弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

犯罪・刑事事件 : 犯罪・刑事事件の流れや事件別の対処法

10日の勾留で釈放される可能性はどのくらいでしょうか。

夫が窃盗(スリ)で現行犯逮捕され先週金曜日の夜中から警察署に留置されています。
酔っていた上で犯行に及び、被害金額は不明ですが初犯です。本人も罪を認めて反省しています。
月曜日に10日間の勾留が決定したのですが、10日で釈放される可能性はどのくらいあるのでしょうか。
それともこう言った場合は勾留延長が普通ですか?
勾留延長の場合の理由はどのようなことが考えられますか。
ちなみに本日私も警察署に出向き、家庭の経済状況、夫に借金がありお金に困っていたこと等を話し、検察宛ての調書を作成しました。
こう言った調書は釈放にむけてどのような意味を持つのでしょうか。
月曜日に10日間の勾留が決定したのですが、10日で釈放される可能性はどのくらいあるのでしょうか。

確率は分かりません。

それともこう言った場合は勾留延長が普通ですか?

延長されない場合もあると思います。

勾留延長の場合の理由はどのようなことが考えられますか。

例えば、捜査が終わっていない、示談が纏まりそうで纏まっていない、等でしょうか。
余罪の取り調べを視野に入れている場合は、勾留延長がなされる可能性が高いと思います。
弁護人を選任して検察官と交渉してもらうことをお勧めします。
勾留延長されるかどうかはケースバイケースです。
現行犯事案で単純なスリ事案であれば、10日で起訴不起訴の処分が決まることもあります。

スリは、万引き等と比較して、窃盗罪の中でも比較的重い犯罪類型ですが、10日勾留での不起訴を考えるならば、被害者対応が不可欠です。

窃盗は被疑者国選対象事件ですが、弁護人はついていますか?
このサイトで質問するよりも、弁護人と相談しいく必要がある情況かと思います。
もし、弁護人が選任されていないなら、すぐにでも弁護人の選任をするようにしてください。
早々に3名の弁護士の先生方にご回答をいただき本当にありがとうございました。
国選弁護人はついていただいているのですが、なんとも言えない、という回答しか得られないため、他の弁護士の先生方のご意見を伺いたいと思い質問させていただきました。
やはりケースバイケース、なのですね。
夫のこのような恥ずべき行為に至った理由を考えたとき、妻の私の言動が夫を追い詰めていた部分も多大にあったのだと本日ようやく思い至りました。
ですので、どのような結果になりましても、被害者の方へのお詫びの気持ちを一生忘れず、なんとか生活を立て直すことができるように夫と二人でがんばっていきたいと思います。
本当にありがとうございました。

kawakraさん
2016年03月22日 22時45分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう

2016年03月22日 22時59分

矢野 京介
矢野 京介 弁護士
犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう

2016年03月22日 23時04分

岡本 卓大
岡本 卓大 弁護士
犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2016年03月22日 23時11分

kawakra さん (質問者)

2016年03月22日 23時53分

この投稿は、2016年03月22日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では10,063名の弁護士から、「犯罪・刑事事件に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

刑事事件に強い弁護士の選び方

刑事弁護は誰がやっても同じではありません。弁護士次第で結果が変わることも大いにあり得ます。被疑者(捜査機関によって罪を犯したとの嫌疑を受けて...

刑事事件の弁護士費用 - 起訴前や起訴後、少年事件などケース別の報酬相場

自身や家族、友人が犯罪を犯してしまったら、誰に相談すればいいか不安になることでしょう。刑事事件の解決には、多くの場面で弁護士の力を必要となり...

勾留の期間や請求期限、必要要件などの基礎知識と勾留を回避し釈放されるための対処法

日常用語と化している「逮捕」に比べて、「勾留」という言葉はあまり知られているとは言えません。しかし、行動の自由を制限される期間の長さから言っ...

この相談に近い法律相談

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

犯罪・刑事事件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. 公然わいせつ罪に対する被害届
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノのダウンロード履歴から逮捕されることはありますか?

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 自宅に来る「宗教勧誘」が迷惑、断っても続く...
  2. 警視庁が公開した「容疑者画像」が女子中学生...
  3. 「7億円」集めた62歳女性、タイで逮捕…詐欺で...
  4. 飲み会帰り「雑居ビル」に入って用を足したら...
  5. もらった「合鍵」で彼氏宅に入り、料理と掃除...
  6. フードコートで食事せず、冷水機で「水筒を満...
  7. 5歳児が公道で「ポケバイ」運転して補導…未就...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

イチオシの弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。