キックボクシング 練習生からの傷害事件として被害届について

公開日: 相談日:2019年07月09日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

キックボクシングのトレーナーをしています。
事の発端は2017年11月と随分と前に遡ります。
きっと被害届もその頃に出ているのかと
推測しています。


私は当時、選手育成もするキックボクシングジムで
働いていたので、指導方法は厳しめでした。
ミット打ちというトレーナーの構えるところに
パンチやキックを打ち込むという練習の最中に
防御の練習の一環のためにトレーナーの私自身も
攻撃を返しました。
このミット打ちが原因で怪我をしたとして
練習生から被害届が出されている様です。
2019年7月初めに任意の事情聴取に来て欲しいと
管轄の警察署から電話がありました。

私は個人事業でジムを立ち上げたため、
事情聴取に行く時間があまり取れないのが
現状です。

質問1
キックボクシングの練習中の怪我をさせたというのは
傷害の一種になるのでしょうか?

例えば、更衣室など練習場所でないところで
殴りかかるなどはもちろん傷害だと思います。
私はミット打ちで練習、指導の一環です。

質問2
警察の任意の事情聴取を拒否した場合は
どうなるのでしょうか?
今年の7月初めに連絡が来たにもかかわらず、
今月中に終わらせなければならない
スケジュールを組んでくださいと
かなり無理があるお願いをされました。

質問3
この一件により、私が逮捕、起訴は
あり得るのでしょうか?

821017さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    質問1・・・あなたの攻撃の程度がどのようなものか、練習生のレベルに合わせた程度のものかかなり上回る攻撃だったのか、怪我の程度によって異なってきますが、レベルに合わせた程度のものであれば違法性はないとして判断される可能性が高いでしょう。
    質問2,3・・・これは警察の要請にできるだけ応じるべきです。応じない場合には罪証隠滅や逃亡のおそれがあると判断されて逮捕されることもあります。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > キックボクシングの練習中の怪我をさせたというのは
    > 傷害の一種になるのでしょうか?

    法律的ないい方をしますと,傷害罪の構成要件には該当しますが,正当行為(刑法35条)
    として違法性が阻却されて傷害罪は成立しない可能性があります。

    > 警察の任意の事情聴取を拒否した場合は
    > どうなるのでしょうか?

    正当な理由なく拒否を繰り返した場合には逮捕ということもあり得ます。
    ご相談者のご都合が悪いのであればそのことを警察にお話しになって,日程の調整を要求することはもちろん可能です。

    > この一件により、私が逮捕、起訴は
    > あり得るのでしょうか?

    ご相談の文面を読む限りでは,逮捕ということはないだろうと思います。
    検察官の処分として正式起訴か略式起訴か不起訴かは,事案の内容を詳しく知らないとお答えすることは困難です。

この投稿は、2019年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました