公務員の未成年者との性交渉による懲戒処分について

公務員です。
いわゆる未成年者への淫行を禁ずる条例で逮捕され、略式起訴、罰金刑になりました。
類似行為のみ、金銭のやりとり等はありません。また、示談も成立していましたが不起訴にはなりませんでした。
取り調べでのあれこれについては刑事に言われるがままにサインをしてしまい、悔やむ気持ちがありますが、そこについてはおいておいて、懲戒処分について相談です。
1、懲戒免職の可能性はありえるのか。
(国家公務員の取り扱いに準ずるとされているが、いわゆる淫行のジャンルの処分になるのか。)

2、懲戒免職が言い渡されたと仮定して、重すぎると感じた場合にはどのような手続きが必要になるのか。

私としては仕事を辞める事になるのは仕方ない部分もあると感じていますが、懲戒免職だけは避けたい。
弁護士の助言に従ってこのようなことになってしまったので、担当の弁護士さんは信頼出来ないと感じています、よろしくお願いします。
2016年07月03日 01時32分

みんなの回答

相談者
地方公務員であること。
実名報道されていること。

以上二点、補足します

2016年07月03日 02時03分

奥村 徹
奥村 徹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府5 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
 懲戒処分規定とかでだいたいの処分は公開されていると思います。

http://www.jinji.go.jp/kisoku/tsuuchi/12_choukai/1202000_H12shokushoku68.htm
 
 淫行は免職か停職とされていると思いますが、一般には青少年条例違反の罰金であれば、数ヶ月の停職になっていることが多く、教育系であれば懲戒免職とされていることが多いと思います。
 公文書開示請求で、過去の処分事例を捜せば、だいたいそのようになります。

 示談とか性交類似行為に留まっていること、過去の勤務成績などが考慮されますので、弁護士を通じて、聴聞手続で十分主張してください。略式手続の記録も弁護士が謄写していると思いますので、有利なものがあれば使えることがあります。

 懲戒処分に対する不服は、 
  不利益処分に関する不服申立て
  懲戒処分取消請求訴訟
で救済されることになります。

2016年07月03日 03時00分

相談者
ありがとうございます。

これも失敗ではありますが、略式起訴の際に渡された調書?及び示談書については提出してしまい、その際に簡単な事情説明もしてしまいました。(釈放された日に連絡したところ、一先ず話を聞きたい、関係資料があれば提出してほしい、といわれ応じてしまいました。)
その際、市側(人事課長)には、これから懲罰を決める委員会を開き、連絡します、といわれています。

とすれば、懲罰委員会?のあとに聴聞手続きがあり、決定が言い渡される。

それに対し不服があればご教示いただいただいた不服申し立ての権利がある、という認識でよろしいでしょうか?

また、前述の通り刑事担当の弁護士が信頼出来ないと感じた場合、この一連の流れを別の弁護士に依頼することもできるのでしょうか?

質問を重ねて申し訳ありませんが、よろしくお願いします

2016年07月03日 03時18分

奥村 徹
奥村 徹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府5 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
 「市側(人事課長)には、これから懲罰を決める委員会を開き、連絡します、といわれています。」との懲罰委員会で聴聞手続が行われますので、間に合うように有利な資料を捜して、主張してください。それも考慮されます。
 弁護士の代理も可能ですが、役所としては弁護士が代理人になることが少ないので慣れていないとは思います。
 

2016年07月03日 03時35分

相談者
深夜の時間帯にもかかわらず、本当にありがとうございます。

そうすると、現状私にできることは…

1、有利になりそうな前例を探す。
(先生がおっしゃっているような、他の自治体事例ではこのような処分のようだ、との印刷物を作っておく。もしインターネット場でご存知なサイトがあれば教えていただけたら幸いです。体感としてのお話でしたら、頑張って自分で探します。)

2、刑事事件を担当した弁護士さんに相談し、意見書を依頼してみる。

3、自分自身で聴聞手続きに望む。

4、結果に不服があれば、申し立てを行う。(改めて弁護士に依頼する)

といった流れでしょうか?
長いやりとりになってしまい、申し訳ありません…

2016年07月03日 03時46分

奥村 徹
奥村 徹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府5 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
 懲戒処分が停職か免職かという瀬戸際ですし、日数もあまりないので、無料の掲示板で済ませようとするのではなく、公務員懲戒問題の経験豊富な弁護士を捜して、直接相談してください。
 資料自体は、ご自分でも収集可能だと思うのですが、さっと集めて要領良く使うというのは、経験がないと無理だと思います。

 

2016年07月03日 08時45分

この投稿は、2016年07月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,803名の弁護士から、「犯罪・刑事事件に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

「18歳以上」とウソをつかれても18歳未満と性行為をしたら処罰されるのか

18歳未満の少年少女と性行為などをした場合、相手の同意を得ていたとしても、地方自治体の青少年保護育成条例違反にあたり、処罰される可能性がありま...

虚偽告訴罪とはどのような犯罪か|罪が成立する要件と刑罰の内容

人に刑罰を受けさせる目的で、警察などに虚偽の内容で告訴したような場合、「虚偽告訴罪」にあたります。この記事では、虚偽告訴罪について詳しく解説...

刑事事件に強い弁護士の選び方

刑事弁護は誰がやっても同じではありません。弁護士次第で結果が変わることも大いにあり得ます。被疑者(捜査機関によって罪を犯したとの嫌疑を受けて...

重婚罪とはどのような犯罪か|罪が成立する要件と刑罰の重さ

すでに結婚しているのに、さらに他の人と結婚した場合、「重婚罪」にあたます。自分は未婚でも、相手が既婚者であることを知りながら、その相手と結婚...

刑事事件の被害者と示談できないときにできることl供託・贖罪寄付とは

刑事事件の示談は、一般的には弁護人を通じて交渉を行いますが、被害者の処罰感情が強く示談に応じてくれない場合や、薬物事件などではそもそも被害者...

この相談に近い法律相談

  • 主張が対立している企業の顧問弁護士からの脅迫文

    前回の質問で「法的措置をとるぞ」と脅す行為が 脅迫になりえる可能性があると教えていただきました。 私は以前、ある企業から違法行為を受けたのですが、 その企業は違法行為を否認しており、 私とその企業は主張が対立しております。 (その企業が嘘をついているのですが・・) その企業の顧問弁護士から 「あなたは~罪の...

  • 単純賭博罪について

    単純賭博の罪で在宅事件として、捜査されていますが、弁護士を入れたほうが罪が軽くなることがありますか? 警察からは、たぶん単純賭博になるだろうと言われています。 まだ、一回、任意で話を聞かれただけの状態です。 今の時点で、弁護士をつける利点はありますか?

  • こんなんで強要未遂と公務員職権濫用になるの?

    昔の事件で否認している被疑者に検事が、「あなたが出れるかどうか私の胸先3寸、弁護士を変えたらどうですか?」っと聞いた事でなんで強要未遂になるんですか?脅迫じゃないでしょう。被疑者との通常の会話でしょう。それに弁護士変えてないのに公務員職権濫用罪は成立してないでしょう?ちなみにこの検事は逮捕されました。

  • 本当に何度もすいません

    前回の質問に違法性があるか、他の弁護士先生からも 意見をぜひ聞きたいです。 なにせ自分が犯罪者になる可能性があるのかと 思うと物凄く不安になってしまって・・・

  • 弁護士さんの活動が犯人隠避になることはないのでしょうか

    テレビでよく見る警察24時の中で、覚醒剤使用などの疑いをもたれた人が、警察官の職務質問を拒否し続けて、現場に弁護士さんを呼んでいる映像を見ることがあります。その中で思うのは、現場に弁護士さんを呼んだとしても不審人物として質問をされている状態であれば、弁護士さんが警察官の質問を打ち切って、その場を離れて自宅に連れ帰...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料
弁護士検索へのリンク

犯罪・刑事事件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 被害者支援、制度を使ってなぜ「つらさ」は増...
  2. 「アサヒカメラのカメラマン」名乗り、痴漢は...
  3. 「海外に売り飛ばすぞ!」風俗スカウト会社か...
  4. 「レオパレスを建築基準法違反で捜査して」 ...
  5. 「自分好みの髪の毛だった」 夜行バスで女性...
  6. 北九州最大の「ソープ」を摘発、なぜここだけ...
  7. 泥酔→タクシー無賃乗車、「本当になにも覚え...
弁護士検索へのリンク

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

弁護士検索へのリンク

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。