加害者の親の賠償責任について

成人している加害者が傷害事件をおこして被害者に損害が発生した時は、加害者の親には賠償する責任はないと思いますが、一度その加害者の親が代理人を通して、適正な慰謝料を支払う内容の書面を被害者に送ってしまった場合は、加害者の親にも賠償責任が生じてしまうのでしょうか?

2017年02月19日 18時30分

みんなの回答

鐘ケ江 啓司
鐘ケ江 啓司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県1 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
弁護士が同意2
ありがとう
その段階ではないですね。
まだ被害者側の承諾がないからです。被害者側がそれで応じる、と回答する前であれば撤回できます。

相手方が、それで応じる、といったあとは難しい問題です。

ただ、適正な賠償額、というのは抽象的な表現なので、これだけでは確定的な弁償の合意はない、とされる可能性の方が高いと思います。
「親として背負うべき適正な金額」ということで、見舞金程度、といったことも考えられます。
そもそも支払義務がない立場の人ですので、裁判所もそう容易には支払い義務を認めないと思います。

2017年02月19日 18時45分

大和 幸四郎
大和 幸四郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 佐賀県1
弁護士が同意2
ありがとう
> 一度その加害者の親が代理人を通して、適正な慰謝料を支払う内容の書面を被害者に送ってしまった場合は、加害者の親にも賠償責任が生じてしまうのでしょうか?
@基本的には個人責任ですので、親が責任を負うことにはならないだろうと思います。

2017年02月19日 18時47分

この投稿は、2017年02月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

傷害事件・傷害罪での慰謝料・損害賠償や示談金の相場

人に暴行を加え、傷害(怪我)を負わせた場合には、加害者は治療費などの被害を損害賠償する責任があります。賠償方法は、示談交渉を行った上で支払う...

傷害事件の被害に遭った際の被害届や告訴、慰謝料請求について

殴られて怪我をした、嫌がらせを受けてノイローゼになってしまったなど、傷害事件に巻き込まれると、恐怖や苦痛、そして治療の必要性など、被害者の負...

傷害罪とはどのような犯罪か?構成要件と事例、暴行罪や過失傷害罪との違い

傷害罪は、しばしば喧嘩などの際に問題となることが多い罪です。しかし、一見傷害罪のように見えても、暴行罪や過失傷害罪、殺人罪となる場合もありま...

傷害罪の懲役・罰金の量刑相場と逮捕・勾留・起訴の流れや対処法

傷害罪は、飲み屋で口論になり相手を殴打し怪我をさせてしまった場合などに成立します。万が一逮捕された場合であっても、必ず刑務所に入れられるわけ...

傷害罪の統計データ|検挙人数や有罪判決数・刑罰の内容・執行猶予の割合

傷害罪で有罪になった人がどのような刑罰を言い渡されたかや、検挙された人数といったデータを、法務省や警察庁が公表しています。この記事では法務省...

この相談に近い法律相談

  • 損害賠償について

    他人の物を壊してしまった場合の、加害者の損害賠償責任が消滅する条件は何がありますか? 時効や示談や被害者側の放棄等しか思い浮かばないので 教えてください。

  • 憲法表現の自由を侵害されました

     表現の自由を侵害され損害を受けました。  損害賠償金額はいくらですか?  また、加害者の処罰はどうなりますか?  全面的に加害者の言動に責任がありますので、責任をとらせますが

  • 傷害事件の被害者です。”傍観者”に慰謝料請求したい。

    傷害事件の被害者です(一方的な被害者で、一切の非はありません)。被害者は高校1年の息子、加害者は加害者は中学生グループ五人、うち二人は「見ていただけ」です。 「見ていただけ」の加害者に損害賠償請求を起こすことは妥当でしょうか? 「見ていただけ」の人物は面識のある知人であるため「許せない」という心情が強いです。...

  • 損害賠償請求

    加害者からどうしても正当な損害賠償請求をしたいのですが、直接以外に賠償金を上手く回収する方法は有りますでしょうか? やはり加害者の借金など経済状況も関係してくるのでしょうか? 自分の大きな被害を考えると、ぬけぬけと生活している加害者が許せません。同じ事をさせないように加害者に制裁を加えたいです。 自分と同じ辛...

  • 慰謝料について教えて下さい。

    加害者、被害者供に未成年者の傷害事件です。被害者は複数で代理人を依頼され、代理人から慰謝料額の連絡がありました。 加害者側は複数名で、実際に相手を怪我させてしまった者と、見張り役の者と、被害者の方に喧嘩をふっかけて、最初の原因を作り、他の加害者を呼び出し喧嘩をするように指示した者とがいます。 被害者の代理人から...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

暴行・傷害に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

傷害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 泥酔→タクシー無賃乗車、「本当になにも覚え...
  2. 子どもに「自画撮り」要求する行為に懲役刑も...
  3. 更衣室なく裸の子も…「じゃぶじゃぶ池」で幼...
  4. 「漫画村出張所」運営の男性逮捕、「闇金ウシ...
  5. 客室乗務員、客から「盗撮被害」が6割 逆上...
  6. 「これは売春だ」 ホテルで偽の「警察手帳」...
  7. 痴漢を目撃、自分で捕まえると「ケガ」や「間...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。