少年傷害事件で母子家庭だと慰謝料が取れないですか。

昨年2月、当時中3の息子が傷害事件の被害者になりました。
同級生の友人から一方的に暴力を受け、左眼窩骨折の重症。1週間の入院と2度の手術、全治なし、症状固定まで1年、治療通院中。
後遺症有無はわからない。
被害届けを出し、刑事処分で保護観察が決定。
保険適用外で治療費は全額加害者が支払う予定。
だが加害者の家庭は母子家庭で子供が3人。
慰謝料5万円で示談を要求してきました。
民事裁判で母子家庭から慰謝料が取れますか。
後遺症の有無もありますが、何年かして目に異常がでた際の保証はどうしたら良いですか。
教えて下さい、お願いします。



2017年02月01日 23時31分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
> 民事裁判で母子家庭から慰謝料が取れますか。

母子家庭だから、慰謝料が取れるとか取れないということにはならないと思います。
例えば、裁判で慰謝料請求を基礎づける根拠があれば、裁判で認められますし、裁判で勝てば、強制執行はできると思います。
ただ、相手に財産がなければ、強制執行はできません。
裁判とならなくても、任意に相手が支払ってくれる場合もあるかもしれません。
なお、子が14、15歳位だと、法的には親に責任はないと考えられますので、親が支払いを拒否されると、子から払ってもらうというのが厳しい場合も多いのかもしれません。

2017年02月01日 23時47分

松本 篤志
松本 篤志 弁護士
ありがとう
本当にお金がないところは支払いを受けられませんから、最終的な示談には応じられないけれど、きりのいい金額はまず受領し領収証のような物の作成にも応じる、最終的な示談未了なので今後も引き続き残額につき請求できる(ただし実際の回収は困難かもしれません)、という形でお互いが合意できるのであれば、一つの選択肢ではあります。

2017年02月02日 00時15分

相談者
回答ありがとうございます。
民事裁判ではなく調停を行うのはどうでしょうか?

2017年02月02日 21時11分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
> 民事裁判ではなく調停を行うのはどうでしょうか?

調停でも構いませんが、調停は相手の同意が得られないと調停は成立しませんので、相手がどこまで話し合う気があるのかどうか、譲歩してくれる可能性があるのかどうかですね。

2017年02月03日 04時52分

この投稿は、2017年02月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

刑事事件に強い弁護士の選び方

刑事弁護は誰がやっても同じではありません。弁護士次第で結果が変わることも大いにあり得ます。被疑者(捜査機関によって罪を犯したとの嫌疑を受けて...

刑事事件の弁護士費用 - 起訴前や起訴後、少年事件などケース別の報酬相場

自身や家族、友人が犯罪を犯してしまったら、誰に相談すればいいか不安になることでしょう。刑事事件の解決には、多くの場面で弁護士の力を必要となり...

刑事事件の被害者と示談できないときにできることl供託・贖罪寄付とは

刑事事件の示談は、一般的には弁護人を通じて交渉を行いますが、被害者の処罰感情が強く示談に応じてくれない場合や、薬物事件などではそもそも被害者...

保護責任者遺棄罪はどのような罪か|罪が成立する要件と刑罰の重さ

高齢者を介護する人や、子どもの保護者、病気の人を看病する人など、被害者を保護する責任がある人が、食事を与えなかったり、治療を受けさせなかった...

特別公務員暴行陵虐罪とは|犯罪が成立するポイントと刑罰の内容を解説

裁判官、検察官、警察官や、これらの人を補助する人が、仕事をするにあたり、犯罪の疑いをかけられている人や起訴された人に対して、暴行などを加える...

この相談に近い法律相談

  • 医療過誤 3級 死亡事故でない近親者固有の慰謝料は認められるのでしょうか?

    長男 医療事故により1年経ち、蘇生後脳症、左失調性足動傷害、発声傷害、後遺症等級 身体障害者手帳の程度等級3級を受けました。 下記質問です宜しくお願いします。 ① 上記の場合後遺症慰謝料は(赤本参考) 3級1990万円しか請求出来ませんか?1、2級への可能性は? ② 家族はこの1年塗炭の苦しみを続けています...

  • 過去の精神障害者の医療費について

    私の母(三女)が法定相続人となりまして…(母の兄である)次男が昨年亡くなり その財産について 相続がまだ終わっていません 次男は 昭和45年から障害者一級の認定を受け 精神病院に30年以上入院していました 祖母(次男の母)が存命中はずっと次男の支払いや世話をしていました 何年間かは 精神障害者の入院費か治療費が無料だった時期が...

  • 高齢者の方に殴られました

    昨年8月施設に介護調査に行った際一名の方に二度腕を殴られ現在も残存障害あり左肩骨挫傷健板損傷の残存症状固定となり治療は終了しました公務災害の為労災適用となりましたが相手方は弁護士をたて 私は被害届を出しましたが立件が困難との事で受理されませんでした。労災の手続きは終了し後は相手方と慰謝料について話し合いする事にな...

  • 加重障害の取り扱いについて

    母親が半年前に転倒して第2腰椎圧迫骨折で半年後に後遺障害診断書を先生に作成しました。母親が80歳で先生に診断書を作成して貰った所同一病院で2年ほど前に第10.12胸椎圧迫骨折の病名が書かれておりそれにより傷害保険会社より加重障害という判断で今回の事故の保険金の支払いは不可能と言われました。2年前の傷害保険につい...

  • 傷害事件の被害者です。去年の暮れに通り魔?

    去年の暮れに通り魔?にあいました。 被害にあったのは、私と婚約者の2名です。 私の怪我は全治2週間の打撲で済みましたが、婚約者は右肩鎖関節脱臼で全治3ヶ月と診断されました。 ただ、あまり治りが良くないので今年中に手術をする予定です。 2人とも警察に被害届は提出しています。 加害者にはきちんとした謝罪と治療費、慰...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

犯罪・刑事事件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 居酒屋の予約「無断キャンセル」で逮捕の衝撃...
  2. JASRAC「極めて悪質だ」、楽曲を無断利用した...
  3. マクドナルド従業員が「7億円」着服報道、会...
  4. 被害者支援、制度を使ってなぜ「つらさ」は増...
  5. 「アサヒカメラのカメラマン」名乗り、痴漢は...
  6. 「海外に売り飛ばすぞ!」風俗スカウト会社か...
  7. 「レオパレスを建築基準法違反で捜査して」 ...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。