一連のイジメ行為の中に複数の被侵害権利がある場合の請求

数年間続いた一連のイジメ行為について聞きたいのですが、その一連のイジメ行為の中に、①人格権侵害に基づく精神的損害と、②身体侵害(傷害)に基づく精神的損害(自然治癒する程度なので医者に行っておらず治療費はかかりませんでした)との2つを請求・主張したいのですが、どうしたらいいんでしょうか?

つまり、このような、一連のイジメ行為の中に複数の被侵害権利がある場合は、次のどちらにすべきなのでしょうか?
(1)一つの不法行為(人格権と身体などに対する侵害行為)に基づく、精神的損害300万円の、1つの損害賠償請求権とする、
(2)①人格権侵害に基づく精神的損害の100万円の損害賠償請求権と、②身体侵害(傷害)に基づく精神的損害の200万円の損害賠償請求権との、計2つの損害賠償請求権とする、
よろしくお願い致します。
2015年07月04日 15時46分

みんなの回答

甲本 晃啓
甲本 晃啓 弁護士
犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
通常は1つの損害賠償請求権として請求します。原因行為は一連の継続的な不法行為で1個、根拠条文は民法709・710条で同一ですので、請求権は1個です。

2015年07月04日 16時35分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
一連のいじめ行為なのであれば、一つの請求権(不法行為に基づく損害賠償請求権)になると思います。
その請求の中で、具体的ないじめの行為を挙げていき、相談者の損害を主張していくことになると思います。

2015年07月05日 03時55分

相談者
甲本先生、原田先生、ご回答ありがとうございました。
すみませんが、追加でお教え頂けませんでしょうか?

1. 通常は、「1個」の損害賠償請求権とする、ということですが、ということは、人格権侵害と身体損害という2つは、「損害の個数が2個」ということで、「損害」の項目のところで述べればよいのでしょうか?

2. これから訴訟をしたいと思っていまして、私としては、裁判のことを少し勉強して、個人的には、私の質問中の「(2)①人格権侵害に基づく精神的損害の100万円の損害賠償請求権と、②身体侵害(傷害)に基づく精神的損害の200万円の損害賠償請求権との、計2つの損害賠償請求権」で行きたいなと思っていたのですが、もし、この(2)の方法で訴状を書いて出したら、裁判官はどうする(判決はどうなる)でしょうか?

2015年07月05日 20時29分

甲本 晃啓
甲本 晃啓 弁護士
犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
★1について
→その通りです。正確には「請求の理由」の項目で各損害について述べることになります。

★2について
→裁判官は限定のない限り、一切の事情を考慮して判決ができます。ただし、処分権主義との関係で権利を分断するとその範囲でしか判決ができません(先の書き方ですと人格権侵害について200万円の損害が認められても判決は100万円に限定される)ので、通常は「・・・に基づく損害は金▲▲▲を下らない。」と書いて、その金額以上の認定が出来る余地を残しますので、そのように記載されたほうがよろしいでしょう。

2015年07月06日 00時06分

この投稿は、2015年07月04日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

傷害事件・傷害罪での慰謝料・損害賠償や示談金の相場

人に暴行を加え、傷害(怪我)を負わせた場合には、加害者は治療費などの被害を損害賠償する責任があります。賠償方法は、示談交渉を行った上で支払う...

傷害罪とはどのような犯罪か?構成要件と事例、暴行罪や過失傷害罪との違い

傷害罪は、しばしば喧嘩などの際に問題となることが多い罪です。しかし、一見傷害罪のように見えても、暴行罪や過失傷害罪、殺人罪となる場合もありま...

傷害事件の被害に遭った際の被害届や告訴、慰謝料請求について

殴られて怪我をした、嫌がらせを受けてノイローゼになってしまったなど、傷害事件に巻き込まれると、恐怖や苦痛、そして治療の必要性など、被害者の負...

傷害罪の懲役・罰金の量刑相場と逮捕・勾留・起訴の流れや対処法

傷害罪は、飲み屋で口論になり相手を殴打し怪我をさせてしまった場合などに成立します。万が一逮捕された場合であっても、必ず刑務所に入れられるわけ...

傷害罪の統計データ|検挙人数や有罪判決数・刑罰の内容・執行猶予の割合

傷害罪で有罪になった人がどのような刑罰を言い渡されたかや、検挙された人数といったデータを、法務省や警察庁が公表しています。この記事では法務省...

この相談に近い法律相談

  • 傷害行為の損害賠償請求について

    傷害行為の損害賠償請求について質問です。 時効は損害及び加害者を知ったときから3年とのことですが、通常の傷害と時間が経ってから判明する後遺症が混在する場合はどのようになるのでしょうか?

  • 損害賠償請求について

    被害届を警察にだし それと同時に損害賠償請求はできるのでしょうか? 損害賠償請求は裁判所で行うのでしょうか?

  • 民事損害賠償について

    母を交通事故で亡くしました。 調停もし、加害者の保険屋からも慰謝料請求ももらいましたが、加害者は保険屋に任せて誠意がみれません。 相手から民事損害賠償して、請求できますか? ちなみに、100対0で加害者が100です その損害賠償は幾らになりますか? 母は、65歳のパートをしてました

  • 某農林系自動車共済(加害者側任意)による被害者への不条理対応について。

    加害者有責追突事故により負傷、6ヶ月以上の通院治療。被害者請求で後遺障害14級認定後、加害者側任意共済に対して損害賠償請求書を提出それが9ヶ月前。この間に同共済からは誠意ある対応がなされず、事故担当者変更、弁護士への委譲、共済側提示額(自賠責基準)、質問連絡等に対する不条理な対応、遅延、無視は当たり前。この共済...

  • 少年事件の損害賠償請求について

    傷害事件にあった被害者ですが、相手は高校生の少年です。損害賠償請求を考えておりますが、少年の両親に連帯して請求することは可能でしょうか?ご教授願います。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

暴行・傷害に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

傷害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 被害者支援、制度を使ってなぜ「つらさ」は増...
  2. 「アサヒカメラのカメラマン」名乗り、痴漢は...
  3. 「海外に売り飛ばすぞ!」風俗スカウト会社か...
  4. 「レオパレスを建築基準法違反で捜査して」 ...
  5. 「自分好みの髪の毛だった」 夜行バスで女性...
  6. 北九州最大の「ソープ」を摘発、なぜここだけ...
  7. 泥酔→タクシー無賃乗車、「本当になにも覚え...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。