民事で証拠としての刑事事件調書を提出した場合

刑事事件で正式裁判を経験し、加害者の立場です。裁判は終結しました。
弁護士から、係争中に加害者、被害者のすべての調書をいただきました。これが前提です。
(調書は、すべて開示請求に応じられる前提です。)

質問1
 これらの調書を、民事で証拠として活用したいので提出した場合、違反になるか?
質問2
 同じ調書を証拠として、提出する場合でも、開示請求して取り寄せる必要があるのか否か?
質問3
 手持ちの調書を、(開示請求していないもの)提出した場合、担当した弁護士に迷惑が掛かるのか否か?
質問4
 例えば、調書が10個あり、そのうち、4つしか刑事裁判では採用されていない前提で、
 開示請求したら、10個とれるのか、それとも採用した4つだけなのか?

よろしくお願いします。

刑事で無罪になり、加害者の調書に記載ある嘘を暴くために、調書の嘘の部分と裏付ける別の証拠を提出したいと考えています。なので、被害者調書を出したいのです。
sarusaru2080さん
2017年10月26日 05時56分

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4
ありがとう
> 質問1
>  これらの調書を、民事で証拠として活用したいので提出した場合、違反になるか?

内容にプライバシー侵害、名誉毀損等の問題がなければ、大丈夫です。

> 質問2
>  同じ調書を証拠として、提出する場合でも、開示請求して取り寄せる必要があるのか否か?

 あなたはそのまま提出すればよいです。相手方が取り寄せする場合はあり得ます。

> 質問3
>  手持ちの調書を、(開示請求していないもの)提出した場合、担当した弁護士に迷惑が掛かるのか否か?

 ありません。

> 質問4
>  例えば、調書が10個あり、そのうち、4つしか刑事裁判では採用されていない前提で、
>  開示請求したら、10個とれるのか、それとも採用した4つだけなのか?

 刑事事件で採用された証拠しか開示されません。

2017年10月26日 06時17分

奥村 徹
奥村 徹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府6 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
 刑事事件の被告人に渡された証拠書類については、下記の規定で目的外使用が禁止されていますので、民事訴訟のために再度刑事確定訴訟記録法で閲覧謄写するとか裁判所の送付嘱託を求めるなどの工夫が必要です。刑事事件の弁護人とよく相談してください。


刑事訴訟法
第二八一条の四[開示証拠の目的外使用禁止等]
 被告人若しくは弁護人(第四百四十条に規定する弁護人を含む。)又はこれらであつた者は、検察官において被告事件の審理の準備のために閲覧又は謄写の機会を与えた証拠に係る複製等を、次に掲げる手続又はその準備に使用する目的以外の目的で、人に交付し、又は提示し、若しくは電気通信回線を通じて提供してはならない。
一 当該被告事件の審理その他の当該被告事件に係る裁判のための審理
二 当該被告事件に関する次に掲げる手続
イ 第一編第十六章の規定による費用の補償の手続
ロ 第三百四十九条第一項の請求があつた場合の手続
ハ 第三百五十条の請求があつた場合の手続
ニ 上訴権回復の請求の手続
ホ 再審の請求の手続
ヘ 非常上告の手続
ト 第五百条第一項の申立ての手続
チ 第五百二条の申立ての手続
リ 刑事補償法の規定による補償の請求の手続
②前項の規定に違反した場合の措置については、被告人の防御権を踏まえ、複製等の内容、行為の目的及び態様、関係人の名誉、その私生活又は業務の平穏を害されているかどうか、当該複製等に係る証拠が公判期日において取り調べられたものであるかどうか、その取調べの方法その他の事情を考慮するものとする。
〔平一六法六二本条追加〕

第二八一条の五[開示証拠目的外使用の罰則]
 被告人又は被告人であつた者が、検察官において被告事件の審理の準備のために閲覧又は謄写の機会を与えた証拠に係る複製等を、前条第一項各号に掲げる手続又はその準備に使用する目的以外の目的で、人に交付し、又は提示し、若しくは電気通信回線を通じて提供したときは、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

2017年10月26日 07時04分

sarusaru2080 さん (質問者)
西田先生、奥村先生、回答をありがとうございました。
両先生の答えが、私には違うように思いますので、奥村先生に質問です。
奥村先生の工夫が必要という答えは、ずばり、私の質問に当てはめると、
質問1から4においては、どのように判断されますか?
よろしくお願いします。

2017年11月04日 20時48分

奥村 徹
奥村 徹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府6 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
 最初の弁護士の回答は、刑事訴訟法の目的外使用の禁止を知らないもので誤りです。
 開示証拠をそのまま証拠で出すことができないので、要約した報告書を作って出すとか、裁判所の送付嘱託を申したてるとかということになると思います。

2017年11月04日 22時34分

この投稿は、2017年10月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

刑事事件に強い弁護士の選び方

刑事弁護は誰がやっても同じではありません。弁護士次第で結果が変わることも大いにあり得ます。被疑者(捜査機関によって罪を犯したとの嫌疑を受けて...

刑事事件の弁護士費用 - 起訴前や起訴後、少年事件などケース別の報酬相場

自身や家族、友人が犯罪を犯してしまったら、誰に相談すればいいか不安になることでしょう。刑事事件の解決には、多くの場面で弁護士の力を必要となり...

殺人事件の被害者遺族にできること - 刑事告発や犯罪被害者支援制度、損害賠償請求

ご家族が殺害された場合には、深い悲しみと犯人への強い憤りを感じることでしょう。しかし、どのように乗り越え生活を立て直せばいいのか、また犯人を...

刑事裁判と民事裁判の違い

裁判には大きく分けて刑事裁判と民事裁判の2種類が存在します。刑事裁判では、犯罪を犯した人に有罪無罪や刑罰を決めるための審理を行います。一方で、...

起訴されたらどうなるのか?起訴の種類と刑事裁判の流れ

起訴とは、検察官が犯罪加害者の処罰を裁判所に求める意思表示であり、起訴されて初めて刑事裁判が始まります。しかし、「起訴」と名が付いても刑事裁...

この相談に近い法律相談

  • 遺産分割審判の主張書面で遺留分減殺請求の意思表示をしようと考えています

    この主張書面は申立人(4人)に対し意思表示したことの証明になりますか 申立人には弁護士(2人)がついていますが、この主張書面は裁判所からは発送されるのでしょうか それとも、主張書面が提出されたことを知らせる「事実の調査について」という文書が通知されるだけなのでしょうか この文書の通知は、遺留分減殺請求書を直接内...

  • 求釈明について等、最後に、証拠調べとは裁判官が行うのですか?

    民事で損害賠償請求されてる被告側なのですが、求釈明とは申立書を準備書面の他に作成しなくて大丈夫なのですか?相手の弁護士さんは準備書面の最後に書いてました。その求釈明の質問に対する回答は、私は次の準備書面で書いて良いのですよね? そして、原告に文書を提出させたければ文書請求の申立書作成が必要だと伺ったのですが、求釈...

  • 被疑者調書の証拠能力について

    被疑者調書にある事件について"私がやりました”という自白を供述をして調書に署名をした後 公判において証拠として上記の私が署名した供述調書が提出されて、私がその調書は任意性には問題がないけれど事実とは違いますと言った場合に調書の証拠能力はどう評価されますか?

  • 相手方提出書類の閲覧・謄写について

    1週間後に、面会交流調停を予定しています。 当方(申立人)からは、陳述書およびそれを補完する証拠書類を裁判所に提出しています。但し、積極的はに相手方に事前送付する意思がない旨、裁判所には伝えてあります。(非開示の希望まではしていません) 相手方からも、事前に裁判所に対して、事情説明書や陳述書が提出されるのが一...

  • 結審日を過ぎてしまった後に証拠がでてきたらどうなるのでしょうか?

    面会交流の審判中(前審判書 2ヶ月に1回 2時間?館で面会交流をさせる。を1ヶ月に2回 行事参加に変更するため) 面会交流申し立て時に、保全処分を申し立てました。棄却されました。 面会交流の保全処分の審判書は、「前審判書から実施された面会交流はとくに問題ない」「子の福祉を害する切迫した状況でない」「申立人の主...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

犯罪・刑事事件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  2. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  3. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  4. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  5. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  6. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  7. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。