盗撮事件捜査における被害者への配慮について

公開日: 相談日:2013年12月16日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

女性の友人から盗撮被害に遭った話を聞いたことがあるのですが、警察の対応に関する次の点について、法律上の根拠等を教えていただけたらと思います。
場所は飲食店で、女性用のトイレからカメラが見つかったと騒ぎになり警察が来たそうです。カメラだけが発見され犯人はわからず、騒ぎになる少し前に友人はトイレを利用していたため、撮られてしまった可能性が高いとのこと。カメラ内にあるデータをすぐに削除してほしいと友人が警察官に頼んだところ、犯人が映っている可能性もあり、警察で検証するので削除できないと言われたそうです。トイレの場面の映像を警察の人に見られるなんてとんでもないと思った彼女は、無理に犯人を見つけなくても良いのでとにかく再生だけはしないでほしいと懇願したそうですが、聞き入れてもらえずカメラは警官が押収していったとのことです。
ここでひとつ疑問点があるのですが、恥ずかしくて警察にも見られたくないと被害者が言っている証拠物を警察が強制的に押収する権限はあるのでしょうか? 被害者を助けるための警察だと思うのですが、これでは本末転倒です。根拠条文等がわかれば教えていただければと思います。

もう一点お願いします。「犯人には見られずに済んだけど、たぶん警察の人にトイレを見られた」と嘆いていた彼女に対し、私が「被害者の女性の性的な部分が映っている証拠物は、男性警官の目には触れさせずに女性警官だけで見るように法律上なってるはずだから、見られたとしても同性だから心配ないよ」と慰めたのですが、全く法的根拠を確認せずに言ってしまいました。
あとで法律を探してみたのですが、それに該当するような法律は自分では見つけられませんでした。被害女性のトイレが映った映像を男性警察官が再生して見ることは法的にあり得るのでしょうか?
刑事訴訟法の131条に、女性の身体の検査をする時は医師や女性が行ったり、名誉を傷つけないように注意するようなことが書かれています。これは女性を直接裸にして調べる時のものと思われますが、女性の裸やトイレ等が映った映像を解析する時も、これが準用されるのでしょうか?

220902さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府3位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    恥ずかしくて警察にも見られたくないと被害者が言っている証拠物を警察が強制的に押収する権限はあるのでしょうか? 被害者を助けるための警察だと思うのですが、これでは本末転倒です。根拠条文等がわかれば教えていただければと思います。

     証拠物については、強制的に押収する権限があります(刑訴法99条以下)。その際に、被害者の同意が必要とはされていません。捜査機関は、犯罪を捜査し犯人を検挙し起訴し、もって犯罪の抑止、治安維持などを行なうものであり、被害者を助けるのが第一次目的ではありません。

    もう一点お願いします。「犯人には見られずに済んだけど、たぶん警察の人にトイレを見られた」と嘆いていた彼女に対し、私が「被害者の女性の性的な部分が映っている証拠物は、男性警官の目には触れさせずに女性警官だけで見るように法律上なってるはずだから、見られたとしても同性だから心配ないよ」と慰めた

     このようなことを定めた条文などはありません。男性刑事が確認して捜査を進める可能性も十分にあります。

  • 相談者 220902さん

    タッチして回答を見る

    明確な回答をいただきありがとうございます。
    自分は嘘を言ってしまったのですね。今さら訂正しても相手を傷つけるだけなので、嘘も方便で慰めることができたと考え黙っておきます。
    自分の中の常識と法律の制度が異なる場合もあるので、注意が必要ですね。警察の第一義的な目的は被害者の救済だとばかり思っていました。

この投稿は、2013年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから