パパ活、援助交際のトラブル

公開日: 相談日:2019年07月31日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

知人女性がパパ活(食事のみの予定)をしていてお手当と引き換えにご飯に行きました。相手の男性にお酒をかなり飲まされて潰れてしまい、そのままホテルに連れて行かれ無理矢理されたとのことでした。これは相手男性を何らかの法律で訴えることは可能でしょうか?

829576さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都1位

    齋藤 健博 弁護士

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    「暴行又は脅迫」(刑法177条)、又はお酒に酔っていたため「抗拒不能」(刑法178条)の状態にあったといえるかどうかがポイントになると思います。
    密室の出来事ですので、何か証拠になること、例えば、その後の男性とのLINEのやり取り、あるいは、ご友人とのやり取り(無理矢理性行為をされた等の発言があるもの)、があるか否かがポイントだと思います。また、その男性が同様の犯行を繰り返していて、警察に被害届が出ていた場合にも、警察は動きやすいと思います。

    ご参考までに。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > これは相手男性を何らかの法律で訴えることは可能でしょうか?

    (準)強制性交等罪の可能性があります(刑法177条、178条2項)。


    (強制性交等)
    第一七七条 十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛こう 門性交又は口腔くう 性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。
    (準強制わいせつ及び準強制性交等)
    第一七八条 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第百七十六条の例による。
    2 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条の例による。

この投稿は、2019年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す