1. 弁護士ドットコム
  2. 犯罪・刑事事件
  3. 民事の不法行為と公務員の信用失墜行為の禁止規定について

公開日:

民事の不法行為と公務員の信用失墜行為の禁止規定について

2014年06月19日
公務員による、犯罪ではない民事の不法行為(名誉毀損やプライバシーの侵害等)に対しても、信用失墜行為の禁止規定は適用されうるのでしょうか?

http://www.bengo4.com/zeimu/d_6025/
相談者(261129)の相談

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
信用失墜行為の禁止規定は適用されうるのでしょうか?

特に犯罪行為に限定される趣旨ではないと思いますので,可能性はあると思います。

2014年06月20日 04時21分

相談者(261129)
そのような事例や判例等はありますか?

2014年06月20日 07時09分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
そのような事例や判例等はありますか?

調べればあるのかもしれませんが,すぐにはわかりません。
申し訳ございません。

2014年06月20日 07時24分

この投稿は、2014年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

信用毀損罪とは|犯罪が成立するポイントと刑罰の内容を解説

ウソのうわさを流したり、人をだましたりすることで、経済的な信用を傷つけると、信用毀損罪という犯罪にあたります。この記事では、信用毀損罪がどの...

公務員職権濫用罪とは|犯罪が成立するポイントと刑罰の内容を解説

公務員が、その立場を利用して他人に義務がないことをさせたり、権利を行使することを妨げたりすると、公務員職権濫用罪という犯罪が成立します。この...

特別公務員暴行陵虐罪とは|犯罪が成立するポイントと刑罰の内容を解説

裁判官、検察官、警察官や、これらの人を補助する人が、仕事をするにあたり、犯罪の疑いをかけられている人や起訴された人に対して、暴行などを加える...

特別公務員職権濫用罪とは|犯罪が成立するポイントと刑罰の内容を解説

裁判官、検察官、警察官や、これらの人の仕事を補助する人が、その立場を利用して、逮捕する必要がない人を逮捕したり、監禁する必要がない人を監禁す...

名誉毀損罪刑罰はどのような罪か|罪が成立する要件と刑罰の内容を解説

人の名誉を傷つけるようなことを言ったり、SNSやインターネット上の掲示板に書き込んだりすると「名誉毀損罪」が成立する可能性があります。この記事で...

この相談に近い法律相談

  • 親告罪の犯罪行為、告訴がない状態でも公務員が行うと信用失墜行為の禁止規定に抵触しうる?

    公務員が侮辱や名誉毀損等の親告罪の犯罪行為を行った場合、たとえ当該行為に対する告訴がない状態であっても、信用失墜行為の禁止規定に抵触しうるのでしょうか? 国家公務員法 (信用失墜行為の禁止) 第九十九条  職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。 地方公務員法 ...

  • 公務員の信用失墜行為の禁止に関して

    復興庁の幹部職員がインターネット上の発言が原因で停職処分になりましたが、犯罪でない行為に対しても国家公務員法第99条(地方公務員法第33条)の信用失墜行為の禁止に関する規定は適応されうるのでしょうか? また、適応されうる場合それは幹部職員等のいわゆる公権力行使等公務員と一般の公務員とで適応の際の敷居の高さには違いはあ...

  • 公務員の信用失墜行為の禁止規定に関して

    信用失墜行為の禁止規定に抵触する行為を行った、として公務員が懲戒処分を受けた事例にはどのようなものがありますか? 刑事事件を犯した事例の他、あまり知られていないようなものがありましたらお教えください。

  • 公務員の信用失墜行為の禁止規定に抵触しうる言動と当該言動を非難する行為(プライバシー、名誉毀損)

    公務員の信用失墜行為の禁止規定に抵触しうる言動を非難する行為に対しては、当該公務員に対するプライバシーの侵害や名誉毀損等の不法行為は相当程度その違法性が限定されるのでしょうか?

  • 公務員が同人誌等を描く行為について

    市販の作品のキャラクター等を元にした同人誌の執筆は、親告罪とは言え著作権法に抵触する行為だと思います。 公務員がこのような作業に携わった場合、例え犯罪として起訴されなかったとしても信用失墜行為の禁止規定等に抵触する現実的な可能性はありますか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

犯罪・刑事事件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。