盗撮被害の相談、民事訴訟について

公開日: 相談日:2022年03月31日
  • 1弁護士
  • 1回答

【相談の背景】
妻が会社で盗撮被害にあい、事件後から警察の取り調べ協力や精神的ショックから疲労がたまり会社も何度か休み、最終的には事件をきっかけに職場にも居づらくなり仕事も辞めることになりました。
加害者は会社の人で警察に捕まったようで弁護士通じて示談の話が来ていますが50万程度ということもあり、到底納得いきません。今後の生活のことも考え、300万くらい(年収程度)は請求したいところですが、どう思われますでしょうか?
相手も仕事をやめるようです。自業自得です。

【質問1】
1)民事の訴訟では30万~50万円、高くて100万くらいになるとネットでみましたが、300万の請求は実現難しいのでしょうか?

【質問2】
2)こちらから高額請求しても、加害者が払えない、または払う意思がなければ民事訴訟をするしかないと思いますが、その場合弁護士費用が生じることを考慮するならば、50万でも多いと思われる金額でしょうか?

【質問3】
3)質問2に関連して、弁護士費用も加害者に請求することは可能なのでしょうか?

【質問4】
4)加害者には示談せずに罰は受けてもらいたいと思います。そして慰謝料をできる限り払ってもらいたい気持ちです。どのような方法がありますか?また罰といっても罰金等で終わるのでしょか

1130843さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 鮫島 千尋 弁護士

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    タッチして回答を見る

    平穏であった生活を壊され、奥様とともに、ご相談者様もお辛い状況かと思います。

    質問1】
    1)民事の訴訟では30万~50万円、高くて100万くらいになるとネットでみましたが、300万の請求は実現難しいのでしょうか?
    ⇒被害者やご家族の心情からすれば、300万円程度は払ってもらうとお考えになることは理解できます。
    加害者側が任意に、要求金額を支払う(支払える)というのであれば、300万円の支払もありえるでしょうが、実現は難しいと思います。

    【質問2】
    2)こちらから高額請求しても、加害者が払えない、または払う意思がなければ民事訴訟をするしかないと思いますが、その場合弁護士費用が生じることを考慮するならば、50万でも多いと思われる金額でしょうか?
    ⇒50万円の価値をどうみるのかは、裁判にかかる時間と労力と費用、特に奥様やご家族の被害感情等から、どこまでやっていくのかによると思います。
    加害者側が争ってくれば、裁判は長引きますし、その分、被害者にとっては見たくも聞きたくもないであろう、加害者側の主張や反論を見聞きすることになります。
    刑事処分を出してもらうとともに、早期に解決していくことが、奥様やご家族にとって良いということであれば、50万円という金額での解決も一つの方法に思えます。

    【質問3】
    3)質問2に関連して、弁護士費用も加害者に請求することは可能なのでしょうか?
    ⇒損害の項目として計上することはできますが、実際のところ請求をしたとしても、残念ながら裁判所は、弁護士費用を全額損害の額として認定をしません。
    交渉・話し合いの段階で、裁判になれば弁護士費用も含めてさらに増額した金額を請求する、ということを伝えて、話し合いの中で終わらせるように働きかけるという方法はあるかもしれません。

    【質問4】
    4)加害者には示談せずに罰は受けてもらいたいと思います。そして慰謝料をできる限り払ってもらいたい気持ちです。どのような方法がありますか?また罰といっても罰金等で終わるのでしょか。
    ⇒被害者の処罰感情、加害者側が今までに前科前歴があるのか、余罪がどれだけあるのか等により、どこまでの刑事処分になるかは変わってくると思われます。
    例えば、被害者側の心情として、被害弁償はしてもらうが、許すことはできないので、刑事処分は望むといった提示をしていくことはあり得ます。

この投稿は、2022年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました