職場の不正、目撃証言

職場で、賞味期限の改ざんがあり刑事や民事で、上司と部下で不正の責任のなすり合いで裁判になっています。平社員の私は、その当事者の部下側から目撃証言を頼まれ、あなたがその上司の部下だったという証言ならかけるが忙しいといったら、その内容で代筆署名捺印しておくと言われたところ、その後勝手に、私名義で「上司から賞味期限を改ざんするよう命令されたのを目撃した」と言う内容で有印私文書が作成され裁判に提出されました。不正の核心に迫る内容の、私の同意がない虚偽の事実証明文書を作成されたことにつき、有印私文書偽造行使が成立しますか?
ネコネコネコさん
2014年07月18日 15時28分

みんなの回答

小木曽 琢也
小木曽 琢也 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
 ネコネコネコさんの同意したものとは異なる内容で裁判で提出する陳述書(署名押印があるもの)を作成されたということであれば、有印私文書偽造が成立する可能性があるでしょう。

 ただ、実際には、ネコネコネコさんが、同意した内容が「上司から賞味期限を改ざんするよう命令されたのを目撃した」であったのか、「その上司の部下だった」であったのかが問題となるかもしれません。
 また、被害届などを出しても、警察など捜査機関が積極的に動かず立件されないかもしれません。

2014年07月18日 18時53分

ネコネコネコ さん (質問者)
ありがとうございます。私はそのような目撃をしていませんので、証書内容に同意していません。またなぜ犯罪の可能性があるのに、警察が捜査しないことがあるんですか?

2014年07月18日 22時16分

小木曽 琢也
小木曽 琢也 弁護士
ありがとう
回答が遅くなり、失礼しました。
 警察などの捜査機関は、犯罪の疑いのある事案の中でも、捜査機関の基準から優先的に捜査する順番を決めていることがあります。
 私の経験では、重大事件である殺人、強盗や、取り締まり月間などがある窃盗(被害額などにもよる)は割と被害届などをすると動きが速いと感じます。
 一方、立件するのにハードルが高い詐欺や横領、金銭的な被害が目に見えにくい私文書偽造などについては動きが緩慢というか悪い傾向にあるように感じます。

 このため、犯罪の疑いが強いのに捜査機関が中々動かないということがありえるという指摘をさせていただいた次第です。

2014年07月22日 16時52分

この投稿は、2014年07月18日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

刑事事件に強い弁護士の選び方

刑事弁護は誰がやっても同じではありません。弁護士次第で結果が変わることも大いにあり得ます。被疑者(捜査機関によって罪を犯したとの嫌疑を受けて...

刑事事件の弁護士費用 - 起訴前や起訴後、少年事件などケース別の報酬相場

自身や家族、友人が犯罪を犯してしまったら、誰に相談すればいいか不安になることでしょう。刑事事件の解決には、多くの場面で弁護士の力を必要となり...

この相談に近い法律相談

  • 勝手に作成された自分名義の文書

    私名義の交通事故目撃証言証書を作成し裁判へ出したいと知人が言うので、できたら見せてくれるかと思っていたら、私に見せずに私が目撃した内容とは違う目撃証言証明書を作られて、署名捺印も勝手に書かれてしまいました。私文書偽造になりますか?

  • 虚偽の証拠書類に対する反論

    以前勤めていた会社と民事裁判をしています。 会社からの証拠書類に対する反論を作成していたところ、虚偽を見つけました。 会議の議事録が会議の翌日の日付で作成したものとして提出されています。 会話の内容も私が発言した物とは思われない発言内容になっていたりするのですが、その会議の当日は欠勤していた事を思い出しました。...

  • 有印私文書偽造について

    勝手に本店所在地変更登記を勝手に委任状を作成し、議事録も同意を得ずにに提出されたのですが、これは有印私文書偽造とかに当たるんでしょうか? その場合どうすればいいでしょうか?

  • 印鑑証明不正取得

    妻が私に無断で印鑑登録を変更し、印鑑証明書を取得。 署名と捺印をされ、合意文書を勝手に作成されました。 偽署名には筆跡鑑定書も添付されています。 この場合、どのように偽造であるか証明すれば良いのでしょうか?

  • 公正証書について、とりけされますか

    公証役場で作成してもらった、公正証書を作成した別の公証人が、みて、こんな公正証書はみたことがないといいだしました。取り消したり、無効になるのですか?意味がわかりません。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

犯罪・刑事事件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  2. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  3. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  4. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  5. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  6. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...
  7. 元AV女優・麻生希、覚せい剤で実刑判決…別の...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。