刑罰について

盗撮などの迷惑防止条例違反でわ、刑罰が6月以下の懲役又は50万以下の罰金と定められていますが、これは6月以下の懲役をするか罰金を払うかのどちらかと言う事ですか?
無知ですみません。
ブーヤんさん
2011年07月28日 12時37分

みんなの回答

奥村 徹
奥村 徹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府6 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
「又は」となっている場合は、どちらかです。
懲役刑か罰金刑か、それぞれどれくらいの期間・金額にするかは裁判所が決めます。

2011年07月28日 12時48分

この投稿は、2011年07月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

盗撮やのぞきで逮捕された場合の刑罰や逮捕後の流れと対処法

盗撮やのぞきは立派な犯罪であるため、発覚すれば逮捕される可能性や、刑罰を科される可能性もあります。ここでは、盗撮やのぞきを犯した際に、どのよ...

盗撮やのぞきの被害に遭った際の対処法

盗撮やのぞきの被害に遭った際には、警察に捜査してもらい、犯人を逮捕し罰することが可能です。また、盗撮やのぞかれた恐怖や嫌悪感に対しては、慰謝...

痴漢(迷惑防止条例違反)の示談金や慰謝料の相場

痴漢行為を行えば、加害者は被害者に対して損害賠償責任を負うことになります。痴漢における損害とは、恐怖や嫌悪感といった精神的苦痛であり、慰謝料...

住居への不法侵入した罪と逮捕された場合の刑罰

理由なく他人の住居の敷地内に侵入すれば、住居侵入罪として犯罪に当たります。住居侵入罪自体は比較的軽微な犯罪ですが、多くの場合、他の犯罪を伴い...

盗撮事件の慰謝料や示談金の相場

盗撮事件では、被害者は不快な思いをした償いとして、慰謝料を加害者に対して請求する権利があり、加害者には支払う義務があります。その場合に問題と...

この相談に近い法律相談

  • 法定刑が3年以下の懲役

    法定刑が3年以下の懲役50万円以下の罰金の時は求刑はどのくらいになるのでしょうか?

  • 懲役刑と罰金刑の併科について

    懲役刑と罰金刑の併科についての質問です。 判決で仮に懲役刑2年+罰金100万円、執行猶予3年と言い渡されたとします。 その場合罰金刑はどうなるのですか? 1.懲役刑と同じで執行猶予の期間3年間法を犯さなければ罰金は納めない 2.罰金は執行猶予の有無に関わらず判決が確定後に納める 3.その他(その他の場合はどうなるの...

  • 刑事訴訟法217条の要件に関して‥ふたたび

    刑事訴訟法217条の要件に関して、万引きには217条の3要件(犯人の住所が明らかでない、犯人の氏名が明らかでない、犯人が逃亡の恐れがある)は必要ないと言われたのですが‥ <万引き類型は窃盗罪(10年以下の懲役または50万円以下の罰金)にあたるので、刑事訴訟法217条(法定刑が30万円以下の罰金等の場合)は適用されません。> ...

  • 2017年6月性犯罪厳罰化の改正刑法が成立したことで以前の強姦事件の扱いは変わりますか?

    この度、性犯罪を厳罰化する改正刑法は2017年6月16日、参院本会議で全会一致により可決、成立しました。強姦罪として起訴するのに被害者の告訴が必要となる「親告罪」規定の削除。法定刑の下限を懲役3年から5年に引き上げ等々、、、と伺っております。 今回の改正刑法以前に行った強姦事件について4点教えてください。 ①改正刑法以...

  • 懲役と罰金の時効は同じですか?

    五年以下の懲役又は500万以下の罰金、又は併科という犯罪は、五年で時効が成立すれば罰金も無いという解釈であっていますか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

盗撮に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

盗撮・のぞきの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. Hey!Say!JUMPツアー中止 ファンの「迷惑行為...
  2. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  3. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  4. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  5. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  6. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  7. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。