弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

傷害

2016年05月26日

傷害罪とはどのような犯罪か?構成要件と事例、暴行罪や過失傷害罪との違い

傷害罪は、しばしば喧嘩などの際に問題となることが多い罪です。しかし、一見傷害罪のように見えても、暴行罪や過失傷害罪、殺人罪となる場合もあります。ここでは、傷害罪はどのような場合に成立するのか、他の罪とどのように違うのかを説明します。

目次

  1. 傷害罪が成立するには
  2. 傷害罪と暴行罪の違い
  3. 傷害罪と過失傷害罪の違い
  4. 相手が死亡してしまったら

傷害罪が成立するには

傷害罪が成立するためには、次の二つを満たしている必要があります。

  • 傷害を負わせたこと
  • 故意に(わざと)暴行したこと

この二つの要件のいずれを欠いても、傷害罪は成立しません。 なお、傷害とは、身体的な怪我だけにとどまらず、ノイローゼなどの精神疾患も含みます。例えば、嫌がらせ電話をかけ続けた結果、精神衰弱症になった場合にも傷害罪が成立します。

傷害罪と暴行罪の違い

傷害罪と暴行罪は、意図的に暴行を加える点で共通します。しかし、暴行を加えたものの、傷害がなかった場合には暴行罪が、あった場合には傷害罪が成立する点で異なります。 暴行罪は、狭い室内で包丁を振り回す行為も、人に当たらなかった場合などに成立します。詳しくは「暴行罪の構成要件と事例 - 何が暴行か?どこからが暴行罪か?」をご覧ください。 なお、傷害罪が成立するためには、必ず医師の診断書が必要となります。

傷害罪と過失傷害罪の違い

傷害罪も過失傷害罪も、傷害が生じている点で共通します。しかし、傷害罪の場合は加害者が意図的に暴行を加えているのに対し、過失傷害罪の場合は暴行を加える意図がない点で異なります。 例えば、急いで歩道を走っていた際、突然人が飛び出してきて、人を突き飛ばしてしまった場合などは、過失傷害罪が成立します。

相手が死亡してしまったら

相手方を死亡させてしまった場合には、傷害致死罪が成立することになります。この場合、殺人罪との違いは殺意があったかどうかです。暴行自体は意図的であったものの、殺すつもりはなかった場合に傷害致死罪となります。 例えば、相手を驚かすために石を投げつけた結果、打ち所が悪くて死亡した場合は、傷害致死罪が成立します。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

傷害に関する法律相談

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

暴行・傷害事件を扱う弁護士を探す

傷害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. レイプになるのでしょうか?
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノ摘発による購入者の検挙、逮捕について

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 灼熱地獄の車内に子ども放置…救出のため、店...
  2. 栃木小1女児殺害、控訴審も「無期懲役」、足...
  3. クビになった「鳥貴族」盗撮店長、「めちゃく...
  4. ハイタッチを「誤解」して殴った男性、「おと...
  5. 「痴漢はんぱない」日本代表勝利で沸く渋谷ス...
  6. 仮想通貨マイニングの摘発、「法律で規制する...
  7. 京大、「立て看板」騒動で被害届提出へ「保管...