高校野球の野球賭博について

公開日: 相談日:2019年05月15日
  • 1弁護士
  • 1回答

知り合いが甲子園の野球賭博をしていて、最近警察にバレました。
動いた金額は1万~5万程度です。
そこで質問があります。
1.知り合いは建設会社の代表者をしており、今後会社に支障はありますか?
2.公共事業を中心に仕事をおこなっていますので今後の入札に影響はありますか?
3.代表者をいまのうちに変更していたほうがよいですか?
4.刑はつきますか?
以上です、よろしくお願いします。

798221さんの相談

回答タイムライン

  • 西 雅哉 弁護士

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    タッチして回答を見る

    野球賭博をしていたというのが,賭博の主催者としてなのか,参加していただけなのかで大きく情状が異なります。前者であれば刑法186条2項の賭博場開帳等図利罪に該当し得るので,とても重い刑(3月以上5年以下の懲役)を科せられます。後者であれば単純賭博罪(50万円以下の罰金又は科料)か常習賭博罪(3年以下の懲役)となります。
    前者であれば,起訴されることはほぼ確実です。後者であれば金額も少ないことですから,起訴されない可能性があります(属性,反復可能性等にもよりますが)。
    代表者がこういった事件を起こした場合,風評や報道により会社の信頼は揺らぐでしょうから,その意味では,1今後会社に支障はあるでしょう。今発覚していなくとも後々知れ渡る可能性もありますし。
    2は,受注した側が当該事実を認識した時点で,確実に受注を取りやめると思います。刑法犯に該当するような行為を行った場合に公共事業の受注を取り消すべきことは当然ですから。
    3は,会社の組織の中身を知らないので確実なことは言えませんが,不祥事があった場合,世間一般の感覚では,代表者は責任をとって交代すべきでしょう。
    4 刑に処せられるかは検察が起訴するか否かにかかっており,それは,先にも述べたとおり,主催者として関与したか否か等により左右されます。仮に起訴されれば,罰金刑以上を科せられることはほぼ不可避でしょう。

この投稿は、2019年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました