刑事裁判、傷害罪で求刑2年の判決について

被害者側なのですが、相手が傷害で起訴され、次回判決です。
相手は否認し続けていて、8回期日があり、8回保釈請求したようです。
全て保釈請求棄却、求刑2年で弁護人は無罪主張です。
今まで警察からギリギリのラインで(逮捕されたが不起訴等)逃げてたみたいで、何かしらの前科(傷害や暴行かはわからないです)があるようです。
この場合実刑の可能性はありますか?
執行猶予の場合だと何年くらいが妥当な範囲ですか?
被害者側としては実刑になってほしいのですが…
hanakoさん
2017年06月27日 14時15分

みんなの回答

石井 康晶
石井 康晶 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 千葉県1 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
否認していることで反省の態度がないと見られても、刑を決する主要な事情にはならないでしょう。被害の重大性や態様がより重要です。記載からは実刑か猶予かは何とも言えません。
なお、これまでに裁判を受けたことがないなら前科はないということになります。

2017年06月27日 14時29分

松本 篤志
松本 篤志 弁護士
ありがとう
今回の事件の具体的内容や前科前歴関係の詳細等によって、有罪判決時の判決内容は大きく変わってきます。
仮に執行猶予付きの判決の場合、求刑懲役2年とのことであれば判決は懲役2年執行猶予4年程度、また仮に実刑判決の場合、懲役1年~1年6月程度というのが、おおざっぱな見込みの数字です。

2017年06月27日 16時21分

この投稿は、2017年06月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

傷害罪の懲役・罰金の量刑相場と逮捕・勾留・起訴の流れや対処法

傷害罪は、飲み屋で口論になり相手を殴打し怪我をさせてしまった場合などに成立します。万が一逮捕された場合であっても、必ず刑務所に入れられるわけ...

傷害罪とはどのような犯罪か?構成要件と事例、暴行罪や過失傷害罪との違い

傷害罪は、しばしば喧嘩などの際に問題となることが多い罪です。しかし、一見傷害罪のように見えても、暴行罪や過失傷害罪、殺人罪となる場合もありま...

傷害事件・傷害罪での慰謝料・損害賠償や示談金の相場

人に暴行を加え、傷害(怪我)を負わせた場合には、加害者は治療費などの被害を損害賠償する責任があります。賠償方法は、示談交渉を行った上で支払う...

傷害事件の被害に遭った際の被害届や告訴、慰謝料請求について

殴られて怪我をした、嫌がらせを受けてノイローゼになってしまったなど、傷害事件に巻き込まれると、恐怖や苦痛、そして治療の必要性など、被害者の負...

道路交通法違反で逮捕され前科が付くケースと否認などの対処法

不注意や慢心により交通違反を犯してしまうこともあるかもしれません。交通違反をしてしまった場合には点数が加点され、所定の点数を満たすと運転免許...

この相談に近い法律相談

  • 併合罪(傷害罪・重過失致傷罪)の刑事裁判の予見について

    併合罪(傷害罪・重過失致傷罪)の刑事裁判の予見について伺います。 個々案件により事情は異なるとは思いますが、併合罪(傷害罪・重過失致傷罪)で取り調べを受け、否認をし公判請求され、刑事裁判になった場合、仮に裁判で罪を認めても相手方へ示談・賠償を行わないと、在宅起訴案件であっても執行猶予の獲得は極めて困難であると聞...

  • 併合罪(傷害罪・重過失致傷罪)の刑事裁判の予見について伺います。

    併合罪(傷害罪・重過失致傷罪)の刑事裁判の予見について伺います。 個々案件により事情は異なるとは思いますが、併合罪(傷害罪・重過失致傷罪)で取り調べを受け、否認をし公判請求され、刑事裁判になった場合、仮に裁判で罪を認めても相手方へ示談・賠償を行わないと、在宅起訴案件であっても執行猶予の獲得は極めて困難であると聞...

  • 刑罰について

    彼が恐喝罪で逮捕、起訴され、19日に2会目の裁判を迎えます。被害賠償金は 支払い後は 求刑、判決を待つだけなのですが、執行猶予はつくでしょうか…⁇ 初犯です。

  • 公判請求された傷害事件で罰金刑の判決になる事はありますか?

    公判請求された傷害事件が罰金刑になるという事はありますか?  罰金の判決に、仮納付命令がつかない場合は、確定後に徴収手続が始まります。 ↑ この意味はどう解釈すれば良いですか?

  • 窃盗罪、求刑一年この場合、どんな判決がくだされますか?

    私は先日、窃盗罪で逮捕され、裁判を受けました。 求刑は懲役一年でした。 起訴は一件で、内容は現金20万円の窃盗。 余罪は3件、合計ほ被害額は約150円。 前科前歴なし。 被害金弁償と示談は、まだですが、現在進行中。 裁判中も、近日中に示談が出来るということ、被害額と同じ金額の慰謝料を払うということは、伝えています...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

暴行・傷害に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

傷害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  2. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  3. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  4. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  5. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  6. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  7. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。