裁判所からの和解条項

公開日: 相談日:2016年06月01日
  • 3弁護士
  • 3回答

民事訴訟の期日で何度もやり取りした後に双方否認する中で裁判所から和解の打診があり、被告は和解を承諾したとのことでした。裁判所からの和解案は原告の和解条項はほぼ汲み取られず一般的なさらっとしたものでした。再度、和解条項の内容について、原告本人の率直なお気持ちを述べる機会をいただきたいとの弁護士が申し入れたところ裁判所としても、そのように対応するとのことになりました。
そこで、質問です。
1、和解条項に対する原告の話を聞くといった場合、裁判官はどう考えているのでしょうか?
2、和解を前提にお伝えしようと思っていますが、申し入れた内容を裁判官は再検討してくれるのでしょうか?被告へも再度打診するのでしょうか?

456591さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2016年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから