男女のトラブルについて

公開日: 相談日:2021年04月04日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
当方男性(既婚者)、先方女性(未婚)で会社の同僚になります。今まで月1回ぐらいのペースで二人で飲みに行っておりました。ある日、先方から相談を受けた所、彼氏に浮気されて別れたと言う相談を受けました。数日後にまた飲みに誘い、恋愛相談で助言をしながらその時に、こちらから先方の同意なくキスをしてしまいました。その後、謝罪等を行い相手も許して頂き、終電がなくなり先方の自宅に泊めて頂ける事になり、その日は先方の家に泊めて頂きました。
その後週1〜2週間に一回のペースで二人で飲みに行くようになりました。先方の家に泊まってから一ヶ月半後くらいに、再度二人で飲みに行った後、カラオケ屋にも行きました。カラオケ屋で先方は飲み過ぎて横になってしまったので、先方の家にタクシーで送りました。
先方をベッドに寝かしつけていた所、先方から抱きつかれた為、意識があると思いこちらもその気になりキス、抱擁は行いましたが、性行為までは至らませんでした。
その一週間後に上司から呼ばれ、先方が先日の一連の事で相談を受けたと話をされました

【質問1】
朝起きると先方はカラオケで横になって以降覚えていない(しかし、先方の家に着いた後〇〇さんと当方の名前を呼んだり、家の鍵をバックから取り出したり、服を脱いでベッドに入った)
酩酊状態と言えるのでしょうか

【質問2】
この場合、先方がショックを受けているようであり訴えてくるとすればどのような訴状になるのでしょうか(準強制性交罪かもと友人が言ってました)

1014438さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府1位

    吉田 英樹 弁護士

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    お困りかと思いますので、お答えいたします。
    > 【質問1】
    > 朝起きると先方はカラオケで横になって以降覚えていない(しかし、先方の家に着いた後〇〇さんと当方の名前を呼んだり、家の鍵をバックから取り出したり、服を脱いでベッドに入った)
    > 酩酊状態と言えるのでしょうか
    →そこは何ともいえませんが、なかなか難しい主張なのかもしれませんね。

    > 【質問2】
    > この場合、先方がショックを受けているようであり訴えてくるとすればどのような訴状になるのでしょうか(準強制性交罪かもと友人が言ってました)
    →下記のとおりです。準強制わいせつなどの主張がなされる可能性があるのかもしれませんね。

    (強制わいせつ)
    第百七十六条 十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、六月以上十年以下の懲役に処する。十三歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。
    (強制性交等)
    第百七十七条 十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛こう門性交又は口腔くう性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。
    (準強制わいせつ及び準強制性交等)
    第百七十八条 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第百七十六条の例による。
    2 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条の例による。

    もしそのような主張があれば、一度弁護士に面談相談することは考えられると思います。

    一般的なお答えとなり恐縮ですが、ご参考に頂ければと思います。

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから