有印私文書偽造、同行使罪について

現在夫とは別の県にて別居中です。

契約者・被保険者が私の生命保険を、夫による有印私文書偽造、同行使によって解約されました。
刑事事件として訴えるには私の住んでいる最寄りの警察署ではなく夫の居住地の警察署に訴えを起こさないとなりませんでしょうか?
その場合、夫の住んでいる県内であれば住んでいるのとは別の市でも可能でしょうか?

ご回答の程宜しくお願い申し上げます。
カトリーヌさん
2015年11月17日 22時48分

みんなの回答

菅 一雄
菅 一雄 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
可能ではあります。
犯罪捜査規範63条1項は「司法警察員たる警察官は、告訴、告発または自首をする者があつたときは、管轄区域内の事件であるかどうかを問わず、この節に定めるところにより、これを受理しなければならない。」と定めています。

しかし、迅速な捜査を期待されるのであれば、夫の居住地(又は事件現場)を管轄する警察署(正確には「検察官又は司法警察員」(刑訴法241条1項))にされるのがお勧めではあります。
ちなみに「告訴及び告発の取扱いについて」(平成15年4月1日通達甲(副監.刑.2.資)第15号)という通達文書の中には、「事件の成否、管轄権の有無等についての不用意な言動は慎み、警察が消極的又は不公平な取扱いをしているとの不信や疑念を抱かせないようにすること。」と定められています。どこでも告訴は可能ではあるが、こんな通達があるくらいですので、裏を返すと、実際のところ管轄権がないところでの告訴は嫌がられる面があるのも事実ではあると思います。

2015年11月18日 07時03分

カトリーヌ さん (質問者)
菅弁護士、ありがとうございました。
大変参考になりました。
お礼が遅くなりまして申し訳ございませんでした。

2015年11月22日 11時25分

この投稿は、2015年11月17日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

刑事事件の弁護士費用 - 起訴前や起訴後、少年事件などケース別の報酬相場

自身や家族、友人が犯罪を犯してしまったら、誰に相談すればいいか不安になることでしょう。刑事事件の解決には、多くの場面で弁護士の力を必要となり...

刑事事件に強い弁護士の選び方

刑事弁護は誰がやっても同じではありません。弁護士次第で結果が変わることも大いにあり得ます。被疑者(捜査機関によって罪を犯したとの嫌疑を受けて...

【遺産相続】遺言が「偽造」された?立証する方法と偽造の法的問題

家族の誰かが死亡した後、遺言が見つかったけれど、本当に本人が書いたものなのか疑わしい…。このように遺言の「偽造」が疑われる場合、相続の手続きを...

この相談に近い法律相談

  • 別居中です。会社関係書類(保険証や年末調整、履歴書)の住所について

    現在、夫と別居中です。 フルタイムで仕事を探す予定なのですが、諸事情があり、住所変更はしていません。 そこで会社に提出する履歴書などの書類の住所を別居後の現住所か、夫の住んでいる住民票登録されている住所にしたらいいのか困っています。 できれば現在住んでいる住所にしたいのですが、健康保険証や年末調整に記載される住...

  • 債権差押え命令の送達場所

    債務者の現在の住所が住民票と違う場合、住民票の住所ではなく、現在の住所に送達してほしい時は上申書を作成すれば良いですか? どの様に記載すればいいでしょうか?

  • 住民票の現住所は一つだけですか?

    住民票の現住所は一つだけですか? よろしくお願い申し上げます。

  • 妻の不倫相手の住民票取得について

    現在離婚裁判を行っています。弁護士はつけておりません。 妻とは現在別居していますが、男と暮らしているようです。 同棲を証明するために男の住民票を取得したいのですが、 他人の住民票を取得することは可能なのでしょうか。 妻の現住所は把握しています。 回答よろしくお願いいたします。

  • 偽名での通報について

    例えば、警察に偽名や全く住んでいる所と違う住所で通報した場合、何か犯罪になりますか?よろしくお願いします。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

犯罪・刑事事件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  2. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  3. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  4. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  5. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  6. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...
  7. 元AV女優・麻生希、覚せい剤で実刑判決…別の...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。