契約済みのお客様のポスティングについて

仕事で契約済みのお客様へ担当のご挨拶とパンフレットなどをポスティングします。

住居侵入罪などの違法の心配があり、以前質問させていただきましたら、「取引関係にある方に向けた特定人への郵便受けへの投函であれば、不当な目的での建物への侵入ではありませんので、適法だと思います」と弁護士さんからご回答いただきました。
マンションのエントランスに「チラシポスティングお断り」や「無断で投函しないで下さい」などの内容の看板などあったとしても契約済みのお客様であれば、ポスト投函はしてもよろしいですか
b4_350cさん
2019年03月01日 22時03分

みんなの回答

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
個人的には避けられた方がいいように思われます。


エントランスにそのような記載があるということは、マンションの管理者は外部者の入場を基本的には許可していないと考えるのが自然です。
たとえ契約者が許可していたとしても、管理者の許可が無ければ、建造物侵入とされるリスクはあります。
契約者は、他の入居者を代表して入居を許可できる権限まではないためです。

なので、郵送で可能なら、郵送のほうが好ましいと思われます。

ご参考までに。

2019年03月01日 23時43分

この投稿は、2019年03月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

刑事事件に強い弁護士の選び方

刑事弁護は誰がやっても同じではありません。弁護士次第で結果が変わることも大いにあり得ます。被疑者(捜査機関によって罪を犯したとの嫌疑を受けて...

刑事事件の弁護士費用 - 起訴前や起訴後、少年事件などケース別の報酬相場

自身や家族、友人が犯罪を犯してしまったら、誰に相談すればいいか不安になることでしょう。刑事事件の解決には、多くの場面で弁護士の力を必要となり...

この相談に近い法律相談

  • ビラのポスティングについて

    パチンコ屋に止めてある車のミラーや、ワイパーなどに、貸金チラシを挟むのは、違法ですか?ピンクチラシでは、ないし普通のダイレクトチラシです。民家のポスティングについても違法なのでしょうか?

  • 会員さんだけへのポスティングについて

    質問があります。 仕事で既に契約済みの会員の方々にだけ、担当のご挨拶や質問などの問い合わせのご案内のチラシをポスティングします。 ポスティングは住居侵入罪など違法性があると、聞きましたが、これは法律的には違法とはなるのでしょうか。

  • 不法にポスト投函。これは軽犯罪にはならないんでしょうか?

    私は集合住宅に住んでますが1週間に1回の割合で集合ポストに郵便物・チラシを全部とってるんですが嫌がらせかもしれません。翌週に先週と同じチラシを入れられてます。これは軽犯罪にはならないんでしょうか?精神的に参ってます。 よろしくお願いします。

  • 不法侵入。これは、刑事事件の不法侵入に該当するのでしょうか?

    弊社の社員が、会社の定休日に、会社に無断で入室し、エアコンを付け、デスク、PCを利用しておりました。後日社内のセキュリティーシステムにて発覚いたしました。当人は「勉強してましたと」の見解です。これは、刑事事件の不法侵入に該当するのでしょうか?

  • 他人のポストに手紙を投函したら罪に問われますか?

    生徒宅を家庭訪問した際、不在だったため「家庭訪問しましたが、不在だったので次に訪問した職員にいじめのアンケートと体罰のアンケート記入して渡して下さい」と、メモとアンケートを他人のポストに投函してしまいました。誤って投函したお宅と、生徒の保護者には謝罪しましたが、罪に問われますか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

犯罪・刑事事件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  2. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  3. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  4. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  5. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  6. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  7. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。