刑事事件後の損害賠償額について

刑事事件の裁判中に、被害者から裁判所を通じて損害賠償請求の書類が送られてきており、金額は1000万円近い内容です。
刑事事件の判決後は、民事に移行し損害賠償額を争う考えです。

事件は、相手方から攻撃を受けこちらが反撃し、相手が怪我を負い、また後遺症を主張しています。
こちらは損害賠償を支払う事は当たり前だと思っていますし、相手が先に攻撃をしたとはいえ、反撃に出てしまった事は、裁判でも反省と弁償の意思を伝えていますが額が額なだけに途方に暮れています。

民事に移行したのちに減額の余地はあるのでしょうか。
2019年07月03日 08時29分

みんなの回答

鐘ケ江 啓司
鐘ケ江 啓司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県2 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
喧嘩ということであれば、過失相殺を争う余地もあるでしょうし、後遺症の程度などを争う余地もあるでしょう。ただし、これは一般論でして、事案と証拠を見たら無理、ということもあります。弁護士の面談相談を受けてください。

2019年07月03日 08時50分

この投稿は、2019年07月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

傷害事件・傷害罪での慰謝料・損害賠償や示談金の相場

人に暴行を加え、傷害(怪我)を負わせた場合には、加害者は治療費などの被害を損害賠償する責任があります。賠償方法は、示談交渉を行った上で支払う...

傷害事件の被害に遭った際の被害届や告訴、慰謝料請求について

殴られて怪我をした、嫌がらせを受けてノイローゼになってしまったなど、傷害事件に巻き込まれると、恐怖や苦痛、そして治療の必要性など、被害者の負...

傷害罪とはどのような犯罪か?構成要件と事例、暴行罪や過失傷害罪との違い

傷害罪は、しばしば喧嘩などの際に問題となることが多い罪です。しかし、一見傷害罪のように見えても、暴行罪や過失傷害罪、殺人罪となる場合もありま...

傷害罪の懲役・罰金の量刑相場と逮捕・勾留・起訴の流れや対処法

傷害罪は、飲み屋で口論になり相手を殴打し怪我をさせてしまった場合などに成立します。万が一逮捕された場合であっても、必ず刑務所に入れられるわけ...

傷害罪の統計データ|検挙人数や有罪判決数・刑罰の内容・執行猶予の割合

傷害罪で有罪になった人がどのような刑罰を言い渡されたかや、検挙された人数といったデータを、法務省や警察庁が公表しています。この記事では法務省...

この相談に近い法律相談

  • 刑事事件 傷害

    傷害で起訴され、判決は執行猶予5年懲役1年6ヶ月 その時期と脱税も重なっておりますが、脱税ては起訴されていないとのこと なのですが、傷害の判決後の5日後に、あと65万の税金を支払わないと即収監だといわれ今から自分から出向いていくとのことで、65万を貸しました、11時までに支払わないといけないのに時間を過ぎて結局3時に納付し...

  • 昔の傷害事件について。刑事、民事訴訟に持ち込めるでしょうか?

    2年半前、当時の交際相手から頭を靴のヒールで殴られ出血しました、病院で治療を受けましたが診断書はもらっていません、領収書だけです。 当時は交際中でもあり、大事にするのはやめていました。 病院を受信したときは、頭に物が落ちて負傷したと説明しました。 目撃者もいません、証拠の写真もありません、傷痕は少し残って...

  • 民事提訴の時期について 刑事事件にもなってます

    私は傷害事件の被害者です。被疑者は在宅で検察に送致されている段階ですが、今で事件発生日から一年になります。在宅案件ということもあってか、刑事処分はいつでるのか不透明な状況であります。このような場合、民事提訴はいつが良いのでしょうか?やはり刑事処分がでてからの方が民事手続きにメリットはあるのかどうかご案内頂けませ...

  • 刑事事件で不起訴になった、傷害事件の民事裁判について

    2年ほど前に、街中でケンカを売られ、傷害事件に発展しました。 その際に、相手の一人に大けがを負わせてしまいました。 その際には、目撃者や監視カメラの映像などの証拠に助けられ、刑事事件では不起訴になりましたが、500万円の慰謝料を求めた民事裁判を起こされています。 相手は、一方的にケンカを売られ、大けがを負...

  • 傷害による刑事事件の被害届について

    元交際相手に傷害を負わされ、相手は現場で警察に連れていかれ、自分は警察署で状況を説明して書類に書きました。それが要は被害届に値することになり、相手は3日間の勾留後に現在帰宅して検察官からの処分を待っている状態のようです。相手も反省しているようですし、今後の相手のことも考え被害届となっていて、取り下げることが出来...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

暴行・傷害に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

傷害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 泥酔→タクシー無賃乗車、「本当になにも覚え...
  2. 子どもに「自画撮り」要求する行為に懲役刑も...
  3. 更衣室なく裸の子も…「じゃぶじゃぶ池」で幼...
  4. 「漫画村出張所」運営の男性逮捕、「闇金ウシ...
  5. 客室乗務員、客から「盗撮被害」が6割 逆上...
  6. 「これは売春だ」 ホテルで偽の「警察手帳」...
  7. 痴漢を目撃、自分で捕まえると「ケガ」や「間...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。