警察に呼ばれての事情聴取とは?

公開日: 相談日:2016年03月11日
  • 2弁護士
  • 2回答

はじめまして、、、
去年の6~7月に警察から電話があり少しお話を聞かせていただきたいと要望があり日程調整をしたうえでその一ヵ月後に行くことになり当日向かっている途中でその警察官から電話があり誠にすいませんが事件が入ってしまい警察からの当日キャンセルを言われてまた連絡しまのでといわれて(その際にこちらはお仕事も関係するので次回また出向くときは多少は余裕をもって日程の再調整は必要なことを伝えて了承済み)そのご半年近く連絡がなく先月連絡が来て改めてお話を伺いたいと日程調整の話をしたさいにそこから三週間後にしてほしいと伝えたらその警察官からそれではちょっと遅すぎると言われてこちらも警察と思いながらもちょっとこの前のお話と違うと思い少し食い下がり気味に時間がどれぐらいかかるのか?とか聞いてそれによって行ける日も変わりますと伝えたら警察側からちょっと10~30分では終わらないですが2時間ぐらいで終わらせますといわれて仕方なく1週間半後に行くことになり、先日言ってきたのですがその結果内容も自分の仕事関係のお話と簡単な家族構成と質問を4~5個されて最後には簡単な世間話も含めで2時間どころか30分ぐらいで終わってしまい事前にネットで調べたような調書を作成されるようなこともなく最後には今まで連絡も行き違いになりすいませんでしたが、、もうこちらに伺ってもらうことはないですのでありがとうございました。と言われましたがこれは世間にいう警察からの任意?とかの事情聴取?とは違う、ただ警察が当初言っていた本当にお話を聞きたかっただけなのでしょう?
今回のような警察から呼ばれて出向いた経験がなかったのでそこらへんが本当に無知でして教えてもらえたら幸いです。。。。
また調書?みたいなものを作成して読み聞かせ見たいなものをしてサインとかをするようなことがなくても犯人みたいな疑いをもたれる事情聴取みたいなものになるのでしょうか?

433174さんの相談

回答タイムライン

  • 鮎川 泰輔 弁護士

    注力分野
    犯罪・刑事事件
    弁護士が同意
    2
    タッチして回答を見る

    被疑者としての取調ということになると,黙秘権や供述拒否権についての権利告知が必要になります(刑事訴訟法198条2項)。

    取調での供述内容を証拠化する場合には調書を作成しますが,調書を作成する際には供述者の署名押印が必要になります(刑事訴訟法198条4,5項)。署名押印がないと証拠になりません。

    質問者様の件ですが,取調としての告知がないのであれば参考人として任意で事情をきくという予定で声がかかり,何らかの事情(他に有力な証拠が得られた,事件と関係がないことが明らかになった等)で予定していた事項を詳細に確認する必要が亡くなったのではないかと考えられます。

    いずれにしても,警察から今後は来てもらうことはないという事であれば,これで事件としては終わったと考えていいでしょう。

この投稿は、2016年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから