軽犯罪法(窃視)の処罰について

公開日: 相談日:2022年07月12日
  • 1弁護士
  • 2回答

【相談の背景】
先日インターネット掲示板の投稿でラブホテルの窓越しに行為を見せるとの書き込みを見て現地で見ていました。
また、見るだけではなく携帯電話のカメラで撮影していたところ、警察官のパトロールが来て職務質問、携帯の画像を確認されて任意同行されました。
現在軽犯罪法違反で在宅捜査中ですが、今後の流れを教えていただけますでしょうか?

【質問1】
今回私は初犯となり、他に盗撮画像も携帯にはありませんでしたが、不起訴処分となることはありますでしょうか?

【質問2】
今回大変後悔しており反省をしていますが、会社の業務上海外渡航の可能性がありますが、前科を避けるために今から私がやるべきことをアドバイスくださいますと幸いです。

1163809さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    愛知県6位

    鈴木 嘉津哉 弁護士

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    タッチして回答を見る

    Q1今回私は初犯となり、他に盗撮画像も携帯にはありませんでしたが、不起訴処分となることはありますでしょうか?
    →初犯であり、かつ、他に画像も無い、常習性も無い、事実を認めて反省しているといった事情があれば、不起訴処分となる可能性は十分にあると思われます。

    Q2今から私がやるべきことをアドバイスくださいますと幸いです
    →考えられるものとすれば、警察での調書以外にも、ご自身で、反省内容、今後の再発防止のための方策等を記載した反省文を提出するといったことが考えられます。
     また、弁護士に依頼して、弁護士に不起訴処分のための意見書を作成してもらい、警察に提出するといったことも考えられます。

  • 相談者 1163809さん

    タッチして回答を見る

    鈴木先生
    ご回答並びにアドバイス誠にありがとうございました。
    反省文について提出は警察、検察両方に提出しようと思っております。
    弁護士さんに依頼する場合送検前が良いでしょうか?
    今週おそらく調書が取られると思います。

  • 弁護士ランキング
    愛知県6位

    鈴木 嘉津哉 弁護士

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    タッチして回答を見る

    弁護士に依頼する場合は、なるべく早く、可能であれば警察に調書を取られる前の方が良いと思います。
    ある程度刑事事件の経験がある弁護士であれば、取調べに当たっての注意事項、今後の見通し等をアドバイスしてくれると思います。
    もっとも、弁護士に依頼するとなると費用が発生するので(費用は弁護士によって様々です)、依頼するか否かは、相談した弁護士に依頼費用等を確認の上決められた方が良いと思います。

この投稿は、2022年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました