米国就労ビザ取得について

会社で米国駐在の辞令を受けました。しかしながら、8年前に迷惑防止条例違反(身に覚えのない痴漢で逮捕され、認めないと暫く拘束されるとのことで、仕方なく認めました)で逮捕→拘束→不起訴処分となっており、就労ビザ申請をどのようにすれば良いか、頭を痛めています。就労ビザ申請の際、原則、逮捕歴Yesとし、詳細説明が必要のようですが、ビザ書類を準備する会社には逮捕歴のことを知られたくありません。そこで下記質問があります。

1. 就労ビザ申請の際、逮捕歴Noと申請して、虚偽申告が発覚すると米国に今後入国も出来なくなるようなのですが、逮捕歴Noと申請して、実際、不起訴処分の逮捕歴が発覚してビザが却下されたケースをご存知ですか?ある弁護士さんからは「会社に知られたくなく逮捕歴Noで申請する人は多いが、これまで不起訴処分が発覚して虚偽申告でビザが却下されたケースは聞いたことがない。保証はできないが、個人的には不起訴処分のデータが米国に渡ってるとは思えない。但し、起訴されて前科があれば、逮捕歴Noで申請してバレたケースはよく聞く。」と言われました。

2. 会社が逮捕歴Noで申請書類を準備し、面接時に「前科はないので申請書類には逮捕歴Noと書いてしまったが、実は不起訴処分の案件がある」と追加の説明書類を渡す、ということは可能でしょうか。

3. 逮捕歴Yes、不起訴処分の説明付きで申請して、ビザが発給されなかったケースをご存知ですか?痴漢はどうなのでしょうか。

駐在の辞令を固辞するのも、会社に逮捕歴を知られるのも、虚偽申告でビザが却下されて米国に赴任出来ずに会社に迷惑をかけるのも、どれも非常にまずいので大変悩んでいます。上記1〜3の質問にお分かりになる範囲でご回答頂きたく宜しくお願いします。また、絶対の解決策はないのかもしれませんが、考え得るベストなアイデアをアドバイスいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。
レーザービームさん
2013年10月11日 09時55分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
US-vistとJpan-vistは、同一企業がシステム開発しており、日米の入管は、前科情報やシステム上の情報を交換している疑いがあります。前科情報は、上記各システムにて管理する情報になっているようです。しかし、逮捕歴は、前科情報には含まれないので、上記の情報交換の対象にはなっていないでしょう。
しかし、日米入管がどこまで情報交換をしているかは、行政秘密なので、正確には、わかりません。

2013年10月20日 10時44分

この投稿は、2013年10月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

痴漢で逮捕されたときの刑罰や流れ、示談などの対処法

ご家族が痴漢の容疑で逮捕された場合、その後どのようになってしまうのか心配になるでしょう。痴漢は冤罪事件も多く、正しい対処法をとることで、早く...

痴漢被害に遭った際にできる法的な対処 - 被害届・告訴状の提出や慰謝料請求

不運にして痴漢被害に遭ってしまったら、犯人を正当な手続きによって罰したい、二度と痴漢をしないでほしい、金銭で償いをしてほしいと考える方が多い...

この相談に近い法律相談

  • ビザ申請の際の逮捕歴について

    会社より米国転勤の辞令があり、E1ビザ申請の際の逮捕歴の申告で悩んでおります。 19歳の時、チラシ配りのアルバイトでマンションの集合ポストに投函していたところ、住民が警察に通報し、警察で取調べを受けました。 その際、指紋採取や本人写真撮影、現場での検証を行いましたが、拘留される事はなく身元引受人とともに帰宅しました...

  • 2chなどの犯行予告での逮捕者について

    2chなどのインターネットの書き込みによる逮捕者などが いるみたいですが、そういう方が実際に起訴されて執行猶予判決を受けたという話をあまり聞きません(もちろん全てではありませんが) やはり初犯で反省をしていると不起訴になったり罰金になるケースが多いんでしょうか

  • 不起訴になった逮捕歴がある場合のVISA申請について

    主人のアメリカ赴任が決定し、主人はブランケットL-1 VISA、私や子供達はL-2 VISAを会社を通して申請する事になりました。 実は、私には数年前に万引きした事による逮捕歴がありまして、今回会社へ提出する書類に逮捕歴の有無を記入する欄があり、戸惑っております。。 逮捕され、数日間拘留、初犯ということもあり不起訴となりまし...

  • 経歴詐称で逮捕されたケースは?

    過去に経歴詐称で逮捕された会社員はいますか? 一般的なサラリーマンのケースでお願いします。 インターネットで調べると、就業規則によって解雇はあるようですが逮捕されたケースは見当たらなかったのですが、会社がやる気になれば刑事告訴して逮捕などありえるのでしょうか。

  • 複数の罪状で起訴された場合は懲役期間はどうなりますか。

    複数の罪状で起訴された場合は、懲役と執行猶予の期間はどうなるのでしょうか。ケースバイケースかもしれませんが、全て合計したものになるのでしょうか? 例えば逮捕監禁、強要、ストーカー規制法の3つの罪状で起訴されました。 今回が初犯です。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

痴漢に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

痴漢の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  2. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  3. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  4. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  5. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  6. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...
  7. 元AV女優・麻生希、覚せい剤で実刑判決…別の...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。