盗撮による被害者が不明で示談が困難な場合、検察庁での取調べまでにしておくべきことについて

質問は以下の5点です。詳しい状況は質問事項の下に記述します。

①被害者不明でも不起訴としてもらうことはどの程度可能でしょうか?
②可能である場合、検察庁での取調べまでに行うべきことを出来る限り詳しくお教えください。
③今回のケースで20万円ほどの贖罪寄付を検討中ですが、行う必要性はどの程度ありますでしょうか?(私が調べた限りでは有効性に疑問との意見も複数見られたため)
④弁護士を通さずに贖罪寄付を行う場合、検察官に対して寄付を行った証明を得るにはどうしたらいいでしょうか?
⑤検察庁での取調べに被疑者が一人で向かうものとした上で、アドバイスがありましたらお願いいたします。(大変不安な心境です)

事件当日から現在に至るまでの状況は、以下の通りです。

駅のエスカレーターで盗撮を行った疑いで、現在は在宅事件扱いとなっています。
検察庁より書面にて、伺いたいことがあるのでこちらの日時においでくださいとの連絡がありましたので、近いうちに検察庁へ行く予定です。
事件当日、駅のエスカレーターにてカメラ付き携帯電話を女性のスカート内に差し入れていたところを男性に取り押さえられました。
被害者の女性はそのまま立ち去ってしまい、現在も不明のままです。
その後は警察署にて取調べや実況見分を行い、携帯電話を差し入れていたことは認めましたが、撮影はしていなかったためその通りに供述しました。
当日の取調べにて、撮影はしていなくとも迷惑防止条例に違反すると言われましたので正直に罪を認め、過去に同様のことを複数回行ったことも合わせて供述しました。
証拠品として事件当日に携帯電話を押収、後日パソコンを提出するように言われたので素直に従って提出し、担当刑事からいずれからも盗撮の画像や動画は見つからなかったと言われました。
ただし、携帯電話にSDカードを入れていなかったため、証拠品を処分したのではないかと疑われているようです。
パソコンは2週間ほどで返却され、携帯電話は押収されたままです。
パソコンの返却から程なくして検察庁からの書面が届き、現在に至ります。
私は消費者金融に50万円ほどの借金があり財政的に厳しいので、私選弁護士に依頼する余裕がありません。

この一連の件について、私は大変深く反省しており、不安な毎日を過ごしております。
どうか弁護士の先生方のご助力を、切にお願い申し上げます。
以上
2014年11月15日 15時29分

みんなの回答

松本 知朗
松本 知朗 弁護士
ありがとう
捜査機関は被疑者本人には被害者情報を教えてくれないので、弁護士に依頼しない限り被害者の方に直接謝罪したり示談したりするのは難しいでしょう。
示談ができれば不起訴の可能性も出てきますが、そうでないと不起訴になる可能性は低いでしょう。贖罪寄付も反省を示す一材料として考慮要素にはなりますが、被害者への直接の贖罪ではないため、その影響は微々たるものでしょう。
ご不安な気持ちはお察ししますが、被害に遭われた女性はきっともっと不安な気持ちで日々通勤、通学されていると思います。
今後も検察での取り調べでは事実関係を素直に供述し、きちんと反省している旨を示してください。それが取り調べでできる最良の態度かと思われます(捜査に協力的であることも、一つの情状にはなり得ます)。

2014年11月15日 15時50分

相談者
松本先生、早速のご回答ありがとうございます。
被害者女性の心情についてはまさに仰るとおりで、私も同様に思います。
被害者の女性の方には大変申し訳なく思っており、改めてとんでもないことをしてしまったのだと大変後悔しております。
可能であれば誠意をもって謝意をお伝えしたいのですが、当日はそのまま立ち去ってしまったこともあり、それすら困難な状況です。
また、差し支えなければ①~⑤の質問事項に対してもご回答いただければ幸いです。

最初の質問内容に、私選弁護士に依頼する余裕がないと記述しましたが、贖罪寄付の効果が薄いようであれば多少無理をしてでも私選弁護士に依頼することを視野に入れたいと思います。

2014年11月15日 17時00分

松本 知朗
松本 知朗 弁護士
ありがとう
明確にお答えできないものや(①②不起訴の可能性は罪状や被害感情の程度にもよるので一概に示せないこと、③贖罪寄付の必要性はその効果を前提として本人の判断で行うものであることから)、すでにお答えしているもの(⑤)もあるため、部分的にお答えすると、
④贖罪寄付の送付先から受領書がもらえますので、それを検察官に示すとよいかと思います。

2014年11月15日 18時31分

相談者
松本先生、続けてのご回答ありがとうございます。
今回のご回答を踏まえたうえで、やはり弁護士の方に依頼することを検討してみます。

そのほかの先生方でもご回答いただける方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

2014年11月15日 19時10分

この投稿は、2014年11月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,702名の弁護士から、「盗撮に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

盗撮やのぞきの被害に遭った際の対処法

盗撮やのぞきの被害に遭った際には、警察に捜査してもらい、犯人を逮捕し罰することが可能です。また、盗撮やのぞかれた恐怖や嫌悪感に対しては、慰謝...

盗撮やのぞきで逮捕された場合の刑罰や逮捕後の流れと対処法

盗撮やのぞきは立派な犯罪であるため、発覚すれば逮捕される可能性や、刑罰を科される可能性もあります。ここでは、盗撮やのぞきを犯した際に、どのよ...

たまたま他人が写り込んでしまった場合も盗撮になるリスクはあるのか【弁護士Q&A】

スマホなどで動画や写真を撮影しているとき、たまたま見知らぬ人が写り込んでしまった場合、盗撮とされるリスクはあるのでしょうか。また、知人であっ...

刑事事件の被害者と示談できないときにできることl供託・贖罪寄付とは

刑事事件の示談は、一般的には弁護人を通じて交渉を行いますが、被害者の処罰感情が強く示談に応じてくれない場合や、薬物事件などではそもそも被害者...

この相談に近い法律相談

  • 身内が盗撮で逮捕され、現在は在宅捜査中です。

    主人が通勤バックに小型カメラを仕掛けて盗撮で逮捕されました。(初犯で前科なしです) 翌日、勾留請求が却下され釈放されています。 余罪は5か月前くらいから小型カメラに入っていた動画が45本、静止画20枚です。 現在は在宅捜査中です。 被害者の方とは連絡取れないため示談は成立しておりません。 逮捕された翌日、警察の方が...

  • 至急!盗撮3回目(常習)で検察から呼ばれましたが、弁護士は必要でしょうか?また裁判の流れは?

    今回は10年ぶりですが、3回とも逮捕されず、初めて家宅捜索されました。病気持ちなので半年かかりで警察の捜査を終えましたが、検察からの呼出状に示談の文字があり、ボールペンで横線が引かれていました。罰金5万円・20万円から条例改正して初めてですが、今回も略式起訴で済みそうですか? ただ、もし罰金100万とかだったら、弁護士...

  • 盗撮で捕まった後の検察での取り調べについて

    先日、盗撮で捕まり調書を取られ、検察へ送検が行われたと思われます。 ひと月ぐらい経った後、犯行に使用したスマホを返却するという連絡が入り、取りに行きました。 そこで、ご質問とご確認がございます。 ・検察での取り調べが終わらないとスマホは返ってこない、という情報を目にしましたが、先にスマホが返ってきた理由は分か...

  • 先日エスカレーターでスマホで盗撮し、現行犯で警察に署まで連行されました。初犯です。

    ・犯行当日は犯行を認め、状況を調書にとられ写真撮影を行い、妻が身元引取りに来て帰宅 ・二回目の取り調べは身上や経歴、個人的な性癖を細かく調書にとり(途中まで)その後指紋採取とDNA採取、持参を求められていた自宅PCを提出、問題なしとしてすぐに返却 ・そして次回は三回目の取り調べの予定 現在ここまできています。 盗...

  • 盗撮の余罪に関して

    閲覧ありがとうございます。 以前、11月16日に「盗撮の処罰について」というタイトルで質問させていただいた者です。その時、松本弁護士、萩原弁護士にご回答いただき、感謝申し上げます。 11月に雑貨屋で、カバンに隠した小型カメラでスカート内の動画撮影を行い、盗撮の初犯で取り調べを受けました。その日は、会社の上司に迎えに...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

盗撮・のぞきの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 泥酔→タクシー無賃乗車、「本当になにも覚え...
  2. 子どもに「自画撮り」要求する行為に懲役刑も...
  3. 更衣室なく裸の子も…「じゃぶじゃぶ池」で幼...
  4. 「漫画村出張所」運営の男性逮捕、「闇金ウシ...
  5. 客室乗務員、客から「盗撮被害」が6割 逆上...
  6. 「これは売春だ」 ホテルで偽の「警察手帳」...
  7. 痴漢を目撃、自分で捕まえると「ケガ」や「間...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。