弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

犯罪・刑事事件 : 犯罪・刑事事件の流れや事件別の対処法

動物駆除花火の使用について

動物を追い払うための花火購入しました。
店のホームページにその花火の使用できるのは18歳以上であり使用許可など必要か書いてありません。
その花火をやる際にどこかに使用するのに許可が必要なのでしょうか?
もし許可なしで使用した場合どんな法に触れますか?

花火に関しては火薬類取締法に規制があります。

第25条1項 
 火薬類を爆発させ、又は燃焼させようとする者(火薬類を廃棄するため爆発させ、又は燃焼させようとする者を除く。以下「消費者」という。)は、都道府県知事の許可を受けなければならない。但し、理化学上の実験、鳥獣の捕獲若しくは駆除、射的練習、信号、観賞その他経済産業省令で定めるものの用に供するため経済産業省令で定める数量以下の火薬類を消費する場合、法令に基きその事務又は事業のために火薬類を消費する場合及び非常災害に際し緊急の措置をとるため必要な火薬類を消費する場合は、この限りでない。

とされています。

また、がん具煙火については、同法25条の適用自体がありません(同法51条4項)。

情報が少なすぎて確たることが言えませんのでご容赦下さい。

なお地方公共団体が条例で規制している可能性もゼロではないと思いますので、ご確認下さい。
購入した花火は火薬量10g以下と記載されております。
その購入した花火を使用するのに許可とらないで使用した場合処罰の対象になりますか?
その量ですとおそらくがん具煙火ではないと思われます。
火薬類取締法関連の施行令・施行規則等を全てチェックする時間が当職にはちょっと無いこと、地方公共団体での条例規制の可能性もあることから、地方公共団体にお問い合わせされるのがもっと早いと思います。

b4_ZIb2さん
2017年11月28日 16時53分

みんなの回答

坂野 真一
坂野 真一 弁護士
犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう

2017年11月28日 19時35分

b4_ZIb2 さん (質問者)

2017年11月29日 01時01分

坂野 真一
坂野 真一 弁護士
犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう

2017年11月29日 10時21分

この投稿は、2017年11月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

刑事事件に強い弁護士の選び方

刑事弁護は誰がやっても同じではありません。弁護士次第で結果が変わることも大いにあり得ます。被疑者(捜査機関によって罪を犯したとの嫌疑を受けて...

刑事事件の弁護士費用 - 起訴前や起訴後、少年事件などケース別の報酬相場

自身や家族、友人が犯罪を犯してしまったら、誰に相談すればいいか不安になることでしょう。刑事事件の解決には、多くの場面で弁護士の力を必要となり...

この相談に近い法律相談

  • 購入した代金がはらえず 刑事事件にならないか心配です

    i PHONEを3台購入して3台とも転売しましたが まだ一円もしはらいをしていません 刑事事件になってしまうでしょうか?

  • 動物を殺傷する電殺器、所持や使用に許可等は不要?

    動物を殺傷する電殺器という機械が市販されていますが、所持や使用に許可等は不要なのでしょうか? また、持ち歩くことで銃刀法や軽犯罪法等に抵触する怖れはありますか?

  • 動物愛護法違反だと、犯罪になるのですか?

    動物愛護法違反だと、犯罪になるのですか? しつけという意味で、動物に、暴力をふるうこともあります。

  • 外国人(18歳以上)の18禁用品購入は法律違反ですか

    日本では外国人が風俗営業に従事すると犯罪となり、強制送還されると、昔からもう聞きました。 風俗営業の従事だけが犯罪となって強制送還されるか、それとも風俗に関するすべての行為(18禁の漫画・ビデオを見ること、ダッチワイフを購入すること、風俗店に客として出入りすること)は一律犯罪となりますか?

  • 18歳の高校生から靴や靴下を買う

    宜しくお願いします。 18歳である高校生から靴や靴下をお金を払って買う事は 犯罪になりますか? また、もし仮に17歳としても靴や靴下であれば 青少年健全育成条例にはひかからないのでしょうか? 条例では下のように書いてありますが、解釈が難しいので。。 宜しくお願い致します。 (使用済み下着の買受け等の禁止)...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

犯罪・刑事事件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. レイプになるのでしょうか?
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノ摘発による購入者の検挙、逮捕について

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 「白雪姫」を目覚めさせる王子さまの「キス」...
  2. 警察の「だまされたふり作戦」にお墨付き…最...
  3. 「冤罪がまかり通る世の中を身をもって知った...
  4. アイドルファンの遠征で横行する「キセル手助...
  5. 共同通信デスクが社内で女性社員の胸や足を盗...
  6. 新聞折込広告で美容医療被害…「効果のない施...
  7. 渋谷駅前で「フリーおっぱい」服の上から「胸...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。