福岡県青少年健全育成条例の解釈について

公開日: 相談日:2014年12月08日
  • 2弁護士
  • 2回答

福岡県で21歳の高校生が14歳の女子中学生にわいせつ行為をしたため、
条例違反で逮捕されたというニュースがありましたが、
この件で罰せられる「条例」とは何なのでしょうか?

13歳未満にわいせつ行為をした場合は強姦罪が適用されるようですが、
今回の被害者は14歳ですし、仮に無理やり襲ったのであれば13歳以上でも強姦罪となりますが、
強姦罪が適用されていないということは、双方合意の上だったと予測できます。
しかし、福岡県青少年健全育成条例違反で逮捕されているのです。
この「福岡県青少年健全育成条例」というのは、いったい何なのでしょうか?

この事件とは一切関係ありませんが、
当方も21歳の高校生でして、現在は夜間の定時制高校に通っています。
もし、彼女を作るとしたら、同じ学校の生徒という可能性が高いのですが、
16歳~18歳の彼女を作って性行為をした場合、
金品の受け渡しなどなく、それがごく普通の両想いな恋愛で、双方合意の上であったとしても、
逮捕される事案となってしまうのでしょうか。
そうならないためには、19歳以上の彼女を作るしかないのでしょうか?


回答のほど、よろしくお願いいたします。

303949さんの相談

回答タイムライン

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    タッチして回答を見る

    この件で罰せられる「条例」とは何なのでしょうか?

    法律は国会で制定されますが,条例は地方公共団体が制定する法の一形式です。

    逮捕される事案となってしまうのでしょうか。

    真摯なお付き合いであれば適用されないとはされていますが,疑われる可能性もありますし,逮捕される可能性がないとは言えません。

  • タッチして回答を見る

    福岡県青少年健全育成条例第31条は以下のように定めています。

    第31 条 何人も、青少年に対し、いん行又はわいせつな行為をしてはならない。

    これどほぼ同義の規定をほとんどの自治体が条例として定めています。

    この「いん行」の定義について、裁判所で争われたことがあり、最高裁判例は、「広く青少年に対する性行為一般をいうものと解すべきではなく、青少年を誘惑し、威迫し、欺罔し又は困惑させる等その心身の未成熟に乗じた不当な手段により行う性交又は性交類似行為のほか、青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱っているとしか認められないような性交又は性交類似行為をいうと解釈した上で、18歳未満の青少年と交際していた被告人が、結婚の話をまったくせずに専ら性交に終始していたなどと判断し、条例違反を認めました。

    この最高裁判例が基本的には、全国自治体の条例の解釈として一般的なものとなっていますので、真摯な交際であり、結婚を視野に入れたものであれば、性行為をしただけでは、当該条例に該当しないとは一応言えます。

    ただし、結婚を視野に入れたものなのか、真摯な交際なのかというのは、事件を調べた上でないと認定できませんので、告訴や通報があれば、警察としても、逮捕の要件を満たすことを前提に条例違反を理由に逮捕することができてしまいます。

    ですので、18歳未満の方と交際される場合にはそういう逮捕の危険があるということは否定できません。

この投稿は、2014年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから