土地が道路拡張計画で一部分収用される見込みです。収用されるのは全体の一分ですがその上に空家の一分もかかっています。空家でも居住中の建物と同じように補償されますか。残地の上の建物も補償されますか。行政から収用の話がくる前に建物を解体し後で補償請求は可能?

  • 建物収去土地明け渡。私 の主張は何が可能ですか?

    土地建物、いずれも大家 の所有であつた。 私 は、大家 から本件建物を期間1 年の約定で賃借した。 大家は本件建物を友人 に譲渡したように仮装した。売買を登記原因として友人 への所 有権移転登記手続をした。 友人 から売却の提案を受けた私 は、大家 と友人 との売買が仮装であ ることは全く知らなかった。 大家 は、私 ...

  • 用地の買収と抵抗について

    国や地方自治体による、用地の買収には、どれだけ抵抗しても最終的には取られてしまうのでしょうか?

  • 土地の賃貸借の解除 正当事由

    建物を建てる目的で、土地を借りて、建物を建て、その建物を土地の所有者に無断で他の人に貸したり売ったり(譲渡?)した場合、土地の賃貸借などは解除されますか?

  • 法定地上権の(敷地への)成立範囲について

    競売にて物件を購入致しました。その物件は、土地と主たる建物(競売物件)の他に、土地の上に、目的外建物があり(土地の元所有者が所有)対処に困っております。 詳細は、土地約200坪の上に建物約40坪+目的外建物約15坪があり、土地の元所有者が目的外建物を倉庫として所有しておられます。 調べてみたところ、法定地上権は成立する...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

窃盗・万引きに注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

窃盗・万引きの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. Hey!Say!JUMPツアー中止 ファンの「迷惑行為...
  2. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  3. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  4. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  5. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  6. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  7. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。