ICカードの窃盗未遂について

公開日: 相談日:2019年06月14日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

先日、パチンコ屋さんに行った際に出来心で隣の人が忘れたICカードを抜き取ってしまいました。後から忘れた人と店員さんが探しに来て、怖くなってそのまま持ち帰りましたが、自分のカードを現金精算していなかった事に気づき、お店に戻って、台でどちらのカードが自分の物か確認しようとしたら、抜き取った方のカードを入れたようで「店員を呼んでください」というランプが付き、慌ててそのまま置いて帰って来てしまいました。抜き取ったカードは一銭も使っていませんが、警察などが来るのでしょうか。大変反省していますし、お店には二度と行かないつもりです。よろしくお願いします。

810955さんの相談

回答タイムライン

  • 西 雅哉 弁護士

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    景品と交換することのできるパチンコ玉という財産的価値ある物が含まれているため,ICカードも当然財物性が認められます。
    したがって,このICカードについて隣の方の占有が認められるのであれば窃盗罪が成立し,占有が認められないのであれば遺失物横領罪が成立します(占有が認められるかどうかは個別具体的な事情にもよりますが,忘れて帰ったというのであればおそらく遺失物横領罪でしょう)。ちなみに窃盗となる場合でも,財物を自分の支配下におさめているので窃盗未遂ではなく,既遂です(カード交換しなくても,カードの占有を自己の支配下におさめた時点で既遂になります。)。
     したがって,刑法犯に該当します。
     カードについて,忘れ物がありましたと店員に渡すべきでした。
     パチンコ店の監視カメラの映像がどこまで鮮明かにより犯人性の特定の有無が決まります。
     画像から貴方が特定されて警察が追及に来る可能性は残念ながらあります。
      被害者の方と示談を成立させれば身体拘束や起訴を免れることができるかもしれません。
      お店との関係では,二度と立ち入らない旨の誓約書なり念書を書けばよいと思います。
      遺失物横領罪の法定刑は比較的軽いといえるので,弁護士に依頼し,お店との関係で被害者との関係を適切に処理すれば大ごとにはならないの可能性が高いのではないでしょうか。
     

  • 相談者 810955さん

    タッチして回答を見る

    ご回答アドバイス頂きありがとうございました。早々にお店に出向き、真実を話し、お詫びし、被害者の方はもう居ませんでしたが、お金も全額戻ったようで、「きちんとお店に来てお話しして下さりありがとうございます」と言って頂けました。事務所に通されるなど、わたし個人の事は何も聞かれずでしたが、今回の事を真摯に受け止め、今後このような事がないようにしっかりしたいと思います。

    ありがとうございました。

この投稿は、2019年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました